想いを形にする本づくり

自費出版アドバイザーのひとり言
 株式会社ウイングのホームページ
 http://w-i-n-g.jp

梅田昌彦著『梅田雲浜入門』紹介

2015年01月03日 | 想いを形にする本づくり

『梅田雲浜入門』幕末の儒者・勤王の志士
                尊王攘夷のさきがけ

 著者 梅田 昌彦

 2014 年9 月14 日発行         ISBN  978-4-9903756-8-3 C-3021
 四六判220 頁 上製本カバー付き   価格1,296 円 (本体価格1,200 円)
 
発行 ウイング出版部           印刷製本 株式会社ウイング

 ウイング出版部   E-mail: mail@w-i-n-g.jp
 〒640-8411 和歌山市梶取17-2   TEL 073-453-5700  fax 073-453-5522



『梅田雲浜入門』

副題は、
幕末の儒者・勤王の志士  尊王攘夷のさきがけ です。
梅田雲浜は、詩吟の『訣別』
妻臥病牀兒泣飢 妻は病床に臥し 児は飢に泣く でもよく知られ、
奈良の五條や十津川で尊王派に影響を与え天誅組蜂起につながりました。
 『梅田雲浜入門』は、大河ドラマ花燃ゆや八重の桜にも登場する、
梅田雲浜の簡明な入門書です。

読者の感想(65歳京都男性)を紹介します。
良い本を出されましたね。入門−との題名が無いくらいに真摯な内容と、
顕彰されんとする姿が、雲浜をしのばせてなりません。
2015年は雲浜生誕200年。もう少し世に出ていいものだと思います。
NHK大河新ドラマから一歩踏み出して読んでもらいたいと思わざるを得ません。

 


この記事をはてなブックマークに追加

『梅田雲浜入門』梅田昌彦著 ウイング出版部

2014年12月31日 | ウイング出版部

梅田雲浜(うめだうんぴん)の本ができました。アマゾンでも購入できます。

『梅田雲浜入門』梅田昌彦著



『梅田雲浜入門』  梅田昌彦著
2014 年9 月14 日発行

四六判  220 頁
上製本  カバー付き
ISBN   978-4-9903756-8-3 C-3021
税込(8%)価格 1,296 円 (本体価格1,200 円)
発  行  ウイング出版部
印刷製本 株式会社ウイング
ウイング出版部      E-mail: mail@w-i-n-g.jp
〒640-8411 和歌山市梶取17-2
TEL 073-453-5700   fax 073-453-5522

『梅田雲浜入門』
内容紹介
幕末の儒者であり、勤王の志士である梅田雲浜の生誕から、
尊王攘夷運動のさきがけとなり、安政の大獄の犠牲者となるまでの生涯を簡潔に示している。
また、雲浜没後の家族の活躍、各地での梅田雲浜顕彰事業、
梅田雲浜に関係する文献を紹介している。
書店での販売はいたしておりません。
ご購入のお問い合わせは、ウイング出版部まで。


この記事をはてなブックマークに追加

『近代地域社会の教育願望と学校』田所顕平著ウイング出版部

2013年12月30日 | ウイング出版部

 


Tadokoroomote30

 近代地域社会の教育願望と学校
  ー和歌山県の実業教育を中心にー


  田所 顕平 著

 2013年7月20日発行
 A5判 430頁
 上製本 カバー付き
 ISBN 978-4-9903756-5-2 C-3021
 税込(5%)価格 6,300円(本体価格 6,000円)
 発行 ウイング出版部
 印刷製本 株式会社ウイング


Tadokoroura_30
近代地域社会の教育願望と学校』
    ー和歌山県の実業教育を中心にー
内容紹介
和歌山県の実業教育を中心にした地域の教育史の研究。
地域の教育願望(要求・思い・期待など)と、
それと向き合う教師たちを軸に、
国家の教育支配との関係の中で、
戦前教育について歴史的に検討した論文集。
池田小菊、佐武義一ら小学校の実践についての論稿も収録。

田所顕平
 〒646-0023 田辺市文里2丁目10-27Noriko2_7

書店での販売もいたしております。
 ご購入のお問い合わせは、ウイング出版部 担当杉山まで。
ウイング出版部 E-mail: mail@w-i-n-g.jp
 〒640-8411  和歌山市梶取17-2   
 TEL 073-453-5700  fax 073-453-5522

 


この記事をはてなブックマークに追加

増補版 歴史的景観としての和歌の浦 ウイング出版部

2013年12月30日 | 和歌の浦

Wakanourazouhobanomote歴史的景観としての和歌の浦 [増補版]

 薗田  香融・藤本 清二郎 共著

 2013年12月1日発行
 A5判 166頁 並製本カバー付
 ISBN  9784990375669  C-3021
 本体価格 1,800円  税込(5%)価格 1,890円
 印刷製本 株式会社ウイング
 発行 ウイング出版部

 

  

Urazouhobanwakanoura

 

ウイング出版部 E-mail: mail@w-i-n-g.jp
 〒640-8411  和歌山市梶取17-2   
 TEL 073-453-5700  fax
073-453-5522


 
 

 裏表紙 雪の不老橋 撮影松原時夫
 
 
 



初版『歴史的景観としての和歌の浦』は、
和歌の浦景観保全訴訟原告団が、訴訟資料として作成した本です。

『よみがえれ和歌の浦ー景観保全訴訟全記録ー』
発行 1996年12月10日  東方出版
組版・印刷製本 中央印刷株式会社(現在 株式会社ウイング)
上記、和歌の浦景観保全訴訟の裁判記録刊行会 編集の、
『よみがえれ和歌の浦ー景観保全訴訟全記録ー』著者分も
少量ですが、お預かりしています。お問い合わせください。

想いを形にする本づくり 『よみがえれ和歌の浦―景観保全訴訟全記録』

http://blog.goo.ne.jp/sugiyamanoriko1/d/20100920


この記事をはてなブックマークに追加

歴史的景観としての和歌の浦[増補版]薗田香融・藤本清二郎著ウイング出版部

2013年12月29日 | ウイング出版部

Wakanourazouhoban_2『歴史的景観としての和歌の浦[増補版]』
発刊。

薗田 香融先生(関西大学名誉教授)
藤本 清二郎先生(和歌山大学教授)の共著。

歴史学の著名なお二人が、
和歌の浦の歴史的景観を正確にかつ読みやすく纏められ、
和歌の浦に関する基本文献となるものです。
増補版は、初版本に史料集成(史料編・碑文集)、
和歌の浦略年表、
その後の研究文献・成果を補注として加え、
増補したものです。


歴史的景観としての和歌の浦[増補版]
薗田香融・藤本清二郎 共著
2013年12月1日発行
A5判 166頁 並製本カバー付
ISBN  9784990375669  C-3021
本体価格 1,800円  税込(5%)価格 1,890円
Photo_2
発行 ウイング出版部
印刷製本 株式会社ウイング

ウイング出版部 E-mail: mail@w-i-n-g.jp
 〒640-8411  和歌山市梶取17-2   
 TEL 073-453-5700  fax 073-453-5522

ご購入申し込みは、ウイング出版部 担当杉山まで。

本書の初版『歴史的景観としての和歌の浦』(1991年)は、
和歌の浦景観保全訴訟の原告側準備書面資料集として刊行したものです。
● 想いを形にする本づくり「歴史的景観としての和歌の浦」をご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/sugiyamanoriko1/d/20100923

 


この記事をはてなブックマークに追加

『地域から歴史をみる』池田孝雄著作集 販売

2012年12月01日 | 出版

池田孝雄著作集『地域から歴史をみる』 販売
Photo
池田孝雄著作集『地域から歴史をみる』

  頒価3000円税込(送料別)で販売をはじめました。
和歌山県立博物館 ミュージアムショップ
  〒640-8137 和歌山市吹上1-4-14 tel 073-436-8670
ウイング出版部 E-mail: mail@w-i-n-g.jp
    〒640-8411  和歌山市梶取17-2  tel 073-453-5700

『地域から歴史をみる』
池田孝雄著作集 表紙 
  熊野古道(中辺路)箸折峠から眺めた近露の里
  中央の橋の袂の森は近露王子跡

池田孝雄著作集『地域から歴史をみる』は
http://blog.goo.ne.jp/sugiyamanoriko1/d/20121103 
をご覧ください。


この記事をはてなブックマークに追加

『粉河検定テキストブック』ウイング出版部

2012年11月16日 | ウイング出版部

粉河検定テキストブック
Kokawakenntei2012  『粉河検定テキストブック』ウイング出版部

第2回粉河検定の受験申込は、2012年12月14日まで。
粉河検定テキスト『紀ノ川の恵みと門前の町粉河』は、
受験申込をされた方に配布されます。
第2回粉河検定のお申し込みは、
http://www.shokokai.or.jp/30/302081S0095/index.htm
紀の川市商工会内  粉河検定実行委員会
〒649-6531 和歌山県紀の川市粉河878-2
電話 0736-73-5079 

粉河検定テキスト『紀ノ川の恵みと門前の町粉河』
編集発行 粉河検定実行委員会  2012年11月1日発行
B5判  188頁  並製本 カラーカバー付き
印刷製本 株式会社ウイング

ウイング出版部 E-mail: mail@w-i-n-g.jp
  〒640-8411 和歌山市梶取17-2   TEL 073-453-5700  fax 073-453-5522


この記事をはてなブックマークに追加

粉河検定テキスト『紀ノ川の恵みと門前の町粉河』

2012年11月14日 | ウイング出版部

Kokawakenntei 『粉河検定テキスト』紀ノ川の恵みと門前の町粉河

『紀ノ川の恵みと門前の町粉河』は、
第2回粉河検定のテキストです。
粉河に関する自然・歴史・文化財が一冊にまとめられています。
粉河検定の受験申込をされた方に配布されます。

粉河検定テキスト
『紀ノ川の恵みと門前の町粉河』
発行 粉河検定実行委員会
2012年11月1日 発行
並製本 カラーカバー付き 
B5判  188頁
印刷 株式会社ウイング

『粉河検定テキスト』紀ノ川の恵みと門前の町粉河
執筆・編集  増田 博
        岩鶴敏治
編集協力  紀の川市商工会
        ウイング出版部
発行所 粉河検定実行委員会
〒649-6531 和歌山県紀の川市粉河878-2
紀の川市商工会内 (粉河支所)
電話 0736-73-5079

第2回粉河検定のお申し込みは、
http://www.shokokai.or.jp/30/302081S0095/index.htm 
「第2回粉河検定」で検索してください。


この記事をはてなブックマークに追加

田中卓二『食育のまち紀の川市』ウイング出版部

2012年11月06日 | ウェブページ(元)

田中卓二『食育のまち紀の川市』Photo_4

『食育のまち紀の川市』
  食育と歌のまちづくり
  食育推進計画づくりから「食育のまち宣言」まで
 著者 田中卓二
 A5判 上製本 付属CD付
 280ページ
 発行 2011年3月  ウイング出版部
 定価 2000円+税
 ISBN 978-4-993756-2-1 C0036  2000E

● ウイング出版部   E-mail: mail@w-i-n-g.jp
  〒640-8411 和歌山市梶取17-2      tel 073-453-5700   fax 073-453-5522

想いを形にする本づくり
http://ones-wing.blogzine.jp/publishing
ウイング出版部 自費出版アドバイザーのブログ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2012年11月3日・・・・・・

アマゾンAmazonで販売を開始しました。       2011年6月11日

 Amazon.co.jp: 食育のまち 紀の川市 田中卓二 音楽
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4990375629
  (ミュージックマート・エンタテインメントが出展。)

農業書センター でも購入できます。Tel:03-3217-3020  Fax:03-3217-3022
「田舎の本屋さん」http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=05_99037562/  インターネット通販

● ウイング出版部   E-mail: mail@w-i-n-g.jp
  〒640-8411 和歌山市梶取17-2      tel 073-453-5700   fax 073-453-5522

………………………………………………………………………………………………

田中卓二『食育のまち紀の川市』 ウイング出版部  2011年5月28日

Photo_2   『食育のまち紀の川市』田中卓二著は、自費出版です。
  ISBN9784990375621  発行・ウイング出版部

 『食育のまち紀の川市』
  食育と歌のまちづくり
  食育推進計画づくりから「食育のまち宣言」まで
 著者 田中卓二
 A5判 上製本 付属CD付
 280ページ
 発行 2011年3月  ウイング出版部
 定価 2000円+税
 ISBN 978-4-993756-2-1 C0036  2000E

 『食育のまち紀の川市』の出版・販売に関して、地方公務員法第38条の許可を得ています。
また「食育のまち紀の川市刊行会(事務局・ウイング出版部)」が、配布・販売を行っています。購入・書店販売等に関しては、刊行会事務局にお問い合せください。

ウイング出版部   E-mail: mail@w-i-n-g.jp
  〒640-8411 和歌山市梶取17-2
   tel 073-453-5700   fax 073-453-5533
 

目 次
第一章 「食」豊かな紀の川市
第二章 食育の背景
第三章 紀の川市食育推進計画
第四章 地方の元気再生事業
第五章 「食育のまち」宣言とこれから
第六章 講演とまちづくり ー投稿記事・講演記録等―
第七章 歌とまちづくり
付属CD付き

『食育のまち紀の川市』書籍販売取扱一覧

○めっけもん広場(紀の川市豊田56番地3 0736-78-3715)(JA紀の里)
○青洲の里   (紀の川市西野山473番地 0736-75-6008)
○紀の川市商工会 (0736-74-3000)
【紀の川市内書店】
○きぬや書店       (紀の川市粉河1690 0736-73-5152)
○ブックインきぬや    (紀の川市粉河940 0736-73-3535)
○三中井書店       (紀の川市粉河1524 0736-73-2144)
○荒尾成文堂打田店    (紀の川市打田1358 0736-77-7424)
○堀光文堂        (紀の川市名手市場677 0736-75-2009)
【和歌山市内書店】
○宮脇書店 ロイネット和歌山店 (和歌山市七番丁26−1 073-402-1472)
○上野山書店       (和歌山市県庁前 073-422-2096)
○帯伊書店        (和歌山市元寺町1丁目69 073-422-0441)
○ミュージックマート・イワキ狐島店 (073-457-1011)
○名曲の花屋さん インターネット通販www.musicmart.co.jp/SHOP/978-4-9903756-2-1.html
  ミュージックマート・エンタテインメント
                           (和歌山市狐島298-1FOXYテラス1F 073-457-1011)
○和歌山県立博物館 ミュージアムショップ
             (〒640-8137 和歌山市吹上1-4-14   073-436-8670)
【東京都内書店】
○「田舎の本屋さん」 インターネット通販http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=05_99037562/
  農業書センター Tel:03-3217-3020  Fax:03-3217-3022
  〒100-0004 東京都千代田区大手町1-3-2 JAビル地下1階
  URL: http://www.ruralnet.or.jp/avcenter/(社)農山漁村文化協会 農業書センター

………………………………………………………………………………………………

紀の川市の魅力再発見 田中卓二『食育のまち紀の川市』 2011年3月27日

 Shokuiku4 『食育のまち紀の川市』
  食育と歌のまちづくり
   食育推進計画づくりから「食育のまち宣言」まで
  著者 田中卓二
   A5判 上製本 付属CD付
  280ページ
  発行 2011年3月  ウイング出版部
  定価 2000円+税
  ISBN 978-4-993756-2-1 C0036  2000E

 ウイング出版部   E-mail: mail@w-i-n-g.jp
  〒640-8411 和歌山市梶取17-2
   tel 073-453-5700   fax 073-453-5522

紀の川市の魅力再発見

本書は、紀の川市理事・農林商工部長として実務に携わった著者の「食育のまちづくり」の本ではありますが、紀の川市の魅力を再発見させてくれる、読み応えのある講演記録が多く載せられています。

第六章 講演とまちづくり 目次Tanada2
(1)『紀の川のほとりで』〜「合併市」紀の川市の現場から〜
(2)ため池災害レポート〜和歌山県紀の川市の現場から〜
(3)棚田の起源は紀の川市?

(4)棚田のルーツを探る
   『恵みの源』は、シンポジウム『棚田のルーツを探る』の記録と、
   紀の川市内で受け継がれてきたため池、水路などを紹介しています。
   付属CDで全ページカラー(PDF)で読むことができます。
(5)『ふるさとをください』の「ふるさと」とは?
(6)「あら川の桃」の「あらかわ」とは?
(7)地方分権の観点からの華岡青洲先生の偉業とは?Hukudokuhonn2
(8)EUの農村振興施策リーダープラス
(9)日本とドイツの農業環境政策
(10)ほ場整備のススメ
(11)紀の川市の森林の価値とは?
(12)紀の川市の「光」とは? ―紀の川市の観光を考えるー
(13)紀の川市商工会に期待すること                           

(14)『きのかわー人と水の物語―』〜総括にかえて〜
    副読本『きのかわー人と水の物語ー』は、紀の川市の先人がつくってきた、
    水源林、水路、ため池など「水」にかかわる様々な物語を、
    中学生の副読本としてまとめたものです。
    付属CDに全ページカラー(PDF)で載せています。

・『恵みの源』・副読本『きのかわー人と水の物語ー』の監修は、高木徳郎先生です。

 

………………………………………………………………………………………………

食育推進の教科書 『食育のまち紀の川市』 田中卓二      2011年3月27日

                  食育推進の教科書

   Photo 『食育のまち紀の川市』 田中卓二著が
  ウイング出版部から発売されました。

 『食育のまち紀の川市』
  食育と歌のまちづくり
  食育推進計画づくりから「食育のまち宣言」まで
 著者 田中卓二
 A5判
 上製本 付属CD付
 280ページ
 発行 2011年3月
    ウイング出版部
 定価 2000円+税
 ISBN 978-4-993756-2-1
  C0036  2000E

近畿初「食育のまち宣言」をした紀の川市。
食育と歌のまちづくりの本ができました。
紀の川市民だけが読むなんてもったいない! 食育の本です。
食育推進計画づくりから「食育のまち宣言」まで、
食育推進計画づくりに役立つヒントがいっぱいです。
付属CDには、食育資料満載!
食育推進計画や、食育メニュー・カルタ・紙芝居・作品集などが全ページカラーでPDF化されています。
本書は、紀の川市理事・農林商工部長として実務に携わった著者が、「食育のまちづくり」の経緯を書き下ろしたものです。第1章から第5章まで「食育とは何か?」という定義からはじまり、市議会や市職員、市民との交流など実際に体験したことを自分自身の言葉で書いています。
食育担当者必見の書です。

Burogu

販売取扱
○ウイング出版部   E-mail: mail@w-i-n-g.jp
  〒640-8411 和歌山市梶取17-2
   tel 073-453-5700   fax 073-453-5522
○「田舎の本屋さん」 インターネット通販http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=05_99037562/

 農業書センター Tel:03-3217-3020  Fax:03-3217-3022
  〒100-0004 東京都千代田区大手町1-3-2 JAビル地下1階
  URL: http://www.ruralnet.or.jp/avcenter/
  (社)農山漁村文化協会 農業書センター


この記事をはてなブックマークに追加

池田孝雄著作集『地域から歴史をみる』発刊

2012年11月03日 | ウイング出版部

Photo_6『地域から歴史をみる』池田孝雄著作集

池田孝雄著作集『地域から歴史をみる』
池田孝雄著作集刊行会 編集発行 
2012年10月15日発行
A5判 400頁 並製本カバー付
株式会社ウイング 印刷製本
頒価3000円税込で販売
販売取扱 ウイング出版部

表紙がすばらしいです。(デザイナーに感謝)
熊野古道(中辺路)箸折峠から眺めた近露の里
中央の橋の袂の森は近露王子跡

『地域から歴史をみる』池田孝雄著作集は、
「池田孝雄著作集刊行会」(杉中浩一郎代表)発行の自費出版です。
 頒価3000円税込で販売しています。
池田孝雄著作集刊行会 事務局 田所顕平
 〒646-0023 田辺市文里2丁目10-27
ウイング出版部 E-mail: mail@w-i-n-g.jp
 〒640-8411 和歌山市梶取17-2   
 TEL 073-453-5700  fax 073-453-5522

紀伊民報 10月26日付の記事を一部紹介します。
「地域から歴史をみる」池田さんの著作集発行(紀伊民報)
紹介ページ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121025-00000007-agara-l30
写真 【故池田孝雄さんの論考などを収録した「地域から歴史をみる」】
 和歌山県田辺市新庄町の地方史研究家、故・池田孝雄さんの論考などを収録した著作集「地域から歴史をみる」(A5判、391ページ)が発行された。
 池田さんは1927年生まれ。田辺西牟婁地方の小中学校、高校で教員を務め、県内の労働運動や米騒動、部落解放運動などを研究した。紀南の市町村史や県教育史の編集にも関わり、(中略)2011年1月、83歳で亡くなった。
 その後、書き残した物が散逸してしまわないよう、教員時代の同僚や地方史研究者が「池田孝雄著作集刊行会」(杉中浩一郎代表)をつくり、著作集を発行した。
「ふるさと近野に注ぐ目」「地域の社会運動と戦争」「部落解放をめざした先人たち」「地域の戦後のはじまり」の章に分け、生前発表した論考や回想文から約10編を選んで収録している。500部作り、田辺市や周辺町の図書館などにも届けた。同会事務局の田所顕平さん(68)は「池田さんの主立った論考を収録できて安心している。本を通して、地域の近代の歴史を広く知っていただけたら」と話している。価格は3千円。希望者は田所さん(0739・24・9153)へ。

ウイング出版部ブログ  想いを形にする本づくり
http://ones-wing.blogzine.jp/publishing


この記事をはてなブックマークに追加

高校野球!中坂隆行 『続 思えば思われる』

2012年07月14日 | ウイング出版部

Noriko2_7中坂隆行氏(粉河高校野球部 前監督)の自費出版本
『続 思えば思われる』は、
ウイング出版部が、頒価 2000円で販売しています。

 ウイング出版部 E-mail: mail@w-i-n-g.jp
  〒640-8411 和歌山市梶取17-2
  TEL 073-453-5700  fax 073-453-5522
 ブックインきぬや(きぬや書店 国道店)にも置いています。
  〒649-6531 和歌山県紀の川市粉河940
  TEL 0736-73-3535  fax 0736-73-5771


この記事をはてなブックマークに追加

読売新聞・わかやま新報が紹介『続 思えば思われる』

2012年07月13日 | ウイング出版部

Zokuomoebaomowareru2012 『続 思えば思われる』中坂隆行著を、
読売新聞 2012年07月12日和歌山県版で、
「粉河高球児 育てた10年間」として紹介していただきました。

『続 思えば思われる』は、
ウイング出版部が、頒価 2000円で販売しています。
 ウイング出版部 E-mail: mail@w-i-n-g.jp
  〒640-8411 和歌山市梶取17-2
  TEL 073-453-5700  fax 073-453-5522

読売新聞 2012年07月12日和歌山県版
2012712yomiuri

わかやま新報 2012年07月1日付で、
「監督時代の10年間つづる」として、
『続 思えば思われる』を紹介していただきました。

わかやま新報 2012年07月1日付           

201271sinnpou_2


この記事をはてなブックマークに追加

中坂隆行 『続 思えば思われる』

2012年06月17日 | ウイング出版部

Photo中坂隆行著 『続 思えば思われる』

粉河高校野球部 前監督 中坂隆行氏が、
『続 思えば思われる』を自費出版されました。
粉河高校野球部監督生活10年8ヶ月を綴っています。

『続 思えば思われる』は、頒価 2000円(税込み)で、
粉河のブックインきぬや(きぬや書店 国道店)で販売しています。

『続 思えば思われる』
中坂 隆行 著  2012年5月発行Photo_2
A5判 276頁
並製本カバー付き
制作 ウイング出版部
印刷製本 株式会社ウイング
頒価 2000円(税込み)

販売取扱(お問い合せ)
 ウイング出版部    E-mail: mail@w-i-n-g.jp
  〒640-8411 和歌山市梶取17-2
  TEL 073-453-5700   fax 073-453-5522
 ブックインきぬや(きぬや書店 国道店)
  〒649-6531  和歌山県紀の川市粉河940
  TEL 0736-73-3535    fax 0736-73-5771


この記事をはてなブックマークに追加

毎日新聞が紹介『続 思えば思われる』中坂隆行

2012年06月13日 | ウイング出版部

『続 思えば思われる』  中坂隆行 著が、Zokuomoebaomowareru2012
毎日新聞2012年06月13日和歌山県版で紹介されました。

『続 思えば思われる』は、頒価 2000円(税込み)で、
 ブックインきぬや(きぬや書店 国道店)で販売しています。
  〒649-6531  和歌山県紀の川市粉河940
  TEL 0736-73-3535    fax 0736-73-5771

毎日新聞2012年06月13日和歌山県版
Omoeba2012613mainiti_2 記事内容です。

手記−−粉河高野球部の10年8カ月、県大会ベスト4への軌跡…元監督が自費出版−−
橋本高の中坂教諭 /和歌山

◇「続 思えば思われる」
 県立橋本高の中坂隆行教諭(56)が昨年3月まで監督として率いた粉河高野球部の10年8カ月間の全試合内容や夏の県大会で初のベスト4になるまでの軌跡、選手らへの思いなどを綴った手記「続 思えば思われる」を自費出版した。笠田高監督時代の同名の手記に続く第2弾。
 91年8月から8年8カ月間笠田高(かつらぎ町)で監督を務め、00年4月に粉河高(紀の川市)に転勤し同年8月に野球部監督に。就任3カ月で19人の部員が10人になり、練習試合などでコールド負けすることも多く、遠征先のネット裏から「少年野球以下だな」の声が聞こえたことも。そんな中で基本練習を積み重ね、筋トレや走りこみ、一戦一戦の経験が部員に自信を持たせ、次第に変貌していく様子が淡々とした筆致で描かれている。
 大きな転機は、創部以来初めてベスト4に進出した03年夏の第85回和歌山大会。準々決勝最終回の攻撃で2点差に追い上げ、1死一、三塁で送った代打の打球は三塁ゴロ。誰もが併殺でゲームセットと思ったが、選手はあきらめず全力で一塁を駆け抜けてセーフとなり1点差。この直後に逆転の2点本塁打が飛び出した。
 「あの全力疾走がなければ、後はなかった」と述懐、「(相手投手の)球威に臆せず、立ち向かった生徒たちを誇りに思った」と書いた。
 2000円(A5判、274ページ)。ウイング出版部(073・453・5700)や紀の川市粉河の「ブックインきぬや」(0736・73・3535)で頒布。【上鶴弘志】

先の著作『思えば思われる』2000年は、笠田高校野球部監督生活を綴っ20002たもので、中央印刷(現 ウイング)の制作です。購入ご希望の方も多かったのですが、販売はしませんでした。


この記事をはてなブックマークに追加

あのころの和歌山 市街電車写真図録

2012年02月01日 | ウイング出版部

写真にみるあのころの和歌山−市街電車編(戦前)が発行されました。
和歌山市立博物館で販売(500円)しています。
100年前の和歌山、市電、和歌山城、観光地の和歌浦が紹介されています。

Sidenn201221

写真にみるあのころの和歌山−市街電車編(戦前)−

編集 和歌山市立博物館
   〒640-8222 和歌山市湊本町3-2 TEL073-423-0003
A4判 32頁 和歌山市立博物館で販売中 500円
ウイング出版部で制作しました。

表紙の市電は、約100年前(1909年〜1911年頃)、現在の真砂丁付近から、和歌山城をバックに撮影されています。


この記事をはてなブックマークに追加