水彩+色鉛筆画分室 ・ イタリア・絵に描ける珠玉の町、村

「イタリア・絵に描ける珠玉の町・村、そしてもろもろ!」の絵画分室。
ペンと透明水彩+色鉛筆のイタリア風景をどうぞ。

   ・・・ 修道院の壁 一応仕上げ  と、 仮想ローマ巡礼旅の中間報告 ・・・

2017-03-05 | ・途中経過 エミーリア・ロマーニャ


       修道院の壁を一応仕上げとしましたので、見てやって下さい。


       古き修道院の壁 ポンポーザ

      


       途中経過の写真とを見比べてみましたが、
       これは写真ではよく違いが分からないかも、と、思いました。  

       がぁ、先回の写真では余り見えない、ははは、細部の細かい詰めが有りましてぇ、
       全部の煉瓦、石、下の陶板もかなりの仕事量でありましたぁ!

       で、影の中も詰め、息切れ手前まで描き込みましたので、

       これで一応の仕上げ、という事にしたいと思います。


       気になるのは、白い碑の中の孔雀でして、
       下描きに使った青インクがかなり残り・・。


       まぁまた暫く寝かせておく間に何かアイディアが来ましたら、
       その時の仕事としたいと思います。



     *****

       今日の第2部   仮想ローマ巡礼旅の中間報告

       昨年9月から、週2回ほど家の近所を歩いているキロ数を書き留め、
       それをローマへの巡礼旅になぞらえ、どこまで歩いたかを計算し、
       少しでも歩く楽しみにしようかと、
       そんな事をこちらに書いたことが有りましたぁ


       で、家を出る時、歩く時には歩数計を腕に付け、戻ったら歩数とキロ数を控え、
       という事を続けていまして、この2月末で半年経過!で、

       その中間報告をさせて頂きますと、


       出発地、スコミーゴ村の家の近くの道、後ろに見えるのはスコミーゴ村の教会の鐘楼で

     





       shinkaiめも描いた葡萄畑と丘の風景も、サイトに見つけ、ははは。

     





       現在までの半年間で歩いたキロ数は、2月末で293,19km!!
       家(Casa)を出発し、

     




       コネリアーノのドゥオーモにまず道中平安を祈り

     





       主祭壇には、我がコネリアーノ出身の画家、チーマ・ダ・コネリアーノの祭壇画

     






       そしてトゥレヴィーゾ・Trevisoのドゥオーモに参拝。 34km

     




       
       トゥレヴィーゾのドゥオーモには、ティツィアーノの「受胎告知」があり、
       (へへへ、shinkaiは実はまだ見た記憶が無いのですぅ!)
       
     





       そしてパドヴァ・Padvaのドゥオーモに。 80,6km

     






       パドヴァはサンタントーニオ聖堂の方が有名でして、
       ドゥオーモの中はすっきりと質素なので、はは、
       隣の洗礼堂の壁一面のフレスコ画の、天井部分を

     






       そしてポー河を渡りエミーリア・ロマーニャ州のフェッラーラに。
       ドゥオーモにも参拝し、 157km

     






       主祭壇ですが、あまり記憶に無いと云うことは・・、むにゃむにゃ。

     
 



      

       そしてボローニャのドゥオーモに。  205km

     




       内部も素晴らしく広く大きく

     





       隅には大変正確な、こんな日時計もあるのですがぁ、(ご案内はせずのままで・・)。

     





       そして「最後の審判図」の、こんな凄まじい地獄絵もあるそうで・・! 見てない!!

     





       ここからアペニン山脈を越え
       フィレンツェの花のサンタ・マリーア大聖堂を目指すわけですが、
       上記したように2月末でのキロ数は、293,19km、
       
       つまりです、冬のアペニン山脈も無事越えまして、寒かったぁ! ははは、
       フィレンツェ迄308kの、あと15km弱に迫っているわけでしてぇ、
       
       きゃっほぅ! 今週中には間違いなく、花のフィレンツェ入でございま~す!!


       最初のまだ初秋の頃は、大体週に15kmは歩いていたのですが、
       冬の間は少し短くなり、現在平均で12.8km。
       雨が降って取りやめ、というのが1,2度、 絵を描いていて忘れたのも1,2度ありますが、

       先週の日曜から再度朝歩きに切り替えましたので、
       大丈夫、じきにまた平常に歩けるようになると思います。

       フィレンツェに着いたら、あと580kmのローマまでは275kmですから、
       半年弱の計算!
       頑張りま~~す!!




     *****

       以前ご案内した「南出麗子さんという日本画家に、
       新しく送って頂いた掛け軸画を追加しましたので、
       ご覧下さるよう、ご案内いたします。




     *****

       ただ今本家ブログには、夜明けのスコミーゴ村 ・ 朝歩き再開
       をアップしております。        
       http://italiashio.exblog.jp/

       ご訪問下さり、応援クリックも押してやって下さ~い!!



       







『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«    ・・・ トスカーナの... | トップ |    ・・・ 夏の葡萄畑 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小父さん)
2017-03-07 22:20:57
こんばんは

いつもだったらカテゴリー「・途中経過 ヴェネト」でだいたい前の作品がぱっと出てくるんですが、今回は
2016-12-22 から三枚目でしょうか?

>全部の煉瓦、石、下の陶板も・・・

なるほど、そう見比べると全く違いますね。
いやはや、煉瓦の劣化状態の細かいこと、何だか陶芸への絵付けをイメージします。

鹿と上下の植物も手の込んだ作業に思えます。

ポンポーザ修道院の写真を見てきましたよ!
この壁がこの絵を見たら、きっと泣いて喜ぶんじゃーないでしょうか!?(笑)

shinkaiさんがここに立たれた時、それだけ大きな感動を受けられたんでしょうね。

いや、とても素晴らしいと思います。

【2部】

>仮想ローマ巡礼旅

すごいすごい!
正に千里の道も一歩からですね。

なるほどなるほどあちこちに巡礼されたわけですね。
いやー、面白いです。

ティツィアーノってテレビの日曜美術館で観たんですが、今東京都美術館に来ているようです。
        ↓
http://www.tobikan.jp/exhibition/h28_titian.html

shinkaiさんの企画いいですね。
私も真似してみたいです。

そうですね~実際に通り越してもネット上ではサーフィンで万歩計とともに踏破できますよね。

どうも有難うございました。
Unknown (shinkai)
2017-03-08 05:05:29
★小父さん、こんにちは! コメント有難うございます。

済みません、そして有難うございます! というのも、
今回うっかり「途中経過ヴェネト」のカテゴリに入れておりましたが、ポンポーザはエミーリア・ロマーニャ州でして・・、
おまけに最初の「描き始め」を「途中経過」ではなく、「作品・エミーリア・ロマーニャ州」に入れており・・! アホ!!
お陰様で、今訂正した所です。
はい、先回は1月15日で、今回は3度めになります。

有難うございます! 今になって訪問した時の写真を見直すと、まだ他に良い所があったのではなかろうかという気もするのですが、
あの鐘楼のどっしり感は、まだ到底描けそうにないので、今の所、この辺りで・・、へへ。


仮想旅だと、歩いて何処にでもいけますよね。 
まぁ歩くのが特別嫌だとか言うのではないので、自分のお遊びの一種です。
昔どこかで読んだ、自転車のペダルを家の中で漕いで、東海道53次、というのが頭に残っていたのでした。


そのようですね、今日本にはティツィアーノが行っているのですね。
サイトを見ましたが、とても良い作品が行ってますね。 
関西には行かないのですか? もし行ったら、小父さん、ぜひ!!

こちらこそ、いつも有難うございます。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む