のらさんのうだうだ日和

ドラマ・映画の視聴率情報中心

「1リットルの涙」の話10

2005年12月14日 12時35分07秒 | 2005年10月期ドラマ
1リットルの涙第10話~ラブレター~(視聴率16.6%、平均14.8%)を観ました。

亜也の妹が大きくなっていてビックリしてしまいました。
【池内理加役:三好杏依三好結稀】姉妹なのでしょうか?

遥斗は大学の医学部に合格。かつてのクラスメイト達もそれぞれが進学・就職と進路を決めます。亜也は自分だけが置いてけぼりをくったように感じています。でも病状は彼女が考えているより深刻で、命の危険さえ伴うようになってきます。

遥斗「人の役に立つ仕事がしたくて、そんなの嘘臭いと思っていたんですけど、あいつ見てたら。」
水野「僕もね、彼女を見てると自然と背筋が正される。俯いてる暇無いんだって前を向かされる。」
これに限った事ではありませんが、一人の行動が多くの人を変えていくのって凄いと思います。

夜、目を閉じるのが怖くて、ふるえて眠れない亜也。家に電話をかけようとしても、うまくかけられない。そこへ母潮香がやってきます。
亜也「なんどもしたの、あかあさんのこえがききたかったから、でもうまくおせなくて・・・たすけておかあさん。なくなっちゃうよ。わたしにできることひとつもなくなっちゃうよ。」
そう言う亜也に潮香が言います。
潮香「本当にそう思うの?・・・亜也には書く事があるじゃない!」

私には書く事がある。

木藤亜也さんの文章を見ていると、およそ10代の子の書いたものでは無いですね。まるで名のある詩人が書いたもののように感じます。皮肉にも難病が彼女の隠れた才能を引き出したのでしょう。
それでも彼女は悟りを開いた僧でも哲学者でもなく、普通の女の子です。彼女の日記には病気と闘う真っ直ぐな姿勢やどうしようもない苦悩といったものが書かれています。彼女の持つ優れた感性が人の心を打つのではないでしょうか。
(私は自分が感じた事の10分の1も書けない事に歯痒さを感じているというのに。)

亜也が遥斗に渡したラブレターは別れの手紙でもありました。何かとても綺麗過ぎて私は嫌いですね。
一番見られたくない姿を一番見せたくない人に見られてしまった亜也。これ以上病気の進行する自分の姿を見せたくないのでしょうか?
『結婚』、遥斗の背中を見上げている亜也の想いは夢だから、あきらめるのでしょうか?
それとも遥斗の幸せを考えて離れるのでしょうか?

本当に愛していれば汚くなんか無いし、みっともないなんて思わないし、ましてそれで嫌いになったりはしない。そう私は思います。
遥斗には相手の気持ちを考えるよりも自分の気持ちを通してほしかったな!自分がどれだけ愛しているかをこれでもかって位に分からせてあげれば良かったのに。お前、男だろうと思うんですけどね。
(もうドラマだ何だと言ってられないんですよね!)

「1リットルの涙」オリジナル・サウンドトラックCDです。

追記:返されたイルカのキーホルダーがさみしいね。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「雲のむこう、約束の場所」の話 | トップ | 「あいのうた」の話10 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございます! (lavish)
2005-12-14 14:01:35
こんにちは。

今回の話は本当に辛くて、涙が流れてしょうがなかったです。

次回の最終回。

自分には出来ることが何もないと言っていた亜也が、どれだけ多くの人に勇気を与えているのか知って貰いたいです。
Unknown (やっくん)
2005-12-14 22:25:55
TB有り難う御座いました。



亜也さんの言葉の一つ一つは・・・

本当に私の心を動かすものだらけで。

改めて自分の不甲斐無さを感じますが、

前へ進もう、という気持ちになります。

彼女からもらったエネルギーですね。



遥斗に対してのラブレターに関しては

相手を思っての別れの手紙かなぁ、と思いましたが

それを読んで、次回、彼がどう動くか。



ちゃんと正面から見届けたいと思います。
えっ!!! (まこ)
2005-12-14 22:58:45
理加ちゃん役の子役さん二人はもしかして姉妹なんでしょうか

うんうん、まるで詩人のような亜也さんの感性溢れる言葉には、いつも驚きと感動を覚えます

自分の10代を振り返ると、ほんとおバカだったなぁと・・・変わらず今も・・・
TBありがとうございます (たろー)
2005-12-15 10:30:11
こちらからもTBさせていただきました。

今回のドラマを全て観終わったら、原作本を是非読んでみたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
認められないのではなく、認めたくない、「今」 【1リットルの涙 第10話】 (The Natsu Style)
いくらなんでも病気によって出来る事が奪われていく現実なんぞ認めたくないでしょう。それを認めてしまえば、「じゃあこれは続けていこう」と誓った事ですらそのうち出来なくなりそうだという想像が膨らみ続けて、止まらなくなってしまいそうで。それこそ亜也が、「何のため.
1リットルの涙 第10話 (やっくんのendless blossom)
居場所 生きてゆく場所 そして自分の存在価値 確実に変化してゆく周囲の環境に 自分はもういられないのかもしれない 私なりの未来を探す そのために また頑張らなくては それでも崩れていく体 いうことを聞かなくなってゆく それは 心も蝕んでゆ...
1リットルの涙(第10話) (ぬっしーの部屋)
今回は本当に辛すぎる内容でした。 いつも元気で前向きな亜也ちゃんから、どんどん笑顔が無くなっていくのがわかりました。 日に日に自由が利かなくなる身体を受け入れていかなければならない現実は辛いですよね。 いつも居場所を探してた亜也ちゃんでしたが、とうと
1リットルの涙 10 (思い立ったが吉日)
『ラブレター』 生きる意味を問う話。 亜也は養護学校を卒業することになるが、病気の進行が早いため進学も進路も出来ない。 少しでもいいから人の役に立ちたい、そう思っていた亜也にとってそれは何を卒業したのか分からないと感じたのだろう。 これで居場所がなくなった
「1リットルの涙」10話 沢尻エリカの女優魂に拍手を送る! (くつろぎ日記)
「あなたのいうことはいつも正しい」父に言ってはみても、 はらはらと大粒の涙に暮れた頬には夕闇の薄明かりだけ。 遥斗にとっての壁はあまりにも大きすぎ、無力に握りこぶしを作りながらも いつか来るその日までただ時間だけが静かにと願う。         あっとい
「1リットルの涙」第10回。 (ナルのつれづれゆくブログ!!)
「1リットルの涙」第10回。 ~ラブレター~。 ドラマの内容とは関係ないけど、 実は今日ちょっとショックなコトがありました。 最近の中では結構心に「うっ」とくるものがあって もがいてました。 今日は「1リットルの涙」があるけど 観る気にはとて
1リットルの涙 10話 (私の日々思うこと)
あまりに泣きすぎて:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・え~~~~~~~~ん!!!今はまだ、本腰入れて感想かけません・・・こんなに泣いたのは昨年の「セカチュー」以来手紙の内容もほんとの気持ちなんだろうけど本当は側にいたい、いてもらいたいでもこれから悪くなって...
私、結婚・・・できる? 『1リットルの涙』#10 (私的空間.com)
第十話  「ラブレター」 今回も辛かった、、、。 「私に出来る事、何もなくなっちゃうよ! ・・・助けてお母さん!!」 何て残酷なんだろう。 夢と希望に満ち溢れた年頃の女の子が、その全てを少しずつ取り上げられ、 それでも生きなくてはならないなんて、
1リットルの涙 (私の趣味日記)
 第10話  亜也の症状かなり悪くなってるね{/kaeru_shock2/}ん?養護学校に通って2年間も過ぎたのか。っていうか養護学校ってずっといれるわけじゃないの{/eq_1/}じゃあこれから何をすればいいんだろう?人のためになることをしたいってことで小説を書いたのかな。あそう君
1リットルの涙 第10話 (どらま・のーと)
『ラブレター』 亜也(沢尻エリカ)は、滑らかな発音が難しくなる構音障害が進行していた。 亜也の診察をした担当医の水野(藤木直人)は、潮香(薬師丸ひろ子)と 瑞生(陣内孝則)に説明する。 「現在の症状を考えると、亜也さんが養護学校を卒業した後の 進学や就職は・
1リットルの涙 第10話 (Enjoy STYLE)
こんじゅんわ(^^) 1リットルの涙も残すところ あと2回。 遥斗に会えなくなるかと思うと 寂しいよぉ~(T-T) そして 本日の1リットルの涙も号泣 (T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T) 亜也の気持ち 遥斗の気持ち 両親の気持ち 本当
『1リットルの涙』第10回 「ラブレター」感想 (つれづれなる・・・日記?)
最後への布石。つらい、悲しいラブレターでした。 それでも、いい方に向いてほしい。
1リットルの涙 第10話;ラブレター (あるがまま・・・)
ラブレターちゃうやん!{/namida/}:・。・゜・(≧◯≦)・゜・。・{/namida/} 一方的な別れの手紙や~ん!思い出のイルカのストラップまで返すなんて・・・ まどか先生の結婚式なんて行かなきゃ良かったんだよぉ~~~!!!えっ違う?{/ase/} あたし、結婚出来る? いつか
第10話 「ラブレター」 (ブログ ド ガジュマル (改装済))
ラブレターって別れの手紙だったんですね! 予告を見て、番宣みた私はてっきり結婚するもんだとばかり思ってましたー。 あの場面で「私・・・・結婚できる?」って言うなんて・・・・ 普通の女の子だったのに、明るい女の子だったのにーーーーーー!! ここに来て気丈
1リットルの涙・第10回 (キラキラとふるふるでしょい!)
今までで一番観るのがつらいシーンが多かったのかもしれませんが 私にとっては今までで一番みごたえのある回でした。 実はこれまで沢尻さんの演技はあんまり好きではなかったのですが 今回は違いました。 中でも、公衆電話のくだり。 すばらしい演技でしたね。亜也も、そし
1リットルの涙第十話「ラブレター」 (私でもいいですか?新館)
亜也(沢尻エリカ)は父・瑞生(陣内孝則)と母・潮香(薬師丸ひろ子)と共に、主治医である水野(藤木直人)の診察を受けていた。 発声の訓練をする亜也。 亜也は懸命にリハビリ
亜也の「未来」/[1リットルの涙]\'05.12.13TUE (TV姉さんの『アレコレ言っちゃうよ!』)
■フジテレビ系ドラマ[1リットルの涙]第10話 冒頭から亜也(沢尻エリカ)の構音障害かなり進行していて、ちょっとポカンとしてしまった。 今回のドラマ、見るが辛そうだなって思った。 でも、ちゃんと見ないとね。
1リットルの涙、第10話 (きららのぼやき)
レミオロメンの『粉雪』とKの『Only Human』を聴きながら 1リットルの涙の感想書いてる私って・・・ ちょっとハマリすぎ(。-_-。) もうねー・・・これ泣きすぎて困る。 頭痛いんだよね、泣きすぎて… また選曲もいいし、泣く要素満載じゃん!? でも見ずにはいれないき.
つれづれなるままに・・・ (3しょうがいの作業所。(仮想))
録画しておいた、『1リットルの涙』(フジ系、毎週火曜、21:00~ )をじっくり観終わりました! (リアルタイムでももちろん観たんですけどね!)“沢尻エリカ”さん、演技、お上手ぅ~ 。 (“大西麻恵”さんもお上手だと思ったんですけど…  私たちSCDのマネって簡単...