まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

没イチ

2017-06-14 | 暮らし

NHKの番組で、没イチという言葉が出てきた。没イチとは、配偶者を亡くした人のことを言うらしい。

番組では一人になって喪失感から立ち直れない人たちが、互いに励まし合う場を作っている60代の人が取り上げられていた。

「没イチ」という言い方が軽い。夫ロスっていうのもあったっけ。どうして略して言わなくてはならないのだろう。世の中はスピードが重視されていて、早く言わなければ伝わらないのだろうか。芸能人の名前を略すのとはわけが違う。それとも、自虐的に「わたしバツイチ、再婚して今度は没イチ。」なんていう?

女がひとりで生きていくのは大変だし、妻を亡くした夫も喪失感は大きいと思う。小さな子供を抱えて頑張っている人。老夫婦が支え合って生きてきて一人になってしまう不安。その人たちを、ひとくくりに「没イチ」という無神経な言葉。

バツイチもいい言葉ではない。結婚に失敗したことを✖とするのもどうかと思う。それぞれの理由で、辛い選択をしての別れがあったのだと思う。頑張ったけどダメだった人もいる。

何だかそういうくくりにされてしまうと、残された者が幸せになっちゃいかんのかと言いたくなる。みんな嘆き悲しんでいるのを、必死で良い方向へ行くように頑張っているのに。へらへらしていると非難されそうだ。もっと日夜落ち込んで悲しんでいなくてはならないのかと。

やっと、布団をかぶって泣かなくてもよくなってくると、今度は世間が「女は強い。旦那がいなくなると羽根を伸ばして元気だ。」と、言う。いつもは、頭のどこかに閉じ込めて蓋をしているように考えずにいるが、時折、ふっと何かの拍子にその蓋が開いて泣けてくる。それでも、元気で生きていかなくてはならない。残された親もあっちとこっちと気にかけて。

とはいえ、人は楽観的なところがあるから生きていける。そんなに、その言葉に目くじらを立てなくてもと思ったりもした。しかし、目くじらって、目がクジラみたいになるわけね。笑っているみたいだけど。 怒っているんだろうか。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靴が焼けた | トップ | ミシミシと? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宿六 (yamauchi)
2017-06-15 22:10:20
やもめは死語でしょうか。
「やもめ」は屋守女の意で、「寡」「寡婦」などと書き、亭主に死なれて一人家を守る女。 これに対して、男やもめは屋守男、つまり「やまお」という。・・・とのこと。

変なことを言ってくる人は「多少は」心配しているのだが、心配するのがしんどいので変なことを言ってくるのかも。いずれにしても余計なお世話ですね。


余談ながら・・・主人というのは本当に大嫌い。亭主ならまあまあ。ダンナが広く使われるがちと下品な感がある。宿六という言葉はもっとも好きですが死語ですね。

細君も死語だが美しい雰囲気。同じく死語の愚妻は廃れて良かった。

家人を使う人をたまに見るがこれも有る程度死語?

呼び名 (まこ)
2017-06-16 08:00:47
yamauchiさん

改めて、日本語は豊かですね。
呼び名がたくさんあります。
そして、その呼び方で雰囲気が違います。

呼び名は慣れると平気ですが、違う言葉を使おうとすると躊躇するときがありますね。

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。