まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

彼岸

2017-09-23 | 暮らし

秋分の日。婆さんが墓参り用の花を用意したので、一緒に墓参りに行った。途中、彼岸花を見た。「曼殊沙華」とも言う。

その後、実家へ行ったら、山の上にも咲いていた。「死人花」「幽霊花」「捨子花」とも言うらしいが、どれも縁起の悪い名前だ。確かに、生け花にしない。

三途の川を越えた向こうに、涅槃がある。極楽浄土は西方の遥か彼方。縁起が悪いのではなく、その彼岸にちなんだ名前がついているという事は、宗教的に意味のある花であるように思う。

実家のコスモスは花盛り。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5年めの診察 | トップ | 天皇杯 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
巾着田公園の彼岸花 (ただの通りすがり)
2017-09-24 12:17:51
先日の天皇・皇后が埼玉県日高市巾着田公園を訪れ彼岸花をご覧になったニュースを見ました。画面で500万本あるという彼岸花を見ましたが本当に見事です。来年は是非行こう!

彼岸花の下には死体が埋まっていると言われ、赤は気味悪ささえ感じることがあります。写真ではなかなかあの赤が出せず、難しい被写体です。赤以外に白も結構見ますが、黄色も見ました。

例年、南加賀の彼岸花はこちらより一週間早く咲きますが(平均気温の違いだと思います)、今年はこちらが先に咲きました。雨の多かった今年の夏の天候のせいですね。
白! (まこ)
2017-09-24 19:49:58
ただの通さん

白や黄色は見たことがありません。
凄い。。
確かに写真と本物では、雰囲気が違いますね。
たくさんあると妖艶というか、不気味とか思います。

それに、毒があってモグラ退治にいいらしいですね。
毒を持っている花は、やはり毒々しい。トリカブトも紫も毒々しい。
リコリス (yamauchi)
2017-09-24 22:32:49
近所の人が家の前に白彼岸花の鉢を置いていました。リコリスと書いてありました。最近その名前で園芸品種として、白や黄、紫を売っているようです。
同じ花 (まこ)
2017-09-25 07:42:14
yamauchiさん

リコリスと聞くと、彼岸花や曼殊沙華とは違う響きで、不吉な感じもなくていいですね。
名前って大切ですね。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。