まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

境界線確認

2017-09-21 | 山歩き

またまたソーラの工事のために、実家の境界線を確認してほしいと〇〇土石さんより依頼があり、父の代わりに立ち会うことになった。

K設計の方と、実家の隣のTさんと一緒に立ち会う。父が戦前に開拓した時の道で、両隣のSさんとTさん方との共有の名義である。要するに、その道は3人の共有なので勝手にどうにかできないのだ。両隣とはいえどちらも離れていて、それぞれ広い土地がある。そして、ややこしいことに、Sさんはすべての土地をバブルの時に神戸の会社に売ってしまって、その会社は連絡がつかなくなってしまったそうだ。そして残念なことに跡継ぎが亡くなり、その土地の管理者はいない。わたしたちも、高齢である所有者の代理だ。

長靴を履いてきてくださいと言われた。藪に入るためだ。車で近所の住宅の間の道を入って、突き当りのところで降りて向かう。まず一つ目の杭を見つける。泥の中だ。

ここを下りるんですか?どこですか?アマゾンへ行ったことはないけど、アマゾンみたい。沼が見える。

Tさんの後をついていく。大丈夫ですか?と、K設計の方が先に行って声をかけてくれる。山歩きは大好きですが、こんなドロドロは・・とは言えず、「大丈夫です・・」と、弱々しく答える。

笹につかまって下りると、長靴が沼にめり込む。サバイバルだ。山下りだ。前の人の笹がビヨーーンとはね返って顔に泥がはねてきた。

図面を見ながら確認をする。図面に泥はねがつく。

どぶ川みたい。「まむしがでるかもしれません。」この日は暑かったので、まむしが涼みに来るのだそうだ。

あらら、こんな所に埋もれていましたね。一体いくつあるのだろう。応援団長のハチマキみたい。「一発かましたれーよっ!」小学校の運動会での応援団長の声がよみがえる。練習しすぎて声がかすれて、それでも声を張り上げ、一生懸命の姿に感動し、声変わりして、大人になって、いつかこんな風に土地の境を見るために歩くようになるのだ。どんな夢のない物語か。滑って転びそうになる。

K設計さんは、前もって藪を刈って歩きやすくしてくれてあったようだが、泥沼はどうしようもならない。

ようやく明かりが見えて来た。おおっ!!日本の夜明けだ。がんばれ。よく歩いたものだ。登山をしたような感じだ。

綺麗な芝生の中央公園に出て驚いた。私道が芝生の下になっているそうだ。Tさんに「私たちの断りもなく?」と、冗談をいうと、Tさんも「道幅に立て札を立てて、有料にするか。」と。きっと、親たちはそれなりに市と話をつけてのことだろうが、今となっては真偽が分からない。どちらにしても市に貰ってもらうほうが、ややこしくなくていいのだが。この際、ただでいいから市に管理をお願いしたい。

実家の前は、私道という事で除雪してもらえない。もしアスファルトが割れても自分で補修しなくてはならない。一人暮らしの母が、大雪で急病になったら救急車も入れないとなると困るなあ。なので、この私道をどうにかしないと、そのうち孫やひ孫の代になったら、もっと困るぅ・・となるだろう。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祭り | トップ | 5年めの診察 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。