水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

漁船リース事業の第2ラウンド(平成28年度第2次補正分)がスタート

2016-10-15 08:59:35 | ニュース

 平成27年度補正予算で全国70億円の規模でスタートした「漁船リース事業」は、28年度第2次補正予算で143億円、基金の積み残し7億円を加え150億円規模が確保された。

 その2年目の事業が、11日の国会における補正予算成立によって動き出す。すでに全漁連および各ブロックの説明会で11月中旬からの募集受付、来年2月で締め切りというスケジュールが示されている。問題は、各都道府県ごとの希望案件の調整と、公平な予算配分となる。

 27年度補正の実績は、北海道の場合、約13億円(補助率2分の1、一隻2億5千万円以内)の予算が配分され、72隻が利用したとされる。当初、北海道への配分は6億円程度だったことから予算規模が2倍となり、実績も2倍ということで、28年補正も27年補正並みの規模は確保されると見られる。

 ただし、約26億円の事業費を70数隻で利用したとすれば、1隻当たり1800万円くらいになる。当然、大半が中古船の手当という実態であり、沿岸漁船の更新(新造船)という業界の希望はすんなり実現しなかったようだ。

 しかし、この予算規模でも、10㌧未満の漁船を新造することは可能であり、そうすると、道内造船所の確保が重要な課題となる。地域漁業の縮小により小型漁船を受ける造船所も限られている。「限られた受注しかこなせないとすれば、計画的な発注をしなければ、若手漁業者を定着される漁船の更新はできない。この事業を5〜10年くらいは継続すれば、かなりの沿岸漁船を更新することができる」(小松茂自民党道連政調会長)と継続性が求められる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年10月14日(金)発行/北... | トップ | 北海道秋サケ1,666万尾 前年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。