まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

父入院

2014-03-31 | 事件簿

父が先日から目が回るというので、かかりつけのH医院で紹介状を書いてもらい、2000年に脳の手術をしたときにお世話になったN脳外科の先生にMRIの検査をしてもらい、異常がないことを確認し、少し血管に瘤が認められるが影響はないとの診断。これは、以前からあったものだ。

膝が痛くてS病院へもかかっているので注射をしてもらいに行く。目が回る、頭がぼんやりするというので、運転は難しいので連れて行くと、そのS病院でも、目が回る眠れないと訴える。

結局、行きやすく甘えやすいS病院へ自分でさっさと入院してしまいびっくり。

「先生は2か月くらいいたら、少し落ち着くやろうと言われた」と、本人は呑気なことを言っているが、気が気でならない。いつもの、機関銃のようなしゃべりではなく、すっかりぼんやりした年寄りとなった。

気になってH医院で先生に聞くと、「寒暖の差が激しいと三半規管に異常が出てめまいがすると思います。市民病院は重病でなくては入れてもらえないし、お父さんはわがままのきくところが居心地がいいんだと思いますよ。暖かくなると落ち着くと思います。」とのこと。

入院中に市役所の心待ちセンターの方にきてもらい介護認定の申請をしたが、「元気で車を運転されるようになったら認定は下りないかもしれませんから、今の状態ならとれるかも知れませんね。」と、言われた。父は認定されたらあちこちに手すりがほしいと訴えていた。おまけにどのような仕事をしていたかと聞かれたら、今の住所に移り住んだことから生い立ちまで話し始めたので「目が回るのにつらいやろ、聞かれたことだけ答えればいいよ」と、促すと「ありがとうございます」と、市の方から礼を言われた。彼女も困っていたのだ。

今日は風呂も入れてもらえたらしく、気分も良さそうだった。しばらく様子を見るしかないのかもしれない。桜も開きだしたので、何とか快方に向かいますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交流分析士2級 合格

2014-03-31 | 暮らし

3月に受けた試験に合格した。2級というのは、どんな資格でもさわりの部分なので、たいがいは合格するとはいえ、勉強しなければ受かるはずがない。弓道の学科試験も最近は受けていないので、忘れっぽい自分が怖い。

面接では、小百合と間違えられないかと心配したが、サインを求められることもなく、普通に終わった。

ちなみに、某会社のカウンセラーをしていた人は受験していなかった。もしかして、より深い知識があったのかもしれない。交流分析は、心理学ではないという人もいる。

それでも、人と人が交流し生きている。それが、励みになるかけんかになるか。例えば、会社で上司と部下とのやりとり。部下だった自分は、しょうもない上司に合うと、上司は選べないし・・と思ったことだ。上司も当然やりにくい部下だと思ったことだろう。小百合なのだから。

そこで、過去と他人は変えられない、自分が変わるということが大切であると学ぶ。決して他人の性格を分析し、良い方向へ向かわせるというようなおこがましいことはしない。

では、どうするか。まず、自分を知ること。そのツールを学ぶ。人は3歳までに親からの影響を大きく受ける。厳しい親の子供は反抗的になるか、従順な子供となるか。そこで作られる人生脚本を大人になっても引きずる。などなど、単純ではないいろいろの場面にどう対応するか。

それをもう少し深く学ぶためにはとりあえず2級は必要なんだって。弓道をやっていた○本さんが先生なので、最後の授業の後に食事をしたときに、分析の話から武道の話になり、いつのまにか離れの方向や、肘の持っていきかたなどをふたりで熱く語っていた。これって・・

周りから見ると、理知的な桜井さんと吉永小百合が、ぼそぼそ話しているうちに急に立ち上がって、会の形をとるという異様な光景を見ることとなる。何はともあれ消費税増税前に登録料を納めなければ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怒涛の三月

2014-03-30 | 暮らし

3月2日に2時間、A4用紙8枚の試験に臨み、3月9日から三人展があり、搬入はもちろん会期中は殆ど会場に詰めた。また夜は3月16日の加賀の弓道大会のための準備をする。16日は、弓道大会でつぶれ、疲れを癒す間もなく、17日は三人展の後片付け。

朝と夕方の保育園の送迎は意外と時間的拘束があり、会期中に孫がインフルにかかり病院へ連れて行き、ひいばあさんにも助けてもらう。

その、三人展の会期中に、実家の本家の解体のためのごみ分別、三人展の片付けの日に父の具合が悪いと言われ病院へ連れて行く。

会社へ行っていないのに、のんびりとは出来ない。これは、そういう運命なのだ。おまけに、ちょっと時間ができると友達と集うし、自分で忙しくしているところもある。また、子供や親に頼られる年齢なのだ。

やっと、行事ごとが終わったと思ったら、実家の父が具合が悪いと言われ検査に連れて行く。おまけに本家の解体の後始末に行く。どれも無償だ。いかに会社へ行くということはよいことか。とにかく出勤すればお金は入る。

しかし、どれも子に対し親の務め、親に対しては子供の務め、ついでにだんなが最近具合がよくない。癌の治療中だが、こちらも心配。

その間、旅行に行き、27日は孫と恐竜博物館へも行ったので、やはり忙しさを作っている感がある。嬉しかったのは、三人展に来てくれた友人と、懐かしい会社の仲間にご苦労さん会をしてもらったこと。

そうこうしているうちに、3月が終わる。4月は良い月になりますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

打ち上げ 西洋料理

2014-03-24 | 九谷焼

先週、三人展の打ち上げのため先生と生徒2名で、小松の東山にある「西洋料理健」へ行った。

東山は筍がとれるところらしい。竹藪を借景にした個室だった。ランチの客でいっぱいのようだった。三人展が無事終わり、先生の誕生日も兼ねての打ち上げだ。わたしの作品は見習いの身の上なので売らないことにしたが、欲しいと言われた友達には改めて描くこととした。これから先、累積赤字にならないよう考えなくてはならない。

「健」では山本長佐さんの器が使われてる。青色で描かれている器と西洋料理との組み合わせは素晴らしかった。料理も器も互いに引き立てあって、高級感がある。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父よりFAX

2014-03-23 | 暮らし

最近父の具合がよくない。目が回るというので運転もままならないので病院へ連れて行ったが、原因は分からず点滴だけで帰る。過去に脳の血管に瘤が出来て手術したことがあるので、その後遺症かもしれない。

気になりながらも、草津温泉へ旦那と先輩たち夫婦で恒例の旅行に出かけた。昨日戻るとFAXが入っていた。父からだった。

「シイタケ育った 肉厚上物」一言で分かりやすい文面だ。急いで実家へ行く。父の容体も気になるがFAXの文面で調子は悪くはないだろうと思った通り元気だった。明日は病院へ連れて行ってあげるというと喜んでいた。最近は膝が痛いので入浴も難儀している。少しずつ老い方がひどくなってきている。そういうわたしも、最近運動不足だ。弓道の体配で開き足をすると足の付け根が痛い。老いの兆候??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北陸三県弓道大会

2014-03-16 | 弓道

弓道大会での会長の挨拶。加賀の道場の開設は娘の生まれた年で、甲子園では星稜が簑島と延長18回という名試合をした昭和54年。

道場が出来て35年も経ったのだ。

今日の介添えは緊張した。金曜に指摘された点や、草履の履き方、戻るときの第一介添えとの間は、うまくできた。やはり稽古のたまもの。体配と介添えは回を重ねるごとにうまくなるというもの。やはり、ぶっつけ本番は良くない。完璧ではないが、少なくとも金曜のミスや間抜けはないと思う。

試合の合間に、友達が九谷焼を見に行く前に大会中の道場へ寄ってくれた。三人展は今日は行けない事を前もって知らせてあったが、わざわざ顔を見せに来てくれて、ちょーー感激。

嬉しかったせいか、珍しく8射5中できた。久しぶりの試合で記録進行係りでばたばたしていて、弦巻を忘れそうになるは、足袋の上に防寒用の毛糸のカバーをはいたまま出場しようとするは、にぎやかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開設記念大会

2014-03-14 | 弓道

弓道の開設記念大会が日曜にある。九谷焼の三人展は17日までなので、日曜は申し訳ないが休むこととなる。開設記念では矢渡を七段に昇段したK先生がするが、第二介添えをわたしがすることになった。病後の体力不足で、蹲踞に耐えられるか心配で、毎日TVを見ながらこらえているが、やはり心配で、昨日の夜は先生の稽古の合間に時間を合わせた。案の定、矢をかえす時、道場の框のところで蹲踞でふらついた。年のせいにしよう。

今日は、第一介添えのTさんと三人で和服も着て合わせた。第二は入場の時に早からず遅からず射手に常に気を送り、的前では蹲踞で耐えに耐え、戻るときは全体の間を計り、道場に上がるときは第一介添えとの間をとりと、結構しんどく気を使う。今日の稽古では、いきなり草履を履くところでなかなか足が入らず焦ったし、戻りの間は間延びしたしと、反省ばかり。

作品展と大会と、イベント事が重なり、だんなから「なんでもそこそこにやろうとせず、ほどほどにしなさい」と、注意されたので「そこそことは、底辺の底底でどれも底辺だから大丈夫」と、ああ言えばこう言うヤバ妻だ。(素直でないやばい妻のこと)ついでに、高い山は底辺が広くなければ築けないので、わたしは頂上を支える役割ではと思う。

では、ほどほどに成功しますように。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五彩遊悠三人展

2014-03-14 | 九谷焼

3月9日から始まった三人展に、毎日、必ず知り合いや友達が来てくれるので嬉しい。今日はアスリート系の先輩が来てくれて、「見直した・・」と、言ったので、では今までは?と、突っ込んだ。その先輩とは一緒に東京出張した折に、お台場で昭和の街並みのところで「喜一のぬりえ」を買った私のことを覚えていて「ぬりえなんて何で買うんやろと思ったわ。そもそも絵が好きやったってことか・・」と、言われた。そのことを、すっかり忘れていた。自分が忘れていたことを他人が鮮明に覚えているということは怖いことだ。確かに喜一のぬりえは買った覚えがある。あこがれていたのだ。小さいときに欲しかったのだった。でも、これはわたしの娘たちも大好きなものだ。親の影響か。

作品は、娘たちに言わせると、「家でみると大したことがないが、ここに並べるとそれなりに見えるね・・」と、いう。確かに、この庭の美しいところに並べるとそんな気もする。何点か嫁入り先が決まったが、持ち帰ったらしょうもないと思われたりして。

会期中、両親が見に来たいというので送迎し、父は相変わらずわたしの馬の絵に難癖をつけ、先生とkomeさんに愛想をふりまいて、しゃべるだけしゃべって、早々に帰るといい、先日「血管が切れて死ぬかもしれない」と、騒いでいたとは思えない。足元は危ういが口は相変わらずで、「いざという時の予行演習や」と、ひょうひょうとしている。母は「予行演習は何回もされたら周りがかなわんわ」と、あきれていた。おまけに、母はせわしない父のせいで、可愛いkomeさんの猫の置物をじっくりみることが出来ずに残念がっていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人材について

2014-03-14 | 暮らし

あいつは使えない。とか使える。とかいう言葉を聞くと残念な気持ちになる。

人は道具ではないので、間に合うとかいう言葉がよいかと思う。「間」とは、いい言葉だ。その「間」に合えば「間に合う人」で、「間に合わない人」は、電車に乗り遅れて間に合わないというように、次の電車に乗ればいいのだし、間に合わなかった人は、別の「間」に合うかもしれない。

なんだか、何を言おうとしているか収集がつかなくなった。要するに「人材」を、材木の「材」を使うからいかんのだ。「財産」の「財」を使えば、おのずと「間に合う」が出てくるような気がする。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大変、べき乗倍

2014-03-13 | 暮らし

三月に入って、PCの調子が悪くハードを変えたにもかかわらず、写真を縮小する無料ソフトを、無防備にダウンロードしたので、おかしなメッセージが消えずに、やたら有料へ引っ張ろうとしている気がして、弓道のTさんに直してもらいどうにか動くようになった。

全く浅い知恵で、ただほど高いものはないということが分かった。

また、3月8日に九谷焼三人展を設営するにあたり、先生の作品も運んでいたら、雪が降り足元が悪く、割れ物であるため緊張し肩がぱんぱんになった。

昼ごろ、母から電話があり父が寝込んで動けず、手が震えるので脳の血管がどうかなったのではというので、午後の診察時間を待って連れて行った。病院へ着いた時は手の震えが止まっていたらしく、先生に「血管が切れたら震えは簡単に止まりませんよ」とのこと。点滴の間作品展の会場へもう一度顔を出し、すべての作品の無事を確認して再び病院へ行き両親を家へ送る。

その後、実家の本家の家の小屋の解体のために建設会社の人に呼ばれた。消費税が上がる前にと工事を早めに頼んだら、ごみの分別がしてないので、月曜から取り掛かれないと言われた。本家の従妹たちは奈良と大阪にいるので、伯父伯母が亡くなって、家は放置状態。実家の父が管理していたが、高齢のため私が鍵を預かることになってしまった。

3月9日は、友達や会社の仲間が引きも切らず訪れてくれて、会社はKOさんも同じ会社だったので、その輪が大きくなって、予想以上の人に来ていただいて驚いた。ありがたいやら恥ずかしいやら。

少し早めに帰らせてもらって、だんなと娘の三人でごみ分別プロジェクトをはじめ、2時間かけて何とか終わる。

作品展は17日まで。何とか無事に過ごせますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大変大変

2014-03-05 | 暮らし

前から調子の悪かったパソコンを修理に出していたら、ログインIDとか期限が切れていて、このブログに書き込みが出来なくなっていた。

3月1日と2日は交流分析の2級講座があり、2日は2時間ぶっ続けで、A4用紙8枚というボリュームたっぷりの試験だった。何年ぶりに単語帳を作り、肌身離さず持ち歩き、覚えの悪さに嘆きながら勉強し、その間に県弓連の組織改正の渦に巻き込まれていた。

おまけに、3月9日から17日まで、九谷焼の作品展をするため、毎日のように工房へ通っていた。先生とkomeさんと三人で開く。「五彩遊悠三人展」だ。旦那には「無謀だ」と言われたが、誘われたら嫌と言えない私。まだ未熟者だが、枯れ木も山のにぎわい。

悲しいことに、その間走行中にすれ違いざまに新車の窓に飛び石が。初めは1センチほどだったのが、3日ほどでビヨーンと伸びて40センチくらいになった。ガラス交換に10万円かかるので、保険を使ったが等級は下がるのだ。私が事故を起こした訳ではないのに残念。

忙しいのは良いことか・・

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加