まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

見抜く力

2016-10-18 | 弓道

先日、石川県立武道館で武道指導者講習会で、飯島正大範士と鈴木康弘範士の講習を受けた。

その中で、弓を点検されて3張り道場に入れたので、わたしたちは、その弓のどこが問題なのかみんなで頭を寄せて解明しようとした。関板と弦がくっついて関板が削れていること、上成のカーブが深いかなあとか、中仕掛けが細すぎるとか、やや入木だけれどそれは問題ないと思った。

ところが、どれも違った。弦輪のかけ方だった。見抜けなかったことが残念だ。最近、入木の弓をなんとか大切に保持しながら少しは弓に関して、見抜けるかと思ったのに。これでは、後輩の弓の不備を見抜けない。自分が普通にやっていることは、みんな普通にやっているのだと思っていた。弦輪の向きが反対にかかっていること。独創的な弦輪を作ってあることを指摘された。。

先生は「弓道に於いては独創的なことはしないでください。昔からのことを踏襲してください。」と、穏やかに言われた。

ところで、以前弓具の雑学事典で、「出木弓を入木にする弦の裏技」と、いうところで弓弭を削って調整するということを書いてあり、削るのってどうだろうと思った。しかし、最後に「根本的な解決は出来ないが、・・”大いなる気休め”に、なるだろう。」と、書いてあり、ちょっと笑ってしまった。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弓道時間 | トップ | 胃の精密検査 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。