シルバー・アスリート日記

冬は全日本マスターズ・スキーレーサー、夏はウルトラマラソンランナーのシルバーアスリート日誌

秋田100km大会まで、あと1週間だ。脳からのドーパミン信号を大事にして、パラリンピック選手をみならいたい。

2016-09-19 22:13:03 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

秋田100km大会まで、残り1週間を切った。
もうこの時期は、走りこみはない。

2015年は、68kmの吉田エイドで、時間はもう少しあったが、残りわずか。
81kmの森吉までは行く気力が残っていなかった。
68kmで自発R(リタイアー)した。

このRの原因がようやくわかった。
筋肉痛防止の、ボルタレンを4回も服用した。

そのことで、胃が悪くなり。食欲が全くなくなり、食べ物が摂れなかった。
そのため、空腹による「シャリバテ」になったことに、気づかなかった。
力が全くでなくなり、気力喪失になった。

若いころなら、これでも、跳ね返せた、と思う。

この失敗を乗り越えるため、
佐倉大会フル、柴又大会60km、完走した。

7月には、十和田湖一周50km6時間38分で完走。
2日おいて八甲田山、大岳もトレランした。
その他、奥武蔵、30km2回。

筋肉痛防止剤を服用しなくても、ランできる身体を作った。
合計練習kmも、2015年より100km近く多くした。
練習の都度、スクワット100回、腹筋25回した。

だが、1歳年齢を重ねている。

油断はできない。

高齢(66歳以上)参加者、とくに70歳以上の参加者に
胸を張れるランをしたい。
年齢は80歳6か月だが、五体満足の丈夫な身体がある。

それに、「最高齢チャレンジ賞」まで受賞通知をいただいている。
この賞は、エントリーすれば、誰でも年齢をかさねれば、もらえる。

モチベーションは;
2015年のリベンジ、
最高齢賞に「重み」をつける、
急死した、息子に完走をみせる、
・・・・・ことだ。

パラリンピックの、選手たち、とくに視覚障害女子、道下選手の
フルの立派な
戦いに負けない、ランをしたい。

「シルバー」にとって、辛い区間は、
①30kmの坂本の登り:筋肉疲労
②55kmの笑う内付近:先はまだ長いとの重圧
③65km阿仁~76km:応援も少なく、最も暑い、先もまだ長い

この区間は、脳からのドーパミン信号で乗り切る。

大会を楽しみにしている。あなたの後ろを走っている、と思う。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋田100km大会に、高齢(66歳... | トップ | 2016秋田100km大会、最高齢チ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
応援しています! (マリア)
2016-10-06 21:09:11
『秋田100km大会まで、残り1週間を切った。』とのブログを拝見しました。結果を待っています。
私は70歳半のアスリート。先輩のメールに元気を頂いています。 いつも応援しています!

コメントを投稿

マラソン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。