かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

梅雨深し、6月30日(金)

2017-06-30 18:21:49 | Weblog

☆沙羅散つて免れ難き闇夜かな
☆何もかもものの匂ひや梅雨深し
☆草矢打つ恋初めし娘に向けて
☆義父の夢などか見れをり梅雨の雷
☆配達のバイク去りゆく白雨かな
☆何もかも洗ひ流すか白雨降る
☆をさなくて鳴き声哀し夏の鵯
☆青竹の天辺までも蔦茂る
☆お中元の早期受注や百貨店
☆青蔦の竹登りゆく雨の宙
☆荒梅雨や今朝やうやうと雨上がる
☆梅雨空の物集街道バスで行く
☆青梅雨や松尾大社の雨上がる
☆深梅雨やこけ寺道のみどり濃し
☆松尾大社赤き鳥居の山滴る

☆老ひゆくとバスを待つ身や梅雨晴間
☆祇園会の支度設え河原町
☆西日さす四条通りや梅雨晴間
☆梅雨晴間つぎつぎ案内ターミナル
☆西日さす四条通りの煌いて
☆西日さす帰宅四条やまぶしかり
☆街路樹の緑蔭つつむ壬生寺に
☆梅雨夕焼明日は如何なる日和やら
☆水無月てふ名の菓子を食ふ夏祓
☆晴れゐても何処か催す梅雨の空
☆宵空の青きが残り月涼し・・・花冠コメント付き秀句
☆夕闇のとばりに沈み風涼し
☆荒梅雨の驚天動地の雷雨かな
☆荒梅雨や雄叫び上げる真夜の風


=「石破 茂」ブログ投稿内容

石破先生

お早う御座います!!。
連日の溽暑の中、きっちりスーツにネクタイ姿で都議会選挙の応援演説に都内及び都下を精力的に回られ、本当に頭の下がる思いであります。
小生は石破先生と同郷、鳥取県出身の者であります。

今回は明日の日曜日を控え、都議選の結果が出る前に、少し早めに投稿させて頂きます。さりながら、この一週間は又もやあまりにも多くの事柄が出来(しゅったい)し、何から述べてよいものか?と怒りと嘆息の思いで一杯であります。
安倍政権の閣僚の顔の一人としての稲田防衛大臣の発言と撤回謝罪の件、下村元文科大臣、自民党東京都連会長の加計画学園からの献金疑惑などであります。先週の星野議員もさりながら、稲田防衛大臣は弁護士であり、公務員は特定の選挙運動に関与出来ないと言う公職選挙法は当然知っているはずであり、「誤解ととられかねない発言であった」との弁明の謝罪と撤回などは、全く通用する筈がありません。又下村議員の弁明は「加計学園を含め11社の応援頂いている方からであり、加計学園の方が纏めて頂きましたが、それは一社当たり20万円以下の為、問題はありません」と述べていて、全く子供騙しもここまで地に落ちたものか?と驚き嘆くばかりです。

連日、石破先生をはじめとする自民党議員が都議選のてこ入れを行うべく、選挙応援に入られているところ、足元の土台を崩す行為であり、この事は安倍政権の総理以下驕りが極まり、政権の崩壊がすでに音を立てて始まっていると言っても過言ではありません。
小生はいつも言って居りますように、自民党そのものが悪いのではなく、特に第二次政安倍政権以降の自民党若手代議士の政治家としての資質の低下と、安倍総理による閣僚の任命が軽すぎる結果であり、過去にどれだけ離党と辞任を行ったことでしょう!!。それでも安倍総理の任命責任は全く問われませんでした。この辺りも自民党所属議員の自浄作用に欠ける一因もあったものと思われます。
それでも現安倍政権の支持率は50%前後と高いようですが、この支持率そのものへも小生は大変疑問を抱いて居ります。どの調査機関がどのように行っているのかなどは、これまで一度も公表されて居りません。

先達自民党の総理、閣僚経験者並びに、議員の皆さんが積み上げて来た戦後政治に比べ、現安倍政権は政事(まつりごと)そのものの質の低下を来たしているように感じます。本来国会議員は国民より負託を受け、わが国の繁栄と国民の幸福を願って政治を行う事を絶えず旨としなければならない所、特に現安倍政権は民意を全く忖度せず、野党からの指摘には真摯に受け止め応えるという姿勢が全く見られません。野党からの質問は全て敵対行為とみなし、質問のはぐらかし、品格の無い言葉で罵りとても「国民から負託を受けているのだ」との姿勢は欠片も見えない程の酷さです。そして自民党現首脳の総理の「イメージ操作」との言葉を始め、二階幹事長のメディアとの対立、菅官房長官の質問封じ込めなど、アメリカのトランプ政権に似通って来た事に強く懸念を覚えます。勿論、野党そのものも追及の手は甘く、森友学園問題、加計学園問題も国民の70%以上が真相に解明をと言っているにも関わらず時の流れの闇に葬り去られてしまいそうです。国民にこれ程不信を与えたままでは、政治不信となり、民主主義の危機と云うべきであります。

明日の東京都議選の結果は、石破先生に対してはとても残念ながら、すでに目に見えているようですが、党内リベラル派を少しでも纏められ、自民党内の中を少しでも浄化して頂きたく存じます。本来であれば、自民党臨時党大会でも開くべく程の危機ではないでしょうか?


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深梅雨、6月27日(火) | トップ | 祇園囃子、7月3日(月) »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事