肴菜屋「わたり」

季節の魚・野菜を楽しめる和食の店が垂水にオープンしました!

”サツキ”と”ツツジ”・・

2017年05月21日 | 肴菜屋「わたり」

月の別名は”皐月”(さつき)ですが、これは早苗を植える”早苗月”(さなえづき)が語源だそうです。「皐」は難しい漢字ですが、”神にささげる稲”という意味があるのだとか。つまり、田植えをする時期に豊作を祈る人々の祈りが”皐月”という名にこめられているようです。

旧暦の五月(皐月)は現在の六月にあたり、”五月雨(さみだれ)”は梅雨の意味、”五月晴れ(さつきばれ)”は、元来”梅雨の晴れ間”のことをいうのだとか。

”五月晴れ”といえば、鯉のぼりが元気よく泳ぐ真っ青な空、新緑が目に眩しく薫風さわやかな季節のイメージですから、”梅雨の晴れ間”って、ちょっと意外な気がしますね。

ところで、花の名前にも皐月(さつき)があります。この時季に”咲き揃う”ことからこの名前がついたそうですが、ここまでくると、ちょっとこじつけっぽいような気がしないでもありませんね。

ピンクや白の可憐な花がてんこ盛りになって、桜のあとの寂しさを埋めてくれる、”サツキ”や”ツツジ”ですが、この”サツキ”と”ツツジ”の違いが、イマイチ分かりにくいのですよね。ネットで仕入れた情報によりますと、全体に小さな木で花も葉も小さいのが”サツキ”・・こちらはもともと山奥の岩肌などに自生しているもので、盆栽などでも親しまれる花。

一方、”ツツジ”は道路沿いや庭木に植えられている花で、”サツキ”よりは花も葉も大きい。ふーむ、まだ分かりにくい場合は、「サツキ・ミドリは”小柄”で色っぽい」と覚えましょうかね・・

写真は"天然鯛のアラ塩焼き"です。真子さまのご婚約がおめで”タイ”ということで・・出会いがありましたら是非お楽しみ下さいませ~。

【お知らせ】
☆5月のお休みは、水曜日と18日(木)です。

【 お昼の御膳(要予約で~す!)】
☆ 「肴菜御膳」(2200円)、「雪月花御膳」(2650円)、「わたり御膳」(3200円)
なお、お昼のお膳三種は手作りの食材の為、仕込みのお日にちを頂戴しておりまして、3日前までの予約(当日を入れず3日前)をお願いしております。なお、予約キャンセル、人数の変更につきましては2日前までとさせて頂きますので、ご了承のほどよろしくお願いたします。

☆団体様(18名様まで)のご予約も歓迎!ご予算ご希望に応じますのでご用命ださい。

肴菜屋「わたり」
神戸市垂水区坂上2丁目1-25
電話番号 (078)751ー7588)
営業時間:
(昼)11:30~14:00 (ラストオーダー13:30)
(夜)17:00~22:00 (ラストオーダー21:30)
定休日:水曜日(原則)


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークにはお茶を一服・・

2017年05月07日 | 肴菜屋「わたり」
年のゴールデンウィークのスタートは4月29日。土曜日でしたので、ちょっぴり損をした感があるかもしれませんね。4月29日は、”天皇誕生日”、”みどりの日”、”昭和の日”と名前はいろいろ変わりましたが、ゴールデンウィークがスタートする嬉しい日であることに変わりはないようです。

毎年この日に加古川の名刹”鶴林寺”で大きなお茶会が催されます。お茶人だけでなく、当日券を購入すればどなたでもお席に入ることができるので、お天気にもよりますが、3~400人ものお客さまで賑わうそうです。
 
このように大勢のお客さまに、一碗のお茶をさしあげる茶会のことを”大寄せ”といいます。数人のお客をフルコースでもてなす”茶事”とは異なり、お薄一服をいかに楽しく差し上げるか・・亭主は知恵をしぼり、いろいろ工夫し、季節感を演出します。

お茶席というと、作法がむずかしそう・・と尻込みをされる方が多いと思いますが、実はさほどむずかしく考える必要はないのだそうです。亭主は客のために心を尽くして美味しい茶を点て、客はそれを感謝して頂戴する・・”茶の心”はただそれだけのことだといいます。

それでも不安な方にひとつアドバイスをするとすれば、正客座(上座)には座らぬこと。そして上座の人の”所作”をよ~く見て真似をし、茶碗や菓子器など茶道具を大事に扱うことさえ心得ておけば良いそうです。

今回は社中の方がお席をもたれたので、”まおちゃん”も水屋で忙しく立ち働いておりました。この度の”心尽くし”は、茶箱の花点前で美味しい薄茶、菓子は花見団子と金平糖・・そして、野点にみたてた庭園の美しさだったとか。
色鮮やかな新緑の中に、ちらほらとサツキの紅が見え隠れする、季節の色が何よりの”ごちそう”だったそうです。

当店でも、タケノコ、ホタルイカ・・春の食材が色鮮やかでございま~す。

【お知らせ】
5のお休みは、水曜日と18日(木です。

【 お昼の御膳(要予約で~す!)】
☆ 「肴菜御膳」(2200円)、「雪月花御膳」(2650円)、「わたり御膳」(3200円)
なお、お昼のお膳三種は手作りの食材の為、仕込みのお日にちを頂戴しておりまして、3日前までの予約(当日を入れず3日前)をお願いしております。なお、予約キャンセル、人数の変更につきましては2日前までとさせて頂きますので、ご了承のほどよろしくお願いたします。

☆団体様(18名様まで)のご予約も歓迎!ご予算ご希望に応じますのでご用命ださい。

肴菜屋「わたり」
神戸市垂水区坂上2丁目1-25
電話番号 (078)751ー7588)
営業時間:
(昼)11:30~14:00 (ラストオーダー13:30)
(夜)17:00~22:00 (ラストオーダー21:30)
定休日:水曜日(原則)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散る桜、 残る桜も・・・

2017年04月23日 | 肴菜屋「わたり」

4月10日夜11時を過ぎた頃でした。ぼんやりテレビを見ていた“まおちゃん”は、その速報テロップを目にして、思わず「ぎぃぇ~!」と叫び声をあげたそうです。恐れていたことがとうとう現実になってしまった・・「浅田真央選手、現役引退を表明!」。

十数年前、名古屋に凄いジャンプを飛ぶ少女がいる!と、フィギュアスケートファンのあいだで評判になりました。少女は、難度の高いジャンプを軽やかに飛び、銀盤の上を妖精のように舞い、そしてキュートな笑顔をはじけさせた・・少女のはじける笑顔に多くの人が魅了されといいます。“まおちゃん”もその一人でした。

回転半ジャンプ”トリプルアクセル”は、女子にとっては最高難度、そのわりに与えられる点数は多くない、つまり“ハイリスク・ローリターン”な技だといいます。それでも頑なに、果敢に、そして凛としてこのジャンプに挑み続けた姿は、“サムライ”アスリートのそれでした。年月を経て手に入れたしなやかな動きは、美しく、優雅で、品があり、多くの挫折から、それでも立ち上がる姿には胸が震えました。浅田真央というスケーターにはいつもどんな時にも”感動”があった・・

記者会見で「一番印象に残っている演技は?」と聞かれ、しばらく考えてから答えたのは、「やっぱりソチのフリー」でした。この”伝説の4分間”の中継を担当したNHKアナウンサー鳥海氏が述懐していました。「最後のジャンプで、『すべて飛んだ!』と実況し、『これが浅田…真央です』と言いながら自分で声が震えているのがわかりました。その後は胸にこみ上げるものがあって声になりませんでした。スポーツ実況中に涙が出たのは初めてでした。」
新聞のコラムにあった言葉ですが、それが、「金メダルよりも美しいものがあることを教えてくれた・・」瞬間でした。

「散る桜 残る桜も 散る桜」
桜は咲いた瞬間から、やがて散りゆく運命、たとえ一時長らえたところで、それもまた散りゆく命に変わりはない・・良寛さまの句だそうです。
でも・・その刹那、できうる限りの力で美しく咲いた桜の姿は心に残ります。スケーター浅田真央の数々の美しい演技は”永久保存版”ファイルに記録された”記憶”ですから。

【お知らせ】
5のお休みは、水曜日と18日(木です。

【 お昼の御膳(要予約で~す!)】

☆ 「肴菜御膳」(2200円)、「雪月花御膳」(2650円)、「わたり御膳」(3200円)
なお、お昼のお膳三種は手作りの食材の為、仕込みのお日にちを頂戴しておりまして、3日前までの予約(当日を入れず3日前)をお願いしております。なお、予約キャンセル、人数の変更につきましては2日前までとさせて頂きますので、ご了承のほどよろしくお願いたします。

☆団体様(18名様まで)のご予約も歓迎!ご予算ご希望に応じますのでご用命ださい。

肴菜屋「わたり」
神戸市垂水区坂上2丁目1-25
電話番号 (078)751ー7588)
営業時間:
(昼)11:30~14:00 (ラストオーダー13:30)
(夜)17:00~22:00 (ラストオーダー21:30)
定休日:水曜日(原則)





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春爛漫、今咲き誇る”はにゅうくん”・・

2017年04月09日 | 肴菜屋「わたり」

年のことですが、”冬”は、なかなかすんなりと”春”にバトンタッチしてくれませんね。今年も開花宣言後の”寒の戻り”が厳しくて、満開までかなり日数がかかったようです。そして、ここ2,3日で急に関西にも訪れました・・桜花爛漫の春!

しかしながら、せっかく待ちわびたお花見時ですのに、お天気がすっきりしないのが残念ですね。言葉はとても美しいのですが、”花曇り”や”花散らしの雨”が恨めしい。

桜は何といっても”ブルー”によく映えます。雲一つない青空を背景にした桜、川面にせり出す桜。”まおちゃん”は、六甲の友人に車で連れていってもらった摩耶の”桜トンネル”を思い出すと言います。瀬戸内の煌めく青い海を遠景にした“桜トンネル”の下り坂・・まるで一枚の絵のような美しい構図に思わず歓声があがったそうです。

桜トンネルの近くにある結弦葉神社は、今や“ユヅリスト”の聖地。はい、熱烈なる羽生結弦選手ファンのおばちゃま達、世界のどこまでも日の丸を掲げて応援に行く彼女たちの多くが、きっとこの神社を訪れたに違いありません。

先日世界選手権が行われたヘルシンキでも、ホームかと思うくらい沢山の日の丸が揺れてましたね。そして・・あの奇跡の大逆転、神々しいまでの完璧な演技を見せてくれた羽生結弦選手!ますます”ユズリスト”が拡散、増殖中らしい、それも世界中に!

いつも試合後に冷静な感想をメールしてくれるスケ友チカちゃんも今回は珍しく興奮気味でした・・
「凄かったねえ~。久しぶりに背中がゾクゾクしました。演技後の“どや!”って顔も、もうしょうがない、許す!」あのとき、”伝説の4分半!”と叫んだアナウンサーの声も上ずっていたようです。まおちゃんも言います。「リンクにすっと立っただけでもうすでに”加点”やわ~」・・リンクに咲く羽生結弦という満開桜花のなんと美しい!

【お知らせ】
4のお休みは、水曜日と20日(木)です。

【 お昼の御膳(要予約で~す!)】
☆ 「肴菜御膳」(2200円)、「雪月花御膳」(2650円)、「わたり御膳」(3200円)
なお、お昼のお膳三種は手作りの食材の為、仕込みのお日にちを頂戴しておりまして、3日前までの予約(当日を入れず3日前)をお願いしております。なお、予約キャンセル、人数の変更につきましては2日前までとさせて頂きますので、ご了承のほどよろしくお願いたします。

☆団体様(18名様まで)のご予約も歓迎!ご予算ご希望に応じますのでご用命ださい。

肴菜屋「わたり」
神戸市垂水区坂上2丁目1-25
電話番号 (078)751ー7588)
営業時間:
(昼)11:30~14:00 (ラストオーダー13:30)
(夜)17:00~22:00 (ラストオーダー21:30)
定休日:水曜日(原則

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふたりの”愛子”さま・・

2017年03月26日 | 肴菜屋「わたり」
太子ご夫妻の長女愛子さまが、先日中学をご卒業されたときの表情は明るく柔らかでしたね。いっとき体調を崩され激やせされていた時のお姿に比べると、少しふっくらされてお元気になられたようでした。

美容院の週刊誌情報によりますと、ダイエットが高じて一時拒食症になられていたとか・・15歳という多感なお年頃、ましてや特別な”お立場”に心ゆれることも色々とおありなのかもしれません。

その週刊誌情報では、愛子さまは大変聡明で、特に国語がお得意、また美しい英語を話される文系女子だそうです。中学卒業記念文集に掲載された愛子さまの作文が先ごろ公表されましたが、これがとても素晴らしいと話題になっているようです。
 
『世界の平和を願って』という題のその文は、修学旅行で広島を訪れた時に受けた衝撃、そして平和への思いを綴っておられます。「”平和”は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくもの (中略)そして、いつか、そう遠くない将来に、核兵器のない世の中が実現し、広島の”平和の灯”の灯が消されることを心から願っている。」15歳でこんなしっかりした文章書ける・・?!例の”まおちゃん”はいたく感動しておりました。
 
その”まおちゃん”がハマっているもう一人の”愛子”さまは、ベストセラー「九十才。何がめでたい」の著者、佐藤愛子女史。昔からファンだったけれど、先日NHKの夜のニュースが取り上げていたので早速入手して読んだ、ゲラゲラ大笑いしながら読んだそうです。

女学生の頃は超美形で、遠藤周作や北杜夫世代のマドンナ、「戦いすんで日が暮れて」で直木賞を受賞した彼女が、すでに九十才を超えられたんだという感慨と、それ以上に、そのオントシでこれだけ書ける!ことに”まおちゃん”はまたもいたく感動したそうです。

あとがきに彼女はこう記しています。「なくなった力をふるい起こすために、しばしば私はヤケクソにならねばなりませんでした。ヤケクソのおかげで、脳細胞の錆はいくらか削れて、なくなりかけていた力が戻って来たと思います。人間は”のんびりしよう”なんて考えてはダメだということが、九十歳を過ぎてよく分かりました。」”まおちゃん”は言います・・含蓄ある言葉がいっぱい詰まった本に再び出会えたこと、それが「めでたい」!

【お知らせ】
3月のお休みは、水曜日と23日(木)です。
なお、
26日(日)はランチタイムのみお休みさせていただきます。

【 お昼の御膳(要予約で~す!)】
☆ 「肴菜御膳」(2200円)、「雪月花御膳」(2650円)、「わたり御膳」(3200円)
なお、お昼のお膳三種は手作りの食材の為、仕込みのお日にちを頂戴しておりまして、3日前までの予約(当日を入れず3日前)をお願いしております。なお、予約キャンセル、人数の変更につきましては2日前までとさせて頂きますので、ご了承のほどよろしくお願いたします。

☆団体様(18名様まで)のご予約も歓迎!ご予算ご希望に応じますのでご用命ださい。

肴菜屋「わたり」
神戸市垂水区坂上2丁目1-25
電話番号 (078)751ー7588)
営業時間:
(昼)11:30~14:00 (ラストオーダー13:30)
(夜)17:00~22:00 (ラストオーダー21:30)
定休日:水曜日(原則

コメント
この記事をはてなブックマークに追加