まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

父と話す

2017-05-13 | 暮らし

病院へ行くと、「カメラがこっちを向いとった。何の撮影やったんやろ。」と、言う。自意識過剰の妄想か?

「この前、富士写ケ岳へ登ったんや。シャクナゲが綺麗やったよ。」と、言うと「富士写ケ岳か、いいんなあ。シャクナゲか・・・」と、話す。いつ登ったのかと訊くと「小学校6年や。また登りたいんなぁ。はは・・」と、笑った。寝たきりの父が「また登りたい。」と、言うのを聞いて何とも言えない気持ちになった。デジカメのシャクナゲを見せると「きれいやなあ。」と、言う。TVも観る気力がなくなったのだが、話は好きなので、しゃべると楽しそうだ。次回はタブレットを持って行って、もっと大きな写真をみせてあげよう。

頂上の深田久弥の方位盤を見て、「Aの親父と同じ顔しとるんな。」と、言うので「ほんとや。どっかで見たことがあると思ったわ。」と、ふたりで笑う。「深田久弥は、山梨の茅ケ岳で亡くなったんや。」と、言う。知ってはいたが「へーー、そうなんや。」と、言うと嬉しそうに、深田久弥の話をし始めた。今まで聞いたことのない久弥ネタだった。

その後、母を実家に送って行って実家の周りを撮った。今度父に持って行こう。 

座敷から見える裏の山。

この道をもう見せられないのだろうか。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山笑う | トップ | 天むす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。