水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

日ロさけ・ます漁業交渉が31日までモスクワで

2017-03-21 13:34:02 | ニュース

 日本200海里水域内のサケ・マス漁業の操業条件を決める「日ロ漁業合同委員会」が20日〜31日までモスクワで開かれる。

 水産庁によると、第33回日ロ漁業合同委員会のあと、ロシア200海里内におけるロシア系サケ・マスの漁獲に関する日ロ政府間協議を行って、ロシア国内法で禁止されたサケ・マス流し網の代替漁法の操業条件を決める。

 日本側は保科正樹水産庁増殖推進部長を政府代表に外務省、水産庁、道庁、関係団体の関係者が出席。ロシア側はサフチュク連邦漁業庁副長官を政府代表に外務省、連邦漁業庁及び関係団体の関係者が出席する。本道から太平洋小型さけ・ます漁業協会の東野勝好会長、武田正則道水産林務部漁業管理課国際漁業グループ主幹らがモスクワ入りした。

 前年の漁獲量は、カラフトマス、ベニザケ、ギンザケ、マスノスケ計1,550トン(前年同)※ベニザケ、ギンザケ、マスノスケ3種合わせて1隻当たり1トン以内、シロザケ500トン(前年同)の合計2,050トン(前年同)

 漁業協力費は2億6,405万円~3億6万円の範囲で漁獲実績に応じて決定(前年同)、協力費単価 146.4円/kg(前年同)。

 なお、流し網の代替漁法は、水産庁の委託事業により、調査船1隻を用いた曳き網(ひきあみ)による試験的な操業を行うことで合意し、漁獲割当量68.88トン、入漁料約2,118万円だった。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 札幌で『新地町の漁師たち』... | トップ | オホーツク海の毛ガニ漁がス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。