まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

ダイヤモンド白山

2016-11-11 | 山歩き

医療センターには高級ホテルにも勝るものがあることに気づいた。わたしの病棟は西側なので、加賀温泉駅と観音様がみえる。カウンターだけで区切られたナースセンターが中央にあり、そこを通ると談話室がある。そこには、富士写ヶ岳がすくっとそびえている。

反対側の東病棟の突き当たりには、白山が裾を広げてゆったりと朝日を背負っている。全面ガラス張りなので、裾からくっきり見えるし、4階からの眺めは障害物もなく最高だ。

朝、6時過ぎに廊下を歩いている患者は殆どいないので、オープンなナースセンターを横切っていくのはちょっと気が引けるが、この好機を逃してはもったいない。段々陽が昇るのを待ち構える。三脚がないのが残念だ。もし、ここへ入院する人で山好きの方がいたら、是非三脚を入院グッズに加えることをお勧めしたい。白々と明けてくる空を見て、あっ!と、思い付いて、西側病棟の自分の部屋へ戻ってデジカメを取ってきた。

毎日、待ち構えてもこの秋空、そうそう好機はやってこない。だからこそ素晴らしいのだ。戻ってくるのが若干遅かったかどうか。とりあえず、撮れた。

 

この日の翌日からは天候が崩れた。

 後で気づいたのだが、6階にラウンジがあり自由に休むことができる。ここから屋上に出られるので、ここではガラス越しでない白山が撮れる。但し、誰にでも撮影できるとは限らない。是非とも入院をと勧める訳にもいかない。

この喜びは、つらい入院生活をしたもののみに与えられる特権である。だが、毎日一冊本を読み、パソコンで遊び、上げ膳据え膳で、さして苦しみもない、これでご馳走があって、ワインとチーズがあればホテル住まいのようなものである。

看護師は優しいし、時折くる若いあんちゃん看護師も明るいし、「退院は急ぎますか?」との医者の問いに「いいえ、ゆっくりで」!!だめだめ!。「急ぎますとも。」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不在 | トップ | 頑張れ携帯戦線 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
入院してでも見る価値が (ただの通りすがり)
2016-11-11 21:52:23
見事な白山です。確かに入院してでも見たいような。
これだけ見ると大聖寺から移転した価値ありですね。

この記事だったのですね。以前、見た後に消えたのは。確かに写真付きはすばらしく待った甲斐があります。
満を持す (まこ)
2016-11-12 05:41:58
ただの通さん

デジカメをつなげられず、退院してからすぐアップしました。
お待たせしました。
見てくれてありがとうございます。
滞在費用がかかり、監禁状態となりますので、入院はお勧めしませんが、ラッキーでした。
退院おめでとうございます (ただの通りすがり)
2016-11-12 14:49:09
一時退院かなと思いましたが、無事放免なのですね
元気一杯 (まこ)
2016-11-12 16:43:43
ただの通さん

ありがとうございます。
元気いっぱいです。


コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。