■炎のクリエイター日記

美しいもの・史跡・歴史などの紹介。
料理画像はプロ・自作を問わず鮮明に、
どんな素材も関西仕立てにクリエイトします。

びわ湖と瀬田川の境いめ ~粟津の晴嵐ふきん、八真道(やまと)の鶏塩そば~

2016-11-07 22:10:05 | 史跡・歴史巡り
びわ湖から流れ出る唯一の河川「瀬田川」を溯っていくと、まず新幹線ガード下をくぐっても認可標識には瀬田川高架橋と表記されている。次は唐橋を通過し、国道一号線をくぐっても同様、広々としていても瀬田川がまだまだ続くって事になる。



近所のラーメン屋さん、イケ麺バトルでお馴染みの「八真道(やまと)」の鶏塩そばで昼食。




高架橋では、野生の鳩が「ここはまだ瀬田川だよ」と教えてくれ、最後のガス管・電線設備の橋にも瀬田川共同橋の表示であったが・・・・・。いったい瀬田川からびわ湖に変わる場所は何処にあるんだろう?と、河川にしては幅が広過ぎる対岸を見て困惑気味になった。



粟津付近で雰囲気が一変する松林に出るが、かつては旧東海道を歩けば、びわ湖岸の瀬田辺りから広大なびわ湖が顔を出す。当時は瀬田から膳所へと続く湖岸には、三保の松原のように松がズラリと並び、びわ湖の景観を美しく見せていたという。そんなコバルトブルーのびわ湖を背景に、松の枝葉が比叡颪の強風に暴れるさまを「青嵐」と言った事から、歌川広重が湖岸の松並木を歩く旅人の姿を浮世絵に描いている。







大津のなぎさ公園には「粟津の晴嵐」の石碑があり、近江八景の一つとされている。日本海軍が第二次世界大戦中に開発した水上攻撃機の名にもなっている「晴嵐」は、現在一本目の松の木が、瀬田川とびわ湖との境い目だそうだ。一見眺めても何ら区切りが無いので、色分けした風景写真を貼りおく。左がびわ湖で右が瀬田川という境いめであった。






・・・・・・・・・<切り取り線>・・・・・・・・・

今回は瀬田川とびわ湖の境目近くの、近江八景「粟津の晴嵐」をご紹介したので、ラーメン屋さん「八真道(やまと)の鶏塩そばは、優れたアッサリ味とだけ記しておく。


ここを訪問してくださってありがとうです。
どなたさまでも、お気軽にコメント戴けると嬉しいです。
何とか自力で修理した「CANON IXY」と、「iPad-Air2」での撮影です。
日本ブログ村 こだわり料理部門、写真ブログ部門に参戦しております。
下部をポチ(クリック)して頂くと励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ こだわり料理へ
イイネ
ジャンル:
ラーメン
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 厚揚げチーズ ~とろける美... | トップ | アン肝醤油煮込み ~ちょう... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しそう♪ (SHOMI)
2016-11-07 22:27:51
こんばんは☆
今晩の夕食はお外でラーメンでした♪
ちょっと味が濃かったです(ノ_<)
あっさりの鶏しおそば♪食べてみたいです♪
ポチッとな☆
Unknown (くにちゃん)
2016-11-08 03:48:29
おはようございます。
炎クリさん♪

滋賀県て、どうしても「琵琶湖」のイメージが大きいです。
清らかな水で、穏やかに広がるて感じで。
でも古来道行く人々には、「松嵐」とも「春嵐」とも言って厳しいものもあったんでしょうね。
綺麗に晴れ渡ったこの琵琶湖と瀬田川の境目。水運の豊かさに目を奪われます。

この清清しいイメージ通りの「鶏塩そば」
似合ってますね!!
あっさりと美味しそうです。

もちろんくぅぅぅ連れては、入れません(笑

炎クリさん♪
身体、ほぐれましたか。寒くなりましたし、身も縮まり、つい肩にも力入ってしまいますもんね。
今朝はこの
美味しいスープに、、ほっとしました!!ありがとうございます。

Unknown (しじみ)
2016-11-08 07:48:58
おはようだす

そして美しい風景のお写真

ありがとうだす

鶏そば、上品なお味だすね

ぷっちんだす
Unknown (pico)
2016-11-08 08:58:13
おはようございます。

何度か、この辺りを走ったことがあります。

琵琶湖周辺の十一面観音菩薩めぐりや

京都へ行く途中や比叡山へ行くときなど、

よくかよいました。

今でも綺麗な琵琶湖の水は京にも注がれて
いるんですね。

塩味のそば、あっさり味で好きです。

Unknown (plumeria)
2016-11-08 17:35:29
炎クリさん
こんばんは^^

「青嵐」[晴嵐」、旧東海道の松林が
残っていて、素敵な風景ですね^^

「鶏塩そば」美味しそうですね^^

ポチ
東海道の難所・・・ (炎クリ)
2016-11-08 23:43:22
こんばんは。(*⌒ー⌒*)ゞ

びわ湖が徐々に狭くなって、瀬田川に変化して京都・大阪へ流れて行くんですが、その境いめが何処にあるのか?多分近所の人も知らないだろう。近くなのに、これは不味いと思い、相棒のモンちゃんと瀬田川の始まり探しの散歩に出発した結果、「粟津の晴嵐」付近がそれと探し当てた。


正ちゃん
お忙しいんでしょうか? 食べたくなって行かれたんなら良いんですが、無理したらだめですよ。この時は、何にも考えず、瀬田川のほとりを歩いていると、前々から気になっていたラーメン屋さんに遭遇し・・・。応援(^_-)-☆ありがとうです!

くにちゃん
晴れ渡っていても、嵐のような突風に見舞われることもあるのが、この辺りの特徴なんですよ。青嵐とはよく言ったものです。滋賀県と言えば半分はびわ湖と思われている方も少なくないですが、確か五分の一くらいでしたかね? 鶏塩そば・・・はいっている鶏ささ身がアッサリ感を、更に強めていますよね。疲れが取れなかったんで、鍼灸院を目指して治療してもらいました。いつも(^_-)-☆ありがとうです。

しじみちゃん
瀬田川をドンドンあがって言っただけなんですが、この日は晴れて、水がブルーに写ってますよね。鶏塩そば・・・・毎日でも続けて食べられそうな味でしたよ。応援(^_-)-☆ありがとうです!

picoさん
走っておられた・・・・トレーニングですか?凄いですね。それでなくとも、びわ湖の周囲は綺麗で、空気も良いところですから、ランニングにはピッタリですよ。中華そばにおじさんファンが多いのと同様で、鶏塩そばも「塩バージョン」として人気があるようです。いつも(^_-)-☆ありがとうです。

plumeriaさん
正確には、以前の東海道は少し山手なんで、今のところまで埋め立てられたってことでしょうね。「晴嵐」の松林は、イメージ復活で植樹されたようですが、こうして歴史的な景観を復活させるのも良いことですね。応援(^_-)-☆ありがとうです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。