すい丸の自由研究

小学生の自由研究レベルの発見を日々楽しんでる オタク母さんです。
管理人の すい丸 です。

そー言えば ミジンコ!

2017-09-27 05:55:27 | ミジンコ
昨夜は サクラに2:00から1時間ごとに起こされ
歯痛より睡魔だった。

ありがとよ、サクラ・・(寝かせてくれよ(T-T)

気持ち良さそーに寝やがって寝ています。


さて、メダカシーズンが終わる頃に 自分の怠慢さに色々と焦り始めたんですが・・

前回の記事で、ゾウリムシ忘れてたーーっ!って 焦り 慌てて殖やし始めたんですが、もっと忘れてたのを思い出しました。

ミジンコ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

あんだけ熱く語ってたあの時の自分に言ってやりたい。
「おぃ!それ、続くのかよ」と。

ゾウリムシを忘れてたくらいだから、もちろん、ミジンコには餌をあげてない

で、ジーーーッと見たんですけど ウヨウヨと砂みたいに小さい点の 自由に泳ぎまくってる微生物?みたいなのの中に たまーーーにいる数匹のミジンコ

絶滅寸前じゃないの!!!

てな訳で!早速!

ミジンコだけを数匹の救い出し

青水と真水で管理



今までの 私の研究結果からして
ミジンコ哲学←ミジンコとは なんぞや記事
多分、増えるはず(曖昧〜)

冬場は庭に放置だけど その前に 安定した栄養ある水にしなければ・・

どーしていいか知らないけど(知らんのかーい)とりあえず、去年の冬は 冬の前にはミジンコが沢山いたのを覚えてる。

とりあえず、増やさなければっ!

・・増えてください(>人<;)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひぐともさんのコメント

2017-07-20 21:54:07 | ミジンコ
先日のミジンコ革命ひぐともさんからのコメント以前あげたミジンコ手足が無いミジンコが発生していると、LINEに写真が送られて来ました。

ちっちゃ
(コレよりこの周りの糸みたいの気になるけど、ゾウリムシにしてはデカイし)

コレ、多分ゴミマルカイミジンコかな?

先日のバケツ稲にも 自然に発生してるんですよ。
愛読書のコレに載ってます。(毎度借りてる)



ウチにもいるので 本気で写真を撮ってみた


二枚貝みたいなのと、触覚が見えてます。(見えづらいけど、私には見える(笑)

このカイミジンコ すごい強くて、乾燥した土の中にいて バリバリカルキの水道水を入れても、翌日にはヒュイヒュイ泳いでいる
試しにメダカにあげたら 喜んで食べたけど消化が悪いかもしれない。

カイミジンコの達人いないかなー。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ミジンコ革命

2017-07-18 06:35:36 | ミジンコ
ずーっとミジンコはバケツで育てていましたが、
バケツだとついついメダカにあげないで 結局はミジンコ飼ってますぅ!みたいになってしまう。
理由としては・・
1、バケツだと メダカにあげたい時に下に沈んでいたりする。
2、下に沈んでるから 底の方から救うとこの有様。

3、ボウフラが繁殖してしまうが、メダカを入れてミジンコまで食べられてしまうのが勿体無い。

そーだ、バケツ辞めよう!

そして、

ズラーーーーーっとね
コーヒーの瓶と排水溝のネット

コレだと みんなの容器にダイレクトにザーー



青水を入れる(この時にうっかりメダカが入ると、食べ放題)

ネットを被せる


あとは ネットの上からゾウリムシをザーーっと入れるだけ。

ボウフラも入らずも発生するヒマがない

ここ最近の一番のヒラメキ

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

図書館への遠慮。

2017-06-14 05:50:02 | ミジンコ
いつも図書館で借りてるミジンコの本
前回は春休みに借りました。
図書館の常連

一応 年間通して借りてますが(笑)春は小学校等で勉強するかなーと思って 借りるのは遠慮しているんです。
独り占めはいけないなー( ≖ิ‿≖ิ )と。
大人なんで。

で、ここいらへんの中学の中間テストも終わったし 5年の顕微鏡の授業も終わったので また借りました。

今度は黒米栽培もあるので イネの本も借りました。
ミジンコの本を開いたら 貸出控えの紙が挟まっていた。

あっ、やっぱり誰か借りたのね。
と、この人は他にどんな本を借りてるのかなー?とちょっと見てみたら

アタシだよ!Σ⊙▃⊙川

借りるのを遠慮していた2ヶ月程の間、誰も借りてないのね。

そしてイネの本も開く

あっ、挟まってる・・・
日付は、2017 .6 . 7 ほー、去年の今頃。
一緒に借りてる本は・・・・ミジンコ

コレも アタシだよ!!

しかも今回と同じセットで借りてるし。
学習しないのか?自分?

そーですか、そーですか。だれも見ないのね。
ゾウリムシも載ってるよ


誰も借りないなら この本 欲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミジンコ哲学

2017-04-22 05:15:18 | ミジンコ
このミジンコ母さんから

沢山のコトを教えてもらった。

で、最後にやった

この実験。

結果は
1週間後

まず、最初に井戸水に耐久卵1個発見!

で、やはりミジンコは予想通り青水が一番増えた!

でも、その3日後

青水は、ほとんどの大きいミジンコが耐久卵を持った。

雨水は ミジンコもそれほど増えないが、耐久卵も無い。


で、最終的に
青水の耐久卵、ハンパないっ


・・・て、コトはですよ( ≖ิ‿≖ิ )

ミジンコが一番増えるのは青水
でもミジンコが増え過ぎると 一番酸欠になる

雨水は ミジンコもそれなりにいるけどそれ程増えないから 酸欠にならずに耐久卵も無い

井戸水は 青水程ではないけど 雨水よりはミジンコは増え 地味に増えるので 地味に酸欠になる

《ミジンコ増殖順》
青水井戸水雨水
《耐久卵発生率》
青水井戸水雨水

要するに環境が良いからと言って幸せとも限らないってコトなのね。

つまり、つまり、つまり!
試練が無いとミジンコは生き延びられない
と、言うコトになる。

なんか・・・人生だわ。


で、結果。
ミジンコは餌なのであーる。

だから増えたら餌

少し残して青水を足す

そして1週間経ったらまた減らす


こーして として増やした方がミジンコも幸せなのよね。
・・・きっと(T ^ T)

次は耐久卵の孵化に挑戦(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加