杉田畳店gooブログ

杉田畳店ブログgooブログ

熊本産ブランド表 ひのさらさ

2017-08-10 18:42:21 | 畳表

 本日、千葉市緑区あすみが丘の、A様宅に、新畳を納品してきました。

 仕様は、宮城産の藁床に、熊本産ブランド表 最高級「ひのさらさ」の畳表です。

 新畳の入れ替え工事の手順。(藁床の場合)

 まずは、古い畳を1度上げ、寄席の中を採寸します。

そして、また古い畳を元に戻し、約1週間程度経ってから、入れ替えます。

通常、藁床は、わらを縦横に、30㎝~40cm位積み、5~6cmに圧縮されています。

 それを寸法に合わせ、切断し、平刺しと返し縫いという、細い糸で縫い付けます。

 当然、そのままだと、圧縮された藁床は、段々と膿んで行きます!ので、

当店の場合、藁床の新畳は、数日、預かりの畳などで加圧し、馴染ませます!!

こうして、採寸から、役1週間後に、古い畳を撤去し、新畳に交換になります。

 今回、床の間の縁も、部屋に合わせたいという事で、縁交換を頼まれました。

よく見ると、表がつれてなく、シワシワで・・・

上げると、1分べニア板で、どうしたものかと・・・?

 なるほど、この手があったかと!

表を巻く部分(両端だけ)を残し、家にあった1分べニアを、ボンドで接着し、2分厚に補強し!

ガムテープで張り付けた施工も、強度も出たので、手縫いで引っ張り、見事にシワも解消!!

話も大分それましたが、今回のブログの話題は、熊本産ブランド畳表の、最高級ひのさらさ

全体的な、施工後の画像では、パッと見、高級感が伝わらないと思いますので、UP画像を!

 UP画像でも、高級感が伝わらないですかね?

まあ、手前味噌ですが、寸法具合が良杉なのは、伝わると思いますが?笑

 あまりの、目の積み(ィ草)具合に、手で張ると、爪がめくれそうな位、凄い地厚の表でした!!!

この画像は、青みもあり、見た目に近い感じですが、画像って難しい・・・。

 今回も、敷き終われば、寸法具合はバッチリの、自己満足でしたが!

 

 最高級、熊本産ブランド畳表ですので、数量のみの仕入れでしたし、

明日から、産地の方も、盆休みだと思いますし、内心、敷くまでは、ドキドキでした・・・ホッ♪

 

前回に続き、

 畳を作る技術も大事ですが、やっぱ、寸法取り(採寸)が、1番大事ですね!

1に寸法、2に寸法。

 いやー、作る前の、足し算・引き算も、何度も確認し、間違いなくて、ホッ・・・♪

 

 

神社仏閣から、茶室! 黒い畳や、ピンクの畳。

カッコイイ洋風な畳と思ったら、杉田畳店で検索♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山武市 琉球畳風 へりなし畳 | トップ | 白子町 障子張り替え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

畳表」カテゴリの最新記事