かつら たろう(桑本栄太郎)/花冠同人

かつら たろう(桑本栄太郎)の俳句ブログ

涼風、5月26日(金)

2017-05-26 13:21:58 | Weblog

☆風透る裏の小径や紫蘭咲く
☆あやめ咲く風に色濃き朝日かな
☆筒あぢさゐ早やも咲きゐてうすみどり
☆あぢさゐの咲きしばかりやうすみどり
☆花びらのあの娘占ふマーガレット
☆風そよぎ解れ来たるや茅花の穂
☆熟れ来たる夏茱萸採りし昼下がり
☆小判草あまた揺れゐる川辺かな
☆解れたる茅花並びぬ道野辺に
☆緑蔭に座して店舗の開くを待つ
☆川縁の木下闇行く朝の路
☆せせらぎの音美はしき夏の川
☆涼風のただ素通りや川縁に
☆葉桜や枝を吹き上ぐ川の風
☆草匂ふ涼風来たり川べりに
☆小坊主のやうな容や雲の峰
☆雨上がり早やも湧きをり雲の峰
☆涼風や枝起こしゆく川の縁
☆ゆりの木のゆりの花咲き風薫る
☆蜘蛛の子の千の未来や逃亡す
☆ふと見上げ窓の若葉のありにけり
☆真夏日や雲の湧きゐる嶺の奥
☆紫蘭咲き裏の小径の風を知る
☆雨降ればあぢさゐ描く子の手紙
☆街道のうだつ古びぬ麦嵐
☆植付けの土買い求む風薫る
☆雨上がる窓の夕べや西日さす

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の薔薇、5月23日(火)

2017-05-23 10:08:10 | Weblog

☆風薫る田中の朝や登校生
☆芦屋なる白きメゾンや夏の薔薇
☆芦屋なる松林かな夏の浜
<神戸六甲アイランドへ>
☆夏潮の青空なりぬ高架橋
☆貨物船の今入港や夏の潮
☆さざ波のわらわら光る夏の潮
☆対岸の色濃く見ゆる夏の海
☆わらわらと夏潮ゆらぐ運河かな

☆西日さす大阪駅やビルの窓
☆淀川の中州の森や万緑に
☆草茂る鉄路となりぬ引込み線
☆一列となりて下校やげんげ咲く
☆青空の夏日となりぬ草の丈
☆赤き穂のすいば並びぬ入日かな
☆山崎の竹林赤き竹の秋
☆山滴る天王山となりにけり
☆西日さす駅のホームや長岡京
☆緑蔭の並木通りやバス通り
☆かちどきのやうな様なり山法師
☆集ひゐて挙兵今かと山法師
☆こんもりと古墳の森や万緑に
☆午後よりの空との曇り炎暑来る
☆詰め草のひとしきりなりバス発車
☆風誘ふうすむらさきや茅花の穂
☆虎杖の葉の伸び来たる日射しかな
☆炎熱の空にうつすら放れ雲
☆レシピ見つつ男料れる豆の飯
☆繰り返しレシピ眺めつ豆の飯
☆蟻地獄見て居てひと日おはりけり
☆砂を噛むやうな日々なり蟻地獄
☆方丈の下は極楽蟻地獄
☆蟻地獄風の木蔭に憩ひけり
☆待つことの千年見たり蟻地獄
☆待つ事のひと日千秋蟻地獄

=「石破 茂ブログ」への投稿内容=

石破先生

お早う御座います!!。
5月もまだ後半と言うのに、日毎に気温が上がり、所によっては早くも35℃を越える猛暑日となり、この夏の酷暑を想わせる日々が続いています。
先生に於かれましてはそのような中、毎日の政務に又週末には地方へと講演に飛び回られ、大変お疲れ様であります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
本日は・・・
①テロ等準備罪(以下共謀罪)
②安倍総理の関与疑惑
③北朝鮮のミサイル発射について拙論を述べさせて頂きます。

1、テロ等準備罪(以下共謀罪)
先日、5月18日の衆議院法務委員会に於いて、テロ等準備罪が強行採決され、衆議院本会議に回される事にになりました。金田法務大臣は予算委員会では「成案が得られれば皆様にお示し出来る」と言いながら、いざ法務委員会での審議となれば答えられず、見かねた与党法務委員長が法務官僚に答弁させる異例な措置を採りました。野党は委員長解任と法務大臣の資質に欠けるとして、金田法務大臣の辞任を求めました。しかし、数で勝る与党はそのどちらも拒否を行いました。そして維新の党は、取り調べの可視化を求めるとして賛成しながら可視化は今後の課題とされ、維新の党は体よく利用された感じがあります。取り調べの可視化と言っても、最初は警察の任意取り調べであり、そこで強制的に自白させられれば、容疑者として逮捕拘束の取り調べを受ける事になるのです。一般国民は一度容疑を掛けられれば、自ら無罪を証明する事は、至難の技なのです。では、共謀罪の何が論争点となっているかと言えば、構成要件が不明確の侭であり、一般市民は対象とはならないと言いながら、その『恐れ』がある場合はその限りではないとしています。人は誰でも生まれた時から犯罪者ではなく、何を持って恐れのある対象者と為すのでしょうか?我が国の刑法は罪刑法定主義と言われる近代法であり、恐れとは内視的な曖昧な表現であり、対象者が公安の恣意的な要素に委ねられる事になれば、個人の尊厳をも損ねる基本的人権にも係って来るのです。法務大臣でも答弁出来ないような法律を、何を持って国民は支持納得できると言えるのでしよう?又もや強行裁決により通し、衆議院本会議へと回しました。

2、安倍総理の関与疑惑について
先般の森友学園問題もその後、籠池理事長側、財務省側からも次々に真相が出て来て居り、益々総理の関与疑惑が深まる中、今度は国家戦略特区に総理自らが係わる加計学園岡山理科大獣医学部を愛媛県今治市に開校する事になりました。この加計学園の加計孝太郎氏と安倍総理は入魂の仲であり、毎年年に数回もゴルフに行ったり、食事を共にすると言います。国のトップである総理大臣であれば、「李下に冠を正さず瓜田に靴を入れず」がモットーのはずであり、国家戦略特区と言う大きな国の事業であれば、国民は何ら疑念を抱かないと思ったのであろうか?財務省もその是非により反対し、日本獣医師会も反対した計画を総理案件として強引に進めた事は想像に難くない事です。このように安倍総理のこの近年は、政治を思うようにしかも強引に進める事が多く、最早独裁者の様相を呈して来ました。このような事案が続けば国民は益々政治不信に陥り、嫌気がさしてしまう事になりかねません。そうなれば地方創生、少子高齢化問題、なども含め子供達への未来をどうして築けると言うのでしょう?

3、北朝鮮のミサイル発射について
一昨日の5月21日も、その前の5月14日も一週間ごとに北朝鮮はミサイルを発射しています。先々週は失敗とも言われ、先週の21日は大成功であったと金正恩委員長の写真と共に喜びの表情が発表されました。2日ほど前の新聞にはアメリカティラーソン国務長官の談話として「北朝鮮の体制は保証する、その変わり核開発の中止を」と再度発表していて、小生は近く米朝二国間の対話交渉が秘密裏に進められているのでは?と推測しています。北朝鮮はその実施までに交渉を出来るだけ有利に進める為(ミサイルの距離と制御において)の、花火ではないかと推測しています。とに角行動に於いて予測不可能な米朝が和平への手探りでも進める兆しがあれば、韓国・日本、中国・ロシアも和平に向けて積極的に後押しを行う必要があります。

いつもながら大変僭越な拙論をご容赦下さいませ!!。日毎に暑くなる折柄、体調には充分気を付けられ、ご活躍のほどを期待致してります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の(義母)仏事帰省Ⅱ、5月20日(土)

2017-05-20 11:03:09 | Weblog

<出棺の朝>
☆夏暁や灯明揺るる棺まえ
☆夏冷えと思ふ出棺のその一瞬
☆花を添へお菓子も添へて夏の朝
☆その時は冷夏と思ふ棺出る
☆甥と孫手を添え出棺新樹冷ゆ
☆出棺の報せ響けり夏の朝
<火葬場へと会館での告別式>
☆灯台の白き波止場や卯浪寄す
☆卯浪寄す岸に風力発電機
☆発電塔の代田ごとなり影映す
☆新緑の丘の妻木晩田遺跡かな
☆麦秋の遥か沖には白波に
☆見送れば思考停止や新樹冷ゆ
☆会館の告別式や夏の供花
☆笑ひゐる母の遺影や夏の供花
☆葬儀終へ家路の畑や花大根
<高速米子道~中国道の家路>
☆赤瓦屋根の早くも炎熱に
☆深々と新緑となる中州かな
☆日野川のさざ波よぎり風薫る
☆頂きの大山の峰西日射す
☆大山の山すそ広く夏の雲
☆万緑の山膚走る高速道
☆村落の遥か眼下や代田水
☆ハイウェイの山膚伝ひ山法師
☆山道の両側飾り花うつぎ
☆山藤のむらさき匂ふ米子道
☆山藤の一木占めて揺れもせづ
☆ハイウェイの上見下見や山藤に
☆山膚にハイウェイバスや万緑に
☆西日射すバスを後ろの家路かな
☆入日射す播州平野の麦の秋
☆麦秋の畑のつらなる入日かな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母(義母)の仏事帰省1、5月17日(水)

2017-05-17 14:45:37 | Weblog

<梅田新御堂~中国道へ>
☆市街地を抜けハイウェイに街薄暑
☆北へ行く新御堂筋新緑に
☆並木なる銀杏若葉や新御堂
☆御堂筋銀杏並木の若葉かな
☆モノレールすれ違ひをり風薫る
☆飛行機の伊丹上空若葉風
☆流れゆく車窓後ろや新樹光
☆万緑の山並み六甲ハイウェイに
☆山上の水面みどりや夏の沼
☆ハイウェイの峪の向こふや桐の花
☆緑蔭の山里つなぐ小径かな
☆山並みのはるか彼方へ夏かすみ
☆一村を背負ひて赤き竹の秋
☆新緑の染みる心やハイウェイに
☆竹秋の一山赤ぞ青空に
☆稜線の杉の木立や五月晴れ
☆山藤の一木覆ひ垂れにけり
☆ハイウェイの峡の狭間や新樹光
☆箱庭のやうな眼下や風薫る
☆桐の花畑につらなり家五軒
☆夏川のさざ波光る吉井川
☆青空に白き雲あり代田かな
☆人といふ暮らしありけり新樹冷ゆ
☆白壁の甍きらめく代田かな
☆捨て置かる美作鍬や夏の畦
<中国道~米子道>
☆美作を越えて米子へ夏の嶺
☆山藤の垂婁るトンネル米子道
☆山あひの高き所や桐の花
☆トンネルを出でて俯瞰や夏の川
☆山畑の猪垣ありぬ夏の嶺
☆山藤のしなだれかかる一木に
☆夏川のはるか眼下や米子道
☆山深き鄙の里なり桐の花
☆山藤の山膚覆ひむらさきに
☆山肌に残雪ありぬ裏大山
☆稜線の杉の木立や五月山
☆峡深きはるか眼下や新樹光
☆誰も居ぬ棚田となりぬ代田かな
☆万緑や肺の奥まで深呼吸
☆分水嶺過ぎて北へと夏の川
☆しなだるる山藤一木蔽ひけり
☆夏山となりし大山溝口に
☆米子道果てて若葉や米子駅
☆日野川の水の流れや青嵐

=「石破 茂ブログ」への投稿内容=

石破先生

今晩は!!。
相変わらず日々の政務に加え、週末の地方講演の行脚など多忙な日程の中、長文のブログを更新頂き大変有難うございます。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。

先日、同郷の妻の実家の(義理の母)が亡くなり、今回は投稿が大変遅くなりました。
先に車で行っていました妻を追いかけ、高速バスを利用の上、中国道~米子道と帰省して来ました。新緑の山並みに山藤、山法師が咲き乱れ葬儀への帰省でなければどんなに緑の美しい季節を楽しめた事でしょう!!。
又その間、葬儀後少し時間がありパソコンにて映画を観る機会がありました。「特攻0」と言うものでしたが、20歳過ぎの未来ある若者が、生きる意味ではなく特攻を敢行して少しでも祖国が侵略される事を伸ばし防ぐのか?又は、徹底して生き残り祖国の母親、妹、恋人がアメリカ兵に犯される事から如何に防ぐのか?との、『死ぬ事への意義』を見つける為に苦悩するという大変悲惨で重い内容でした。やはり、戦争にとなれば如何に人間性を否定されてしまうかという現実を、時には真剣に考える事も絶対必要であると思いました。

さて今回は先生も詳しく言及されています、安倍総理による憲法改正の独自案についてであります。
その前につい先日、元総理大臣の中曽根康弘氏が憲法改正の第9条1項を残し、2項を自主防衛の観点より改正すべきであると述べていました。
さて、谷垣総裁の時の憲法改正草案でもなく、安倍総理の9条1項、2項をそのままにして3項に自衛隊明記すべきと言う独自案は、石破先生も言われますように、「9条1項2項への矛盾を抱えたままとなる」と説明されていましたが、全くその通りであります。「憲法改正は必要に迫られている現状があるとしても、国民的合意が必要であり、拙速に走るべきではない。先ず政権を担っている与党自民党内の意見を纏めるべきである」と。総理自身が独自案を提示する事や、オリンピック開催までには憲法改正を果たしたいなどとはまったく論外の事と言わざるを得ません。

小生はかなり以前から意見を述べていますが、現代の国際情勢に鑑み憲法改正は絶対反対と言うものではなく、自民党の憲法改正草案も安倍総理の独自案もすべからく、現憲法は我が国がアメリカの治政下に合った時のものであり、その後サンフランシスコ条約により独立を果たしのであれば、独立国として相応しい自主憲法制定と自国防衛の為の国防軍を明記すべきであるとしている点であります。
自民党改正草案は、憲法前文の高邁な精神と、あくまで「専守防衛の概念が欠如」している事が欠点なのです。
現憲法の制定時には当時我が国は未だ独立を果たして居らず、その後独立を果たしたとしても現憲法制定後70年も経て、先達議員諸氏により守り継続されて来た「事実」を鑑みる時、最早我が国独自の憲法であると言っても決して過言ではありません。
しかしながら、現代の国際情勢にそぐわない点もかなり出て来て居り、憲法9条のみの改正ではないものの、先ず9条1項の趣旨は遵守の上、自衛隊の存在を明記します。但しあくまでも専守防衛が趣旨でありますから、言葉からして「防衛軍」とは名乗りません。
憲法9条の1項はそのままにて2項の内容を変えます。

②「但し、我が国の主権と独立を守る為、他国及び他勢力より我が国の領土、領空、領海、国民の身体、生命、財産が侵害された場合には、これ等を排除する自衛の為の戦力として自衛隊を保持する。しかしあくまで専守防衛を旨とする事とし、国際平和維持活動への自衛隊派遣は、国連安保理決議を必須条件とし、国会の承認を得る事とする。」など

以上の事柄は以前にも述べましたが、「日本は平和を希求する国であるが、ちょっかいを出せば手痛いをしっぺ返しを蒙る事になる」と他国から思われるようにすることです。
専守防衛の概念を厳しく保持しながら、現代の国際情勢に対応出来るようにする事が、国内はもとより東南アジアの周辺諸国へ安心と納得を与えるものと勘考致します。
いつも僭越な提案ながら、一般国民でも真剣に憲法を考える者も居る事と思い、ご寛容下さいませ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夜立ち、5月13日(土)

2017-05-13 11:13:05 | Weblog

☆蝶の羽散らすごとくに花水木
☆風湿りうすら色濃きあやめかな
☆石段を上る手すりや茅花の穂
☆緑蔭の青きシートや園児等に
☆玉葛の誰れの主役か絡まるる
☆木斛の花の愁ひや雨催ひ
☆生ぬるき風の筍流しかな
☆生ぬるき風に色濃き菖蒲咲く
☆ジャスミンのベランダ占める香りかな
☆との曇り雨の時々紫蘭咲く
☆母逝きし真夜に目覚めや夜立来ぬ
☆母の日に母を見送るお通夜かな
☆母逝きて曇る卯の花腐しかな
☆風止みて窓の緑雨となりにけり


=ご案内=
いつも拙ブログをおたずね頂き、大変
有難うございます。
5月12日午後7時55分、同郷の鳥取の
田舎の家内の母が93歳にて永眠致しました。
5月14日(日)お通夜、5月15日(月)葬儀
の為、暫く拙ブログをお休み致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卯波、5月10日(水)

2017-05-10 14:50:53 | Weblog

☆配達のバイク去り行き明早し
☆風吹けば茅花流しと思ひけり
☆草匂ふ茅花流しの来たりけり
☆風湿る竹の子梅雨となりにけり
☆陸橋を越えて若葉のバス停に
☆陸橋を急ぎ渡れば山法師
☆青柳の川風吹くを聞くばかり
☆忽然とあらはれ去りぬ揚羽蝶
☆白鷺の水面狙ひて動かざる
☆白躑躅うつすら紅のありにけり
☆ゑんだうに烏てふあり莢膨る
☆アカシヤの偽と言ふあり花槐
☆房咲きの大木覆ふ花槐
☆柏餅ひとつ食ひをり虫養い
☆風薫るなんじゃもんじゃの花の昼
☆濯ぎもの干すベランダやジャスミンの香
☆茉莉花の香りの包む濯ぎもの
☆道ひとつ躊躇ひ越ゆる夏の蝶
☆サンダルのペディキュア赤く夏きざす
☆雨雲の峰駆け茅花流しかな
☆中腹に教会ありぬ聖五月
☆島影の色濃く見えて卯波寄す
☆沖や今島影見ゆる卯波かな
☆舟べりを叩きはまちの追込み漁・・・花冠5月句会金賞
☆卯波寄す沖の島影うつすらと
☆海よりの風に潮の香卯波晴れ
☆沖やいま舟影沈む卯波かな
☆煮魚と豆飯食ぶや昼餉時
☆豆飯に煮魚添える昼餉かな
☆豆飯に味噌の香りやおにぎらず
☆豆飯に干若布添え煮魚も


=「石破 茂ブログ」投稿内容=

石破先生

お早う御座います!!。
朝夕は少し肌寒い程ながら、日中は爽やかな風薫る季節となりました。
連日の政務に、テレビ出演にと多忙を極められ大変お疲れ様です。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
本日は先日行われました予算委員会の国会中継からの感想と、危惧を述べさせて頂きます。
先ず、小生はこれまで何度となくNHKへ国会中継の放映回数を増やすべきであると述べ、事実自身でも何度もNHKへ抗議を行っています。しかし相変わらず回数が少なく、この重要な法案審議の国会中継の場面を国民に見せる事が無ければ、公共放送の責務を果たして居ないのではと思う者であります。

さて、今回は三度目となりますが、先日の国会中継を見て居るにつけても、議会制民主主義の何と劣化の激しい事かと唖然とし、情けなくもなり、その後激しい怒りに駆られています。先日の民進党長妻議員の安倍総理へ、5月3日の憲法改正にむけての自民党総裁としてビデオ会見の真意を尋ねられれば、『読売新聞にかなり詳しく書いてありますから読んで下さい』との憲政史上初めての暴論発言であり、しかも『2020年オリンピック開催の年までに憲法改正を果たしたい』との行政府の長とは思えない独裁者として君臨しているかの如き暴言などは驚くべき事です。又、「憲法に関する質問は憲法審査会において活発なご意見を!」とも述べ、質問の内容まで遮る程の極限的暴論です。この答弁は相手が野党であるからと言って決して許せる内容ではありません。どの野党であれ、その後ろには選んだ国民が居り、国民としての知る権利もあるのです。先般の「憲法9条の1項、2項はそのまま残し、3項に自衛隊を明記すべき」などの発言は、同じ党内向けのメッセージとは言え、不遜も甚だしいものと言わざるを得ません。石破先生も「矛盾した内容が残る侭である」と言われ、伊吹議員も「心情は理解出来るものの、もう少し党内意見を」と呆れ、船田憲法審査会担当議員も「もう少し慎重な発言を」と言われる程、同じ自民党内にも諮る事もなく不遜極まる内容なのです。

憲法改正は一般の法律制定とは異なり、「法制定の礎」となるとの趣旨により、与野党及び国民の合意は必要と言われる中にあって、安倍総理の前つんのめりの姿勢がいつものように目立つのです。何をそれ程急ぐのでしょう!!。この体たらくでは、総理自身のレジェンドとする為と言われても止むを得ないでしょう!!。
先般の閣僚の失言(暴言)に続き、はやり任命者であるこの安倍総理にしてと言うべきであります。

このように過日の「一億総活躍担当相」の設置と任命などと同様、同じ与党内へも意見を求めず過日の発言は公党を私物化して居り、又国会での「はぐらかし答弁」などが続けば、自民党は内部から崩壊して行きませんでしょうか?その事を自己の保身と椅子を狙う多くの陣笠議員ばかりの現在の与党自民党では、気づく者さえ居らず、将来誠実でリベラルな石破先生が政権を担われる頃には腐った大木となる懸念があります。石破先生の将来を願う者に取って、とても耐えられるものではありません。

次に、朝鮮半島問題を少し述べさせて頂きます。
その後中国と北朝鮮の間の関係は、中国の制裁の強化もあり最悪の状態となっています。アメリカトランプ大統領により、北朝鮮への制裁の実効性について「下駄を預けられた状態」となって居る中国にとって、北朝鮮は持て余し気味となっています。その後アメリカトランプ大統領は北朝鮮の金正恩委員長を若いのに優れた指導者であると持ち上げ、「条件さえ合えば会う用意がある」と発表しましました。その情勢を見て居た中国は「いつでも会談の手助けを行いたい」と、見方によれば逃げ腰とも取れる現状となっています。

そこへ韓国の大統領選挙も終え、新しい文在寅「ムン・ジェイン」氏が当選を果たしました。選挙戦前は北寄り政策と言われていましたが、就任してみればかなり現実路線のようでもあり、ワシントンへも早速出向くと言い、東京へも北京へも訪問したいと大変朝鮮半島の和平に向けて積極的なようであります。我が国としては彼の動向が本物であるかどうかとの見極めも必要ながら、韓国がアメリカと中国の狭間にある現状に困りそうな時には、日本としてアメリカをも説得するなどを行い、朝鮮半島和平に向けての突破口とすべきと考えます。そしてその機会に、前々からの懸案となっていました6者協議を早急に再開すべきであります。そしてその中で、北朝鮮への軍事進攻の恐怖を取り除く為、中国とロシアの連携による保護の言質、日・韓の連携によるアメリカへの牽制の言質などを行い、それと同時に核開発の中止とミサイル発射の中止を求めます。とに角先ず一同に集まり、会同を行う事が現状打開の糸口となりそうです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏きざす、5月7日(日)

2017-05-07 16:05:35 | Weblog

☆つちふるや窓のカーテン開けしより
☆カーテンを開けて山河の霾曇り
☆西空の朝のうす闇よなぐもり
☆夏蝶となりて躊躇ふ昼下がり
☆夏草となりし工場跡地かな
☆日覆いの開け閉め固き市バスかな
☆蓮池に蓮の葉広ぐ水面かな
☆川幅にさざ波走る夏の川
☆淀川の白きボートや夏きざす
☆淀川の土手道高し風薫る
☆きもの着てたたむ日傘や阪急線
☆葉桜や木蔭に遊ぶ日曜日
☆遮断機を待ちて線路の陽炎へる
☆ブルーシートの覆ふ工事や薔薇の花
☆茎立ちて門扉越えをり花の茎
☆葉牡丹の門扉越えゐて茎立ちぬ
☆教会の道へ日蔭の薄暑かな
☆ミサンガと足爪赤く夏きざす
☆つつじ燃ゆ長岡京へ着きにけり
☆発着のバスターミナルつつじ咲く
☆山畑の柿の若葉の在所かな
☆立ち漕ぎの部活少女や風薫る
☆構内の樟の大樹や青葉闇
☆赤き葉の朝日透きゐる若葉かな
☆入日射す木香薔薇や白と黄に
☆葉桜の木蔭となりぬ校庭に
☆竹皮を脱ぐや諸手の青空に
☆姫女苑の風の高さの狭庭かな
☆緑蔭の川風つたふ散歩かな
☆たんぽぽの絮の漂ふ入日かな

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マーガレット、5月4日(木)

2017-05-04 14:15:08 | Weblog

☆姫女苑のうす紫や風に居り
☆山肌のさみどりとなり夏は来ぬ
☆音聞かば爆音なりし虻の昼
☆遠き日の記憶失せをり虻の昼
☆蒲公英の絮の旅立つ野風かな
☆黄金週間の野球部だけの部活かな
☆葉桜の校門桜となりにけり
☆一枚を脱ぎて新緑の風を受く
☆四辻の信号待てば松の芯
☆山里の赤き背山や竹の秋
☆こつ然と声失せにけり雲雀落つ
☆さざ波の代田となりぬ青空も
☆つばめ飛ぶさざ波走る丘の田に
☆溝川の濁りなれども風薫る
☆すかんぽの赤き穂の占む土手高し
☆さざ波の波打つ音の代田かな
☆日傘差し田道独りのをみなかな
☆姿なき声の確かに揚雲雀
☆揚ひばり驚き翔つや青空に
☆田の一枚ごとにありけり揚ひばり
☆蝶さへも番となりぬ田面かな
☆虞美人草一画占めをり畑の隅
☆田道行く市バスの屋根や春の昼
☆山ごとに産みの熱とや竹の秋
☆大根の花に夕日の野風かな
☆木陰にてそつと聞きをり揚ひばり
☆剪定やメタセコイアのすでに無く
☆かさこそと風の噂や春落葉
☆陸橋の高さにありぬ橡の花
☆風さそふ木蔭となりぬ若楓
☆うぐいすや団地の庭に木魂せる
☆木洩れ日の坂となりをり風薫る
☆歳古るや吾身苦しき更衣
☆花びらのあの娘来るまでマーガレット
☆夏隣る今日の入日を惜しみけり

=「石破茂ブログ」への投稿内容=

石破先生

今晩は!!。
折角のゴールデン・ウイークと云えども、連日の講演、テレビ出演へとあちこちを駆け巡られ、大変お疲れ様であります。何処かでお身体を休め、読書のひと時なども取れましたでしょうか?
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。
昨日、5月3日は憲法記念日であり憲法についての学びの日としました。小生の机には「日本国憲法」の本が常備置かれ、いつでも調べる事が出来るようにして居ります。

さて昨日の憲法の学びとして、アメリカのジャーナリストでもあり映画監督でもある「ジャン・ユンカーマン」によるドキュメンタリ―映画、「日本国憲法」をじっくり観る機会がありました。
この映画の内容は日本の現憲法について世界各国の学者又は民間の人々が語っていて、如何に世界の人が吾が国の現憲法を良く知っているものかと、改めて驚いた次第です。
憲法制定後今年で70年となり、吾が国の戦争放棄と武力非保持の平和主義が世界各国に知れ渡っているその事実についてなのです。
戦争放棄と平和主義こそ、今後21世紀の国際的規範の基となるべきものであり、もっと日本国民は70年間大切にして来た現憲法に誇りを持つべきである、と逆に教えられた次第でした。
日本国憲法が制定される前の、アメリカGHQによる示唆、内閣以外の民間研究機関などによりどのように制定の運びとなったのか?又、昭和天皇の関わりなども詳しく述べられてい
ます。曰く、全てアメリカGHQにより押し付けられたものではなく、その直前に発布となった国際連合憲章に準拠している内容となり、マッカーサーも出来上がりにとても誇りを持っていた事などが述べられています。
そしてその中で項目として挙げれば
①過去の歴史を正しく学び、正しい認識を持 つべきである。
②巨大軍事力は決して安全ではない。
③軍隊は決して安全を齎さなない。
④基地は戦争の道具のひとつである(沖縄民間人)
⑤平和憲法があっても平和は守り育てなければならない。
⑥先の大戦でアジアでは2,000万人の戦争犠牲者があった。
⑦日本はドイツのように戦後他国に対して謝罪と言う形はとっていないものの、憲法9条の平和主義そのものが、世界に対する謝罪となっている。
⑧現憲法改正は国内問題としてはいけない。
⑨現憲法制定のいきさつに、日本国民は異論があるかもしれないものの、70年間守り育てて来た事はこの事実は、もはや日本独自の憲法となってる等々であります。

又本日4日は、石破先生の5月3日の共産党小池書記長との対談、BS「プライムニュース」をパソコンの動画にて見る事が出来ました。
昨日の新聞報道にも出ていましたが、安倍総理のこれまでの自民党改憲草案に拘る事無く、憲法9条はそのままで自衛隊を明文化する事への提案、そして20年までには改正の運びとしたいなどが述べられていましたが、石破先生がその経緯については殆ど知らされていない事への驚きがありました。
与党自民党内では現内閣のみで政権運営を行い、全く他の議員との意見考交換の話し合いの場がないのでは?と言う大変な大きな懸念であります。

新日本国憲法が発布され、今日で70年、人間で言えば「古希」を迎えました。制定後70年を経て時代にそぐわないと言われ、憲法改正の声も安倍総理はじめ与党政権の間に喧しくなって来ました。しかし、国民の間では80%近くがこの70年間の現憲法を支持評価しているのです。そして以前にも述べましたが、この現憲法の戦争放棄と平和主義により国際間の、特に東南アジア地域諸国より支持を得られ、戦後の著しい復興を成し遂げる事が出来ました。
しかし、自民党はアメリカによって押し付けられた憲法ではなく、独立国として相応しい自主憲法制定をと憲法改正を党是として居り、自民党の提唱する改憲草案では、現憲法の過去の戦争の反省と崇高で高邁な精神はすっかり影を潜め、個人より国家による秩序をとの戦前回帰の思想に満ち溢れています。

これまで、国家安全保障会議の設立、特定秘密保護法制定、武器禁輸の解禁と政府による武器開発支援、改正安保法制など全て民意を無視のまま、強行採決によって可決成立させてしまいました。そして森友問題などにも多大な右傾化の影響を与えた、安倍総理の右傾化思想、防衛大臣の教育勅語賞賛、文科大臣による教育勅語を教材として使用の容認、柔剣道の体育への正式教科容認、等々総理を始め政権全体が右傾化方向を示し、「いつか来た道」へと加速しつつあるように思えます。

小生は自衛隊の存在を憲法9条、1項2項を残したまま、「但し、我が国の自主独立と尊厳、領土・領空・領海、国民の身体・生命・財産が国外の勢力により侵害された場合は、これらの勢力を排除する自衛の為の戦力として、自衛隊を保持する」と加筆を行う事を提唱するものです。あくまで専守防衛を第一優先理念とすれば、先の憲法9条の1項、2項に反する事無く、国の内外からも充分評価を得る事が出来ると確信するものです。そして更に、PKOなどの国際的平和貢献への派遣は「国連安保理決議に拠る事として、事前の国会承認を得る事とします。

しかし、先に述べました現安倍政権の右傾化傾向と、表現の自由が世界の中で上から72番目と言う現状では、現在審議されている共謀罪などを勘案しても、現安倍政権下では『絶対反対』する者です。憲法改正の是非を争点として、国民の民意を問う事を提案するものであります。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄金週間、5月1日(月)

2017-05-01 10:03:46 | Weblog

☆梅田発特急京都へ四月果つ
☆四月尽く特急電車や京都行き
☆梅田駅出でて直ぐなるつつじ燃ゆ
☆つつじ燃ゆ駅のホームの梅田かな
☆淀川に白きボートや夏隣る
☆淀川に橋のあまたや春の雲
☆うすく掃き空の青さや春霞
☆黄金週間人の影なき公園に
☆ぶらんことシーソー空きし土曜日に
☆駅前のサラ金看板四月果つ
☆メゾンとは白きつつじやエントランス
☆草茂る空き地となりぬ売地かな
☆日の高き天井川や草茂る
☆高槻の駅の並木や花水木
☆医科大の樟の大樹の若葉かな
☆日曜日の川遊びかな麦藁帽
☆燕鳴く駅のホームや風の道
☆つつじ燃え特急電車の入り来たる
☆北摂の山並み遠く霞けり
☆吹く度に花びら道に八重桜
☆トンネルを出でて緑蔭天王山
☆葉桜や鈍行止まる駅ホーム
☆一列の畝の残りぬ葱坊主
☆陸橋の高さに銀杏若葉かな
☆もの干しの二階にありぬ鯉のぼり
☆植込みのついと伸び居る酸葉かな
☆すかんぽの夕日に染まる家路かな
☆春風や幟はためくコンビニ店
☆筍のためらひも無き雨の午後
☆竹の子の毛深き皮の伸びにけり
☆竹林の日矢こぼれ落つ竹の秋
☆新緑のバス通りかな並木道
☆黄金週間銀輪一家の列となり
☆まんさくの紅花てふや温泉郷
☆メーデーや必ず雨のひと時に

=「石破 茂ブログ」への投稿内容=

石破先生

お早う御座います!!。
本日より早くも5月となりました。世間はゴールデン・ウイークに入り、旅行に行楽へとうきうきしているようですが先生に於かれまして相変わらず多忙を極められ、本当にお疲れさまであります。
小生は先生と同郷、鳥取県出身の者であります。 
報道機関は連日、北朝鮮問題の緊迫した情勢を伝えていますが、本日は三つの事柄について愚説を述べてみたいと存じます。

その前に、心から怒りの苦言を呈したいと思います事に、与党自民党閣僚と議員の不祥事が続き、長期政権による「箍の緩み」が指摘されている事です。小生が思いますところは、緩みどころではなく自民党そのものには既に箍が無くなってはいませんか?特に「愛人問題」、「警察によりストーカー登録」、「学芸員は癌呼ばわり」、復興大臣の「あっちの方」との発言など、もうこれ等は「失言」などではなく、程度の悪い本音から来るものであり、与党自民党議員の人材払底の証拠ではありませんか?そしてその度に、安倍総理による謝罪が何度つづいた事でしょう?「任命責任は私にあります」と言いながらも、何にも責任を取る姿勢など微塵もみられず、国民の一人としてもう「うんざり」の思いです。自民党及び自民党議員全てが悪いのではなく、「何のために国民の代表である国会議員になったのか?」との自覚のない(いや資質の無い)情けない議員が多過ぎませんでしょうか?これは偏に、小選挙区制度と内閣の人事権を官邸が握った為の大きな弊害であると言わざるを得ません。

さて本題に入り、二つの事柄について拙論を述べさせて頂きます。
1、森友学園問題のその後
先日、会計検査院からの森友学園問題に対する調査発表が漸く行われ、財務省の対応として定地借地権設定による10年支払い契約の償還が継続している間であるのに、取引に関する書類の破棄は大変不適切であると示されました。
更にその後、籠池理事長の財務省本省の田村審議室長との間の、ごみ処理の事案に関するクレームのやり取りの録音が暴露発表されました。その時、森友学園に対する10年支払いは「特例である」との田村審議室長の発言もあり、籠池元理事長は安倍総理の昭恵夫人にも財務省とのやり取りを逐一報告していると述べ、昭恵夫人との緊密な関係を財務省側にも示していました。
一昨日、野党民進党議員による籠池元理事長の聞き取り調査では、その田村審議室長は出席要請にも係わらず出て来ず、代理の次長が出席していました。そしてその事を指摘されれば、田村審議室長の出席は「必要ではない」と何度も高飛車に拒否をしていました。又、何度も答弁に立っている佐川局長は「そのような録音はどのようなものかも分からず、参考になるものではない。従って東方は承知していません」と同じように高飛車に拒否をしてました。更にもう一つは、工事業者が建設の為くい打ちを行おうとした所、土中から大量の廃棄ごみが見つかり、近畿財務局、大阪航空局、工事業者、設計事務所の四者が対応協議を行い、財務省側から瑕疵責任問題が発生する恐れがあり、埋め戻して工事を行うよう要請を行いました。しかし、その場に籠池元理事長は出席していなかったのに、何故そのような対応処理となったのでしょう?籠池元理事長は後でその事を知り、直接財務省本省田村審議室長へのクレームであり、録音もそのような内容でありました。
このような経緯から財務省による安倍総理の政治案件として大幅な値引きとなり、8億円もの国有財産の値引きとなったようです。更に本日のテレビ報道によれば、驚く事にその時の廃棄ごみ処理費用は財務省側から提示されず、森友学園側が独自に処理費用を見積り、財務省側に提示したところ、そのまま通ったようだと籠池元理事長は述べています。録音データは音声調査により、田村審議室長と籠池理事長の本物であると確認されています。

籠池元理事長の説明がすべて正しいかどうかは不明ながら、録音データーもありこの森友問題は総理夫人の関わり、財務省官僚の政治案件として『忖度による』国有地財産の不当値引き処理などの、『デタラメ』な処理によるものである事は明白なようです。その為以前から述べていますように、籠池元理事長の再度は言うに及ばず、昭恵夫人、昭恵夫人付役人、財務省本省の田村審議室長、財務省佐川局長、大阪航空局など一連の関係者を「証人喚問」を行い、事を国民の前に明らかにすべきであります。先延ばしにすればするほど、安倍総理も巻き込み、一大スキャンダル事件となり国民の政治への不信感は募るばかりです。

2、北朝鮮問題
先月29日早朝、又北朝鮮によるミサイル発射が行われ、北朝鮮国内に落下した為失敗ではないか?と関係諸国から見做されています。
しかし、我が国日本国内では東京の地下鉄が全面的にストップし、北陸のJR関係の交通機関も警戒の為過剰に反応しました。幸い何事もなく平静を保つ事が出来たようですが、アメリカトランプ政権は中国の習近平氏の警告と取り成しも無視した、大変失礼な行為であると非難しました。その間、報道各局は現在の北朝鮮の現状とロシアとの関係を詳細に報道していましたが、中国の警告も無視を続け石油供給のストップなどの経済制裁も示している為、中朝間の関係が冷えて来ています。そして、その間を割り込むようにロシアが介在を行い、万景峰号の停泊による相互経済活動も行うなどが予定され、関係性に変化が出て来ています。30日には稲田防衛大臣により、先年発効しました改定新安保条約による米艦護衛の為、海上自衛隊への任務が発令されました。このように朝鮮半島情勢は更なる緊迫を高め、アメリカはどのような状況になれば先制攻撃に出るのか?との、「レッドライン」の話題も高まっています。しかし、反面アメリカは公表すればその時は実際に行動に踏み切らざるを得ず、「レッドライン」は公表しないであろうとも言われています。そして北朝鮮はアメリカの脅威が払拭されない限り、核開発は続けると発表するなど、情勢はまったく混沌として不透明のままです。

4月29日の北朝鮮によるミサイルの4度目の発射失敗も、アメリカのサイバーテロによるものであるとか、否、北朝鮮による花火と同じであり、それだけミサイルを制御出来るという事であって脅威は増して来ているなど、大変意見が分かれています。しかし、軍事的な事もさりながら、ロシアと北朝鮮が最近とみに接近し、比較的良好な関係にある中国とロシアが離れる事になれば、朝鮮半島情勢は更に複雑となり、平和的秩序は益々難しくなります。
地政学的に見れば一番遠い地域に位置するアメリカは在日米軍、在韓米軍以外現在の所、直接の被害は考えられず、一番朝鮮半島に近い韓国、日本は一次的に被害を蒙り、二次的に中国、ロシアなどが被害を蒙る事になりそうです。その為、中国とロシアの反目は絶対避けなければならず、日本はアメリカへの追随ばかりではなく、アメリカへは冷静を求め、中国とロシアへは経済優先ではなく、先ず平和的安定を求めて理を持って説得すべきであります。

このように、国際情勢の不安定な時の我が国の大変難しい舵取りであり、冒頭に述べましたような国内の国会議員の不祥事、森友問題などのように、国民の政治不信は絶対避けなければなりません。

色々僭越なる申し条をご容赦下さいませ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅き日、4月28日(金)

2017-04-28 11:37:35 | Weblog

☆うつうつと朝の眠りや菜種梅雨
☆目覚めゐてまたも眠りに菜種梅雨
☆外に出れば音やはらかき春の雨
☆路面濡れ音無き雨の暮春かな
☆雨降りのひと日暮れゆく菜種梅雨
☆暮れかぬる音無き窓や甘き雨
☆遅き日やひだるき腹に飴ひとつ
☆山鳩のどこか遠くに春闌くる
☆うぐいすの藪の無けれど声高く
☆新芽吹く赤き小枝の伸びにけり
☆春茱萸の色づき来たり通学路
☆落椿己が足もとかざりをり
☆蘂降るやすでに実となる枝のあり
☆蘂降るや赤き舗道に花びらも
☆さくら蘂降るや襤褸のさびのごと
☆すかんぽの穂が伸び赤き入日かな
☆花びらの風に落花や八重桜
☆煽らるる葉陰にありぬ花楓
☆赤き葉の若葉となりぬ昼下がり
☆藤棚の爆音しきりや虻の昼
☆山深く三つ葉躑躅の憂ひかな
☆さわさわと風の通りや新樹冷ゆ
☆三つ葉つつじ愁いの色の風を聞く
☆げんげ田の棚田となりぬ乙訓郷
☆校門の固く閉ぢられつつじ燃ゆ
☆春風の竹林奏で過ぎゆけり
☆満天星の花に校舎のチャイムかな
☆満天星の花にたじろき抓み見る
☆虎狩りと見ゆや春筍伸びてをり
☆竹林の赤きこずえや竹の秋
☆一山の生みの余熱か竹の秋

☆髭白きよはひなれども猫の恋

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加