水彩+色鉛筆画分室 ・ イタリア・絵に描ける珠玉の町、村

「イタリア・絵に描ける珠玉の町・村、そしてもろもろ!」の絵画分室。
ペンと透明水彩+色鉛筆のイタリア風景をどうぞ。

   ・・・ アッシジの泉 描き始め と、 日の出の空の色 ・・・

2017-01-30 | ・途中経過 ウンブリア


       アッシジの泉を描き始めているので、見てやって下さい。


       夕陽の射し込む泉  アッシジ    24x20,5 2号大

     



       アッシジのサンタンドレア小路の上の奥、サン・フランチェスコ聖堂からは
       北西に坂道を上ってきた奥にこの泉はあります。


       何年も前に、やはりちょうど夕陽を浴びているこの泉に出会い、
       一度透明水彩で描いたことがありましたが、
       凸凹の荒削りの古い石積みの表現に往生したのをよく覚えています。


       先年再びアッシジに向かった時は、しっかりこの泉も頭に入れており、
       夕陽の時間を狙って行ったのでしたが、
       ちょうど春のお祭りと重なり、この泉のある西側のアーチに仮の
       板の門が 取り付けられていて、泉はその影に埋もれるように。

       その表情もまた面白いと思い、改めて今の描き方で、
       ペンと水彩と色鉛筆を組み合わせた今の描き方で描いてみようと思い、
       描き始めた所です。


       以前の正面から狙った時には余り感じなかった石の凸凹、
       本当に荒削りの古い石の表面が、全体に各自の影を主張し過ぎている様にも見え、
       そのうるささに主題の影の中の泉が負けぬよう、
       じっくりと全体を見ながら描いて行きたいと思っています。


       蛇足ながらアッシジ滞在中、朝日が当たったらどうなるんだろう?と出かけ、
       日の出が射し込むのを待ったのですがぁ、
       残念、アーチの東側の家並みに朝日は遮られ、射し込まない事が分かりましたです。




     *****

       今日の第2部   日の出の空の色

       ここの所陽射しが伸び、朝も開けるのが早く、夕方の訪れも遅くなりましたね。

       我がスコミーゴ村は緯度でいうと、ちょうど北海道の天塩の辺りになるのかと思いますが、
       今頃は朝7時頃に鎧戸を開けると、東の空が明るんでいるのを見る事が出来ます。


       これからの写真は5日ほどの前の朝撮ったもので、
       雲の色が薄っすらとピンク色に染まり、上空の雲の隙間からブルーが覗き、
       とても面白い表情と色だったので、窓から乗り出して撮ったのでした。

       毎朝未だに零下以下に温度が下がるので、到底出ていく元気はなく、ははは、
       寒いのを我慢しつつせっせと撮ったのを見てやって下さい。

       なにせ木が多く、ちょっと邪魔ではあるのですが・・!

     

     

     





       こちらは少し西の空

     
     




       一番明るく彩雲が輝く辺り。   木が邪魔ぁ!!

     






     *****

       ただ今本家ブログには、冬枯れの丘、色  オリアーノ村散歩
       をアップしております。   
       http://italiashio.exblog.jp/


       ご訪問下さり、応援クリックも押してやって下さ~い!!



       













  
       
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«    ・・・ 丘の上 途中... | トップ |    ・・・ 壁の聖母子像... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む