水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

北海道の秋サケ漁獲量 9月末で684万尾で前年の6割

2017-10-07 17:34:03 | ニュース

 北海道沿岸で漁獲される秋サケ定置網漁は、ピークを迎えているが、漁獲は伸びず、不漁だった昨年の6割程度にとどまっている。

 道連合海区漁業調整委員会の速報によると、9月末の秋サケ漁獲量は、684万尾で前年同期の(1151万尾)に比べ4割、467万尾のダウン。推定トン数重量は2万4300㌧。㎏単価が1000円に近いため、金額は233億円と前年(230億円)をわずかながら上回った。

 今シーズンの秋サケ定置網漁は、不漁予測の上に、台風18号の被害が出るなど、低調なスタート。9月の漁獲の推移は、上旬が106万尾(前年同期154万尾)、中旬が203万尾(同456万尾)、下旬が375万尾(同541万尾)となっており、前年同様に9月下旬〜10月上旬にピークが来るものと考えられる。

 昨年の10月の漁獲は、上旬が515万尾、中旬が348万尾、下旬が176万尾、さらに11月は月間で152万尾に終わっている。このペースで前年の6割という今年の漁獲を予測すると、10月上旬で309万尾、中旬で209万尾、下旬で106万尾で計624万尾、さらに11月が91万尾となる。これらの合計は1400万尾で、前年の11月末累計(2190万尾)に対し64%となる。

 1400万尾をトン数重量で換算(平均目回り3.5㎏)すると、4万9千㌧、㎏1000円として490億円という予想が成り立つ。これでもやや高めの数字で、今後の状況しだいでは予断を許さない。

 極端な不漁による魚価高で、加工は赤字覚悟で原料を買っており、採算割に悩まされている。秋サケの生鮮(生フィーレ、切り身)、塩蔵(新巻、山漬含む)、魚卵(イクラ、筋子)の製品はいずれも高値が予想され、年末まで価格が下がることは考えられない。しかし、超高値が消費流通にどう影響するのか。市場が縮小し魚離れがさらに進む怖れも十分ある。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10日からえりも以東で親魚確... | トップ | 月刊水産北海道10月号が出ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。