推手サークル!

太極拳を中心に対練ばっかりやりまくっています。
静岡県湖西市がホームです。

来襲、お姉さま方!

2017-08-13 02:37:15 | 日記
「砂漠の旅」みたいなやや過激なツアーにおいて、厳しい環境には女性の方が早く順応するそうで、逆に男は精神的にヘタれてどうしようもなくなる人が多いそうです。

管理人が地元のお祭りの役員をやった時、イベントで焼きそばを焼いていたら目を輝かして手伝ってくれたのは近所の小学生の女の子達でした。
「焼きそばガールズ」は最後の片付けまできっちりやってくれて本当に助かりました。
お礼にイベントで余ったジュースやお菓子を持ってって、と言ったら、根こそぎ貰って行く辺りもしっかりしています(笑。

本来、冒険心とか好奇心と言ったら男の特権だったと思うんですが、最近では女性の方がずっとチャレンジャーで、何にでも興味を持ち、人生を楽しんでいる様に思います。
しかも粘り強い。

太極拳の教室でも女性は気に入ったらずっと続けてくれるので、女性の生徒さんを大事にするのが成功のコツではないかと思うのですが、いかがでしょう。



さて此度のFNP、いつもI先生の推手交流会でお相手下さるお姉さま方が参加して下さいました。
ちなみに通常練習会に女性が来てくれたのは初めてです。
ありがとうございます!
レギュラーに加え、お姉さまお2人で総勢6人の金曜練習会となりました。

レクチャー的な事は実戦陳式のKKさんと、超人Aさんに任せておいて、管理人とHDさんは「粘る単推手」の研究をしました。
単推手は割りと近年になって作られたものだ、という話ですが、腕を1本しか使えない分、相手を捉えるのに総合力が必要になります。
また左右の体のクセがモロに現れるので、自分の居着きを知るには良い練習だと思います。

交代して、管理人はお姉さまの一人・Tさんにお相手お願いします。
基本的な四正推手と切り返しをメインに練習させて頂きました。

KKさんとAさんのレクチャーは、時々お姉さまが「キャー!」とか言いながら飛ばされていたので「容赦ないなー」とハラハラしましたけど、そのうち男共では歯が立たなくなりそうで、そっちもハラハラです(笑。


という感じでお姉さまの襲撃を受けた推手サークルでした(笑。
ご参加頂いた皆様、どうもありがとうございました。
女性の方のご来場も大歓迎ですので、宜しくお願い致します(笑。



さすがに女性陣を夜中まで付き合わせる訳には行かないので懇談会はいつも通りおっさん達だけです。
首や膝を痛めている管理人はAさんから自己メンテの仕方を教えて頂きました。
例えば膝なら腰の辺りの固まりが影響している事もあるので、腰の方の癒着を何とかしないと膝が治らない、というようなお話でした。

さらに食べ物の話になり、日本では肉は切ってあるやつを買ってくるのに対し、海外では生きているのを足縛って買ってくるそうで、バラすのも自分たちでやっています。
しかも丸焼きとか丸ごとスープとか、ちょっと箸が進みそうにありませんが(笑)、アチラの方は命を戴くという事をよく分かっているからかも知れませんね。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 灼熱の角部屋 | トップ | 紅紅白白 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL