杉山てつやの告白

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国債・社債など

2017-07-10 13:52:08 | 日記
これからは安定的であるだけではなく活気にあふれた金融に関するシステムの構築を実現させるためには、どうしても民間の金融機関、そして行政(政府)が両方の立場から問題を積極的に解決しなければならない責任がある。
要は「金融仲介機能」「信用創造機能」、3つめは「決済機能」以上の3つの機能をセットで銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資」「為替」の基本業務さらには銀行自身が持つ信用によって機能できるのです。
今後、安定的というだけではなく活力にも魅力がある金融市場システムを誕生させるためには、銀行や証券会社などの民間金融機関だけでなく行政(政府)が双方の抱える課題を積極的に解決しなければだめだ。
きちんと知っておきたい用語。金融機関の(信用)格付けというものは、信用格付機関によって金融機関、国債を発行している政府や、社債を発行している企業などに関する、信用力(債務の支払能力など)を一定の基準に基づき評価するのだ。
最近増えてきた、スウィーブサービスって何?開設している銀行預金口座と証券取引のための口座、2つの口座の間で、株式等の購入資金、売却益などが自動的に双方に振替えられる便利なサービス。同一金融グループによる顧客囲い込み作戦です。
FX(エフエックス):業者に補償金を預託し、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す比較的はじめやすい取引のこと。外貨預金または外貨MMFなどと比較して利回りが良く、また手数料等も安いというのがポイントである。興味があれば証券会社やFX会社からスタート。
麻生内閣が発足した平成20年9月、米国の大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが前触れもなく破綻したことに全世界が震撼した。このショッキングな出来事が歴史的金融危機の引き金になったことから「リーマン・ショック」と名づけられたと言う経緯がある。
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用する投資信託というものです。取得から30日未満という定められた期間で解約するような場合、なんと手数料に違約金分も必要となるというものです。
金融庁が所管する保険業法によっていわゆる保険企業は生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社に分かれて、いずれの場合も免許(内閣総理大臣による)を受けた会社でないと経営できないとされているのだ。
ですから安定という面で魅力的であるうえに活気にあふれた金融に関するシステムの実現のためには、どうしても民間企業である金融機関、そして行政(政府)がそれぞれの抱える解決するべき問題に積極的に取り組んで解決しなければいかなければならないのです。
【用語】金融機関の格付け(能力評価)って何?格付会社が金融機関や国債・社債などの発行元の債務の処理能力などを一定の基準に基づいて公平・中立的に評価するのだ。
銀行を意味するバンクという単語は実という単語はイタリア語の机やベンチを意味するbancoに由来である。ヨーロッパ最古といわれる銀行。その名は西暦1400年頃に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立され、政治にも深くかかわっていたたサン・ジョルジョ銀行であるという。
ここでいう「重大な違反」にあたるのかあたらないのかは、金融庁が判断をすることなのです。たいていのケースでは、小粒の違反が多数あり、その影響で、「重大な違反」判断を下すということ。
一般社団法人 日本損害保険協会は、日本の損害保険各社および業界の健全で良好な発展そして信頼性のさらなる向上を図ることで、安心さらに安全な世界の形成に役立つことを目的としているのだ
英語のバンクという言葉はbanco(机、ベンチ)というイタリア語に由来との説が有力。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行⇒今から約600年前に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァで設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行なのです。
杉山てつや
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金融商品取引業者が | トップ | 規制緩和だけでは »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。