杉﨑賢次郎の日々勉強ブログ

杉﨑賢次郎の日々思ったことや感じたことを書かせて頂きます!

杉﨑賢次郎 良デザインの昔のバイク

2016-10-12 18:01:58 | 日記
バイクに関しても大きな関心を寄せている、杉﨑賢次郎です。

バイクというのは実用性の面では車に劣るものの、車にはない魅力あふれる乗り物です。
今も昔もバイクの良さに変わりはないのですが、良デザインは昔のバイクに多いように感じます。
もちろん、今のバイクにも良デザインのものはあるわけですが、心をひかれるようなものは昔のバイクの方に多いのではないでしょうか。
理由というのはいくつかありますが、単純に数で言えば現行のものよりも昔のもののほうが多いわけですから、その点を考えると昔のほうがデザイン面では有利というものがあります。
そして、もうひとつは昔は現在と違って規制などがそれほどありませんでしたから、規制のことを気にせずに良デザインにすることができるという理由も大きいような気がします。

バイクに限らず車もそうですが、時代の移り変わりともに安全性というものを重視されるようになりその結果としてデザインに制約がつくようになってしまいました。
そのため、昔と違って今のものは自由にデザインをすることができなくなってしまったわけですから、見た目という面に関しては現在のバイクは昔のバイクに劣ってしまうという部分は多いですよね。

ただし、良デザインだからといってそれがいいバイクかというのはまた別物で、バイクの理想の形というのがありますから、見た目は良くても乗るのは難しいと言ったものがあったりして、走りよりも見た目に振ったものも多かったりするので走りを重視するというのであれば、現在のほうが洗練されているかもしれません。
しかし、効率ばかりを追求するのではなく走りを無視して見た目に振ったバイクが有るというのも昔の良さですよね。
技術が成熟してくると、どれも似たようなものばかりになってしまいますから、安心して乗ることができるバイクに乗るという点では現代のほうがあっという敵に有利なわけですが、バイクらしい面白みのあるものに乗りたいとなったときには昔のほうが圧倒的に選択肢が多かったように思います。
バイク好きの人というのは素直なバイクも好きですが、その一方で扱いにくいじゃじゃ馬を好むような部分もありますから素直な現行よりも見た目が良かったり走りに一癖ある昔のバイクに惚れ込んでしまうのも無理はないものです。

この辺は人それぞれですから素直な現行のバイクが好きだという人もいれば、デザインを重視して多少癖があっても昔のほうが好きだという人もいますし、その癖のある走りが好きだという人もいたりします。
バイクの趣向というのは人それぞれですが、それだけに選択肢というのはたくさんあって欲しいものですよね。
個性的な乗り物だからこそ、今の時代にはない個性的なバイクが多い昔のバイクに憧れるような部分は多いのではないでしょうか。
デザイン面では昔にかなわないかもしれませんが、それ以外の部分では個性的なバイクの登場を待ちたいところです。
以上、今のバイクも昔のバイクもどちらも好きな杉﨑賢次郎でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 杉﨑賢次郎 カッコいい!フ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。