薔薇百譜 rosasuggie

大好きなバラを画像でお届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

憩いの小径  バラに癒されて

2016-09-18 | 


昨日も音楽を聴いていた。聴いていたのはグレングールドの「イタリア協奏曲」、

他のブログで何度かグールドは書いたがそれだけ好きなピアニストである。

作曲はバッハ、三大ピアノ協奏曲の一つで「イギリス」「フランス」ほどは演奏される機会は少ないようだが、

お気に入りの曲である、とりわけこの曲の第二楽章アンダンテは気に入っている。


元気だった頃は山道の見晴らしの佳いところで休憩方々草むらに座り携帯型プレイヤーで音楽を聴いたものである。

山頂を目指す山登りではなく、素晴らしい景色と山野草が見られればそれで納得のお気楽登山だった。

今は病を得て登山をする体力はないが、いずれ体力が恢復すれば行きたいところは数多くある。


この小径はバラ園のチップスを敷きつめた木蔭の散策路である。

ここで昼寝するのも悪くないだろう。


昨日の「フェアリー・ウイングス」について説明を今少ししたい。

作出者は河合伸志氏で発表は1995年。花径は約3センチ、五弁花の多花性で平咲きである。


ノイバラは多花性で中国にも自生するとか。

日本には古来から自生し万葉集にもその名が見えるようだ。

野茨は、ローサ・ムルティ・フローラと呼ばれ、その意味は多くの花をつけるということらしい。


フェアリー・ウイングスの親は、Jean KenneallyとMeinadentel。 

バラ好きでも組み合わせ交配は全くの無知である。

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ


『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェアリー・ウイングス  ... | トップ | ジュード・ジ・オブスキュア... »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事