まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

弓納め

2016-12-31 | 弓道

小屋の整理をしながら、的貼りもしなくてはならないことに気付いた。引いてから的貼りをしようと引き始め、8本引いて3本しか中たらないので、まあいつものような感じだなあと思った。

それにしても、マッチ箱の手の内とか、ライターの手の内とか、どちらも同じことを言われてるのだが、手の内を意識して、残心の弓の傾きがないようにもう一回意識して引いた。

いつも、後半は筋力がどうのこうのと言っていたが、気のせいだ。6本続けて中たっていた。目が悪いのと、畳に中たった音と、的に的中した音が若干分かりにくい時がある。矢を取りに行ったときに、おぉ!今年の終わりにふさわしい中たり。とはいえ、危ない中り。このまま続けると外れそうなのでとっとと的貼りをしよう。

しかし、こういう時、誰も見ていないという寂しさ。「ねー、聞いて、聞いて。」とか、「見て、見て。」とか、騒がしかったわたしは、最近無口だ。言う相手がいないのと、振り回されているばかりで、自分が頑張っている意識がない。このブログを覗いてくださる方々、今年もありがとうございました。

雨に塗れた的は、破れたところが勝手に目つぶしされていてきれいになっていた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神棚 | トップ | 除夜の鐘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

弓道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。