まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

鈴ケ岳

2017-05-16 | 山歩き

鈴ヶ岳1175m。大杉谷川源流の登山口までが山奥という感じがする。駐車場は標高550mなので、富士写ケ岳に登れたら大丈夫だろうと思ったが、「小松で熊が町に出没」のニュースを観て少し怖い気がしてきた。案の定、熊の出る確率が高いとのこと。いきなり登山口に「危険!!」と。拍子木があるので鳴らす。9時40分登り始め。頂上までは2時間の予定。

最近分かったことは、登山口はデパートのように「ようこそ」と、いう感じではないという事。細くて急で暗くて、「大丈夫ですか?」と、いう感じ。

大きな杉の木の生えている源流沿いの登山道を登る。道幅は狭く、カメラを構えたら足元注意。

ところどころに、熊よけの板がぶら下がっている。熊に挨拶をしてくださいとのこと。

幸四郎屋敷跡を過ぎると2本目の沢に出る。昔ここに人が住んでいたのだ。ロープを頼りに足元の狭い橋を渡る。

百閒滝への分岐を通り、10時30分出作り小屋でおやつと紅茶で休憩。中はとてもきれいだ。

勾配の強い杉林で2人の健脚そうな登山者が後ろから追いついてきたので、道を譲り少しその速さに引きずられて歩いたら息が上がった。マイペースで登らなくては足が出なくなる。ロープを頼りに登ったり、尾根を歩いたりと変化有。ブナの木が茂る。森林浴という感じで緑のシャワーを浴びる。

 イワウチワ(トクワカソウ)が、びっしり咲いていた。

 こういうところで疲れがとれる。楽しい。嬉しい。しばし撮影会。

さて、頂上へは時間通りに行けるのか。本日はここまで。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日 | トップ | 鈴ケ岳 頂上 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。