まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

一献

2017-03-06 | 暮らし

漢字を丁寧に使い分ける人に感心する。先日、バクモン学問で広辞苑をつくることを取材していた。

漢字は、多くの人が間違えると、間違いのほうを採用するのだそうだ。例えば「独壇場(どくだんじょう)」は、もともと「独擅場(どくせんじょう)」だったそうだ。擅(せん)は、手へんである。それが、読み違えて土へんの壇で、独り舞台の意味にひかれて、独壇場(どくだんじょう)となったらしい。

多くの人が間違った方向へ行ったら、それが正しくなってしまうというのも腑に落ちない話だが、文字は気持ちを伝えるためにあるのだから、それが正しいとか間違いというものではなく、自分の気持ちが正しく伝わることのほうが大切だ。殿がくずし字で「新潟」と、書いてあったのを「この新潟の潟の字がおかしい。」と、指摘したら「新潟って読んだんならそれでいいやろ。」と、言っていたことを思い出した。子供たちは、漢字のハライやハネを気にして書いていた。習字では美しさを求められるが、伝達の時はハライもトメもハネもどうでもよくなる。

仕事で、取引先の社長が「是非、ご一献を。。」と、言われた時、ピンとこなかった。「呑みにいこーー。」とかは言うけれど。「イッコン?」サンコンなら知ってるけど・・オスマン・サンコン・・。そっか、呑むことね。と、一瞬反応が遅れた。さて、酒を呑むのは「飲む」ではなくて、「呑む」と、書きたい。

一献となると、生ビールで乾杯という感じではない。燗酒であろう。冷や酒は常温で冷酒ではない。これも難しい。「れいしゅ」と「ひやざけ」は、違う。燗酒はぬるいほうから「日向燗」「人肌燗」「ぬる燗」「上燗」「熱燗」「飛び切り燗」と、言うらしい。

さて、会社も辞めたし、ご一献と言ってくれる人はもういなくなって、女友達とワインなど「のものも」と、なると、もう漢字ではない。なんか軽いなあ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金山 | トップ | 家族 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やまとことばと漢語 (ただの通りすがり)
2017-03-09 16:06:21
「呑む」はやまと言葉で「一献」は漢語(外来語)ですね。井上ひさしが、確か、芝居の脚本を書くときに漢語でなくやまと言葉を使うようにしているということを書いたのを読んだことがあります。漢語とやまと言葉では観客が理解できるのにかかる時間がが違い、漢語の方が長く芝居の流れに観客がついていけなくなることがあるそうです。

同じ番組を見ましたが、私が興味を持ったのは最後の紙の話。初版から第6版でページ数が随分増えたにもかかわらず広辞苑の厚さは同じ。紙の厚みを薄くしているとのくだり。
漢語 (まこ)
2017-03-10 08:20:52
ただの通さん

なるほど、漢語とやまと言葉ですか。

間が出来るのはありだったのですね。
いっこん、にこん、さんこん・・と、違う方に一瞬流れました。

そうそう、紙の厚みやめくりやすさを考えていましたね。

24万語を、3000ページに載せるのだから大変です。
指にくっつく感じ、辞書って好きです。
パソコンを開くより楽しいですが、辞書も買い替えなくては文言が時代と共に変化していくことを改めて思いました。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。