水産北海道ブログ

北の漁業と漁協がわかる情報満載です

オホーツク海の毛ガニ漁がスタート  枝幸など宗谷管内が初水揚げ、網走管内も続く

2017-03-21 13:35:29 | ニュース

 

 オホーツクの海明けを告げる毛ガニ漁が17日スタートし、枝幸、頓別、猿払村の各漁協で初水揚げされた。16日が解禁だったがシケで休漁した。

 日本一の水揚げを誇る枝幸には14.6㌧の毛ガニが水揚げされ、大中が13.7㌧を占めた。入札の結果、大中が㌔3,600円、小でも3,500円をつけた。今シーズンのオホーツク海毛ガニ漁は、資源状況から前年より140㌧少ない1,160㌧のノルマが決められており、宗谷管内、網走管内にそれぞれ580㌧を配分、枝幸は232㌧となっている。

 18日には、札幌市中央卸売市場に稚内など宗谷産の毛ガニが初入荷し、場内は大型の毛ガニで賑わった。今週には網走管内の雄武、沙留、紋別も初水揚げされた毛ガニが入荷する。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日ロさけ・ます漁業交渉が31... | トップ | 日本海沿岸ニシン漁獲速報(3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。