まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

登山靴を作る?

2017-04-20 | 暮らし

登山靴を粘土で作ろうと思い立つ。komeさんに電話をして粘土遊びをさせてもらうことになった。

「ところで、何と言う名の工房にしたん?」「米酵母」と、聞こえた。「えーーっ!酒蔵か?」「米陶房やぞ。」「とうぼうね。ごめんごめん。」と、言いながら遊びに行って、まずkome先生の授業を受ける。まず、作りたいもののスケッチをして、イメージを作ること。

途中まで作って時間がないので翌週に出直すことにした。写真を撮って家で見たら、どうも登山靴というより、スニーカーじゃん。何か違う。

日を改めて再び出かけると、もと会社の先輩Sさんが来ていた。陶房専属大工だ。また、komeさんの研修所の同期の女性が絵付けをしていた。親子ほど歳が違うが同期生である。Sさんがわたしと、N子さんにコーヒーを入れてくれて、陶房主のkomeさんは本職で呼び出しがかかって自宅へ戻った。

細い紐がなかなかできない。潰れる、きしめんみたいになる。

さて、Sさんもコーヒーを飲んで帰ってしまい、残された女性ふたりで黙々と制作にかかった。その後、傍らにある巨大な作品について尋ねた。どうみてもkomeさんの作品ではない。抱えるのも怖いくらい大きい。

山を歩いていたらこういう感じの根っこがあって・・と、説明してくれた。ダイナミックだ。そして、この写真では綺麗に表せないが、緑と青の交じった(九谷焼でいうと青と紺青)色がすごくきれいだった。「こんな綺麗な色出るん?」と、言うと、やはり昔の絵の具だそうだ。先日、金沢で卒業作品の展示があって、そこに出品したのだそうだ。

しばし、何もかも忘れて没頭すること1時間。またまた、父の病院へ。孫の迎えへと休みの日も忙しい。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山菜を採る | トップ | ひとり遊び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。