【八王子で働く】40才不動産会社の社長日記

エスエストラスト社長 アパマンショップ7店舗 DIY不動産 NossA 東京ヴェルディパートナー

ほっこり中華そば もつけ

2017年02月28日 | Weblog


中華そば



担々麺

いずれも自家製麵でスープも自然の味なんです。

自家製麺の麵はもちもちで替え玉があるのでとってもありがたい!

あの麵は病みつきですね。

スープも優しく体にいいぞって勝手に思えます。

担々麺は多少ピリ辛で辛さも倍とかにできるので、

次回は3倍にしてみるかな。ちなみにこれは1.5倍。

また、八王子においしいお店が増えましたってもう

オープンして1年だそうです。

はやっ

この記事をはてなブックマークに追加

Jリーグ開幕! 昔の仲間の活躍を期待したい!

2017年02月25日 | Weblog




昔のブラジル時代の資料関係を整理していたら出てきた。

一応プロフェッショナル。試合に出てないってプロって(涙)

最近サッカー選手との交流がふえて、本当にサッカーって良いなって感じています。

だって、プロになりたくてなれなくて、プロの人が横にいて

うらやましいってのもあるし、どうやってプロになったのか

話も聞けて、プロを目指している子供たちに少しはアドバイスできるなって。

まぁプロのハードルは高いですね。



上の写真の左:ヴァンフォーレ甲府の土屋さんのブラジル時代。

下の写真:アビスパ福岡 チーフディレクター カルリーニョス

今二人は20年の時間がたったいまも、活躍の場をブラジルから日本移ってつながっている。

それに関与できてうれしいし、

だからこそ、プロを目指している人、プロの人を応援する立場をこれからは貫きたい。



土屋さん(Yukio)とカルリーニョスと私の名前が一緒に記事になったこともあるんですw

サッカーっていいですね。

今日からJリーグ開幕!

楽しみがいっぱいです!


この記事をはてなブックマークに追加

環境整備

2017年02月18日 | Weblog


武蔵野の小山社長の本を読むと「環境整備」の大事さがよく書かれています。

実際、武蔵野さんのコンサルを受けている会社を訪問すると

まぁ整理整頓が完璧ですごいです。



各スタッフは机の引き出しに荷物をしまうのでなく

このようにロッカーで個別で管理。

すげっ





営業と事務は違うデスクで、営業はフリーなところに座るスタイル。

やはり環境整備のコンサルを入れたとのこと。

うちは無理だ。。。((笑))


この記事をはてなブックマークに追加

賃貸業界はどうなる

2017年02月13日 | Weblog




先日の日経。

肌でも感じる相続対策の賃貸住宅建設ラッシュ。

八王子エリアでも容積200%以上の売り地が出ると

ほんとんどD建託の賃貸住宅が建設される。

ほとんどが市外の建築主。

昨年対比貸家住宅着工件数は120%以上。

少子高齢化、人口減少する中、貸家はボコボコ建てられます。

それと、中古アパートの投資家向けの流通も盛んです。

地銀の高金利で購入されるサラリーマンや自営業の投資家が急増しています。

大きな空室がでると支払いが難しくなります。

かなり過度な融資が実行されていることを痛感しております。


起こる現象

①古いアパート・マンションが空いてくる

②この古いアパートの流通でサラリーマン・自営業オーナーが所有

③ギリギリのローン計画なので物件への投資が難しい

④上記アパートマンションの管理が当社にまわってくる


新しい物件はハウスメーカー、古い物件は地元管理会社などの当社。

原状回復ひとつとっても築20年たった物件をまた20年前に

タイムスリップする現状回復しかできない。これから15年未来をみた

リノベーションなどを仕掛けないと、新しい物件には間違いなく太刀打ちできない。

2020年オリンピックに向けて不動産価格は既に天井まできています。

我々賃貸業界は新たなものが増える社会現象ですので、

既存貸家への何かしら優遇を打ち出さないと、とんでもないことが待ち構えています。


当社として、何をもって消費者から支持される物件なのか、

オーナー様と共有していきます。







この記事をはてなブックマークに追加

ロベルト佃氏「サッカー代理人」

2017年02月09日 | Weblog


NossAのビゴージさんからいただいたので、さっそく読みました。

「選手のために」という姿勢がとても共感できました。

読めば読むほど不動産の仲介業にとても似ています。

現在は代理人制度から仲介人制度となり

まさしく仲介のお仕事です。

選手の人生にかかわる仕事。

不動産の購入売却も人生にかかわる大きな仕事。

根底が一緒なので、とても共感できました。

日本のサッカーの発展は仲介人にあるな、と痛烈に感じます。

また、セカンドキャリアまで考えることも大事です。

本に出てくる選手は日本代表級ですが、

それは一握りの日本人プロサッカー選手。

J3やJFLまでいれると何人のプロサッカー選手がいるのだろうか。

そこまでたどり着けなかった自分がいるが、彼らのセカンドキャリアほど

難しいものはない。

年末の移籍時期だけ登場する仲介人ではなく

選手のセカンドキャリアまで見越したマネイジメント次第で

日本のサッカーは大きく発展するんだなと、

痛烈に感じました。





この記事をはてなブックマークに追加