水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

ロシアの2017年TAC 北海道隣接のスケソウ10万㌧台、ズワイガニ(オピリオ)増加

2016-10-15 09:57:24 | ニュース

 道機船連の原口常務によると、日本200海域水域の水産生物資源と「またがり」と評価されるスケソウ、ズワイガニなどのロシア200海里水域の2017年TACについて、ロシア農業省が10月10日付で次のように発表した。隣接する南千島海域、東サハリン海域のスケソウは10万㌧台を維持し、堅調な評価。また、東サハリン海域のズワイガニ(オピリオ)、トゲズワイガニは増加傾向を示している。

 2017年のスケソウTACは合計188万4,503㌧(前年183万820㌧)で、うち南千島11万700㌧(8万9,300㌧)、東サハリン10万4,000㌧(10万7,000㌧)。

 カニ類TACは合計7万3,230㌧(前年6万6,285㌧)で、うちタラバガニ1万3,022㌧(1万248㌧)、ズワイガニ(オピリオ)2万5,674㌧(2万2,045㌧)、トゲズワイガニ8,144㌧(8,083㌧)。東サハリンには、ズワイガニ(オピリオ)1,470㌧(1,431㌧)、トゲズワイガニ6,251㌧(6,820㌧)など8,253㌧(8,628㌧)が配分される。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道秋サケ1,666万尾 前年... | トップ | 北方四島安全操業の日ロ交渉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。