まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

謎解き登山 その2

2017-04-04 | 山歩き

初めての登山での道迷い体験は不可解でもあった。戒めとして、いつまでも思い出し、「いつかきちんと登ろうね。リベンジ鞍掛山」と、言っていたわたし達であった。

あの時は、塔尾新道から登った。塔尾新道は、滝ケ原の駐車場の賑わいと比べると静かである。きっと、滝ケ原を熟知し、少しずつ経験を積んだ後で挑戦するのだと思う。なぜなら、昔からある登山道は、初心者に相応しく、新道と名が付くという事は、いろいろ経験した後に変化に富んだ道を開拓してできたような気がする。

さて、山頂から後山へ向かうには、避難小屋のところから「後山・三童子山」と、いう標識通りに向かう。

さて、問題はここからである。「加賀とのお新道」の標識通りに下ると、当然「とのお新道」に、行くのだと思う。

わたし達は獅子岩で眺望を楽しんだ。あの日もそうだった。下を覗くと足がすくみそうな岩の先端へでる。Iさんがkenのリックをつかんでいてくれたが、わたしは遠慮。

その後、「加賀とのお新道」の道しるべに従って行く。

さて、この標識が新しい。「8年前にはこの標識はありましたか?」と、訊くと「最近つけたんや。迷う人がいて、電話がかかってきたりすることもあった・・。」と、いうことだった。鞍掛山は山頂でも電話は通じる。さらに、矢印があるのを見落としてはいけない。

ここで二股に分かれていて、右の方は木に紐がぶら下がっている。左へいくと塔尾で、右の方が滝ケ原に続くのである。しかし、その前に「加賀とのお新道」の標識を見て下りてきているので、うっかり見落とすと道迷いになる。何で鉄塔の所に出て滝ケ原に下りてしまうのか・・と。

ここから滝ケ原へ行ってしまうとは、これは厄介な非公式の登山道である。

今日は、滝ケ原へ下りるべく右の道をいく。尾根を歩いて鉄塔にとりつき下っていく。最後にひとりだったら下りないだろう急坂を下りる。お兄ちゃんは慎重だが、弟は急な坂を走り出し止まらずにひっくり返っていた。「走らない!!」と、注意したが、つつっと足が出てしまうらしい。

わたし達家族がおとぼけ家族で、いつまでもプチ遭難を恥ずかしいと思っていたが、この謎が解けて改めて山を安易に登ってはいけないのだと思った。

ただ、完全に謎が解けたわけではない。あの時、尾根伝いに歩いた道は、なだらかだったはずだ。鉄塔を横切って見晴らしのよい尾根を歩いていたように思う。今日の道も、ひとりで行ったら同じところへ行けるだろうか。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謎解き登山 | トップ | 入学式 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白山は楽勝! (ただの通りすがり)
2017-04-06 17:28:23
短期間に驚嘆するばかりの発展・進歩
この様子ならば白山は楽勝ですね

山でラーメン ー 羨ましい。やってみたいと思ってできていない一つです。その代わりという訳でもありませんが、高尾山・陣馬山に行くときには帰りのバス停近くにおいしい蕎麦屋さんを見つけました。愛想の良い親父の話を聞きながら香りの高い蕎麦を楽しんでいます。ヨモギとイカリソウ入りだそうです。

二日前高尾山・陣馬山に行ったときには野鳥が良く見られました。今、落葉樹が葉を落としたままなので姿が良く見えます。コゲラも二三度見かけました。電柱のような木の幹を猿のようにスルスルと登っていくのを見てビックリしました。

そろそろ筑波山にカタクリを見に行く時期になりました。
まだまだ (まこ)
2017-04-06 20:01:20
ただの通さん

まだまだ行程3時間ほどしか歩いていませんから、
1日5時間とか、6時間はまだ未知の世界です。
とりあえす、友達の言う「鞍掛山3回」と、いうのは行けましたが、夏の暑さは経験していませんからどうでしょうか。

幸いなことに、登山をする知り合いに恵まれています。
どちらかというと、爺さんが多いですがありがたいです。

だんだん楽しくなってきて、山に登る弓引きが、弓を引く山女になりそうです。
野鳥とか花をよく知りませんから、今から勉強です。
コゲラとは、キツツキのことですか?
キツツキ目キツツキ科 (ただの通りすがり)
2017-04-06 23:30:04
キツツキ目キツツキ科に分類される鳥類の一種。日本にいる小さなキツツキの意。学名の内、種名の「kizuki」は、本種を記録した時の標本の採集地が豊後の杵築(大分県杵築市)だったことからつけられた。(Wikipediaより)杵築には出張で何回か行ったことがありヘエー!。

数年前に近くの老人ホームの前庭の木に止まっているのもみたことがあり、比較的身近なようです。キツツキには色鮮やかなものが多いようですが、コゲラは地味です。
ほおー! (まこ)
2017-04-07 19:59:56
ただの通さん

いつも情報をありがとうございます。
若いせいか、知らないことが多いです。

まだまだ、勉強しなくてはなりませんが、今度は忘れるのも早いですねえ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。