かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

鳥渡る、11月2日(水)

2016-11-02 18:57:09 | Weblog

☆稲株の田面の光り秋出水
☆はけ雲や摂津の峡の秋入日
☆日当たりて夕日の色に柿紅葉
☆秋入日赤き遊具の遊園地
☆眼間(まなかひ)の秋の入日やバスの窓
☆風無くて悄然たりし尾花かな
☆西空の入日茜やいわし雲
☆ハロウィンのただ喧噪の渋谷かな
☆カレンダー十一月の薄きかな
☆天辺の視界まつたき秋日さす
☆秋天の水底と見ゆ青さかな
☆眼の視力遠くまで見え秋澄めり
☆青空のスカイブルーや秋日さす
☆採血の針先光り秋愁ふ
☆病より待合に倦む愁思かな
☆秋愁ふひねる俳句の待合ひに
☆長椅子の貧乏ゆすりや秋寒し
☆ファックスの送る薬や秋うらら
☆診察を終えて青空秋澄める
☆軒瓦屋根の黒きに青蜜柑
☆合歓の実の架せて乾ぶる青き空
☆秋蝶の黄なるばかりが彷徨ひて
☆青空に照葉となりぬ水木かな
☆心地良く踏みゆく道の木の実かな
☆青空をビルが切り取り秋日さす
☆気怠くて闇のとばりや残る虫
☆腰折りて畑の片隅すがれ菊
☆捨菊のいのちの茎の赤きかな
☆括らるる小菊むらさき畑の日に
☆中抜きの大根漬ける妻が居て
☆泥こすり甘藷洗へばむらさきに
☆飛び立てば当てど無き身や鳥渡る
☆長子われ当てどなき身の鳥渡る

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋芽吹く、10月30日(日) | トップ | 野菊、11月5日(土) »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (みどり)
2016-11-03 16:10:33
はけ雲や摂津の峡の秋入日
☆秋天の水底と見ゆ青さかな
☆長椅子の貧乏ゆすりや秋寒し
☆青空をビルが切り取り秋日さす
☆捨菊のいのちの茎の赤きかな

京都、飛鳥の旅、楽しんできました。
まだ紅葉の始まり、そんな薄紅葉も
風情があり。人出混み合うこともなく
こんな観光旅行もこれが最後でしょう。

美容院 (大木 金次)
2016-11-04 10:40:07
☆☆間引菜を漬けて妻行く美容院☆☆

 「美容院」がいいですね
 最近は漬物をする光景も少なくなり、何となく殺風景
 な家庭が多くなっているようです
 生活感のみえる句は落ち着きますね。
 〔先月27日の句で恐縮です〕
御礼 (桑本栄太郎)
2016-11-04 11:49:19
みどり様
お帰りなさい!!。大変お疲れ様でした。
「秋入日」「秋天」「秋寒し」「秋日さす」「捨菊」
の句をお選び頂き、嬉しい近況もお知らせ
頂き、大変有難う御座います!!。
定期検査の為病院へもうかがい、長い待ち
時間の為倦むほどでした。
その他、冬近い晩秋の空は哀しいほどの青空
であり、清冽な空の色ですね!!。
御礼 (桑本栄太郎)
2016-11-04 11:55:14
大木金次様

お早う御座います!!。
「間引き菜」の句にコメントを頂き、大変有難う
御座います!!。
十月中旬過ぎに家内が田舎へ母親の見舞い
に伺い、米、さつま芋、大根の間引き菜など
を段ボールに入れて貰って来ました。
大根の間引き菜の漬物は二人とも好物で
あり何度も漬けました。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事