■炎のクリエイター日記

美しいもの・史跡・歴史などの紹介。
料理画像はプロ・自作を問わず鮮明に、
どんな素材も関西仕立てにクリエイトします。

朝日レガッタ ~びわ湖で手漕ぎボートの競技21種目~

2017-05-05 20:55:24 | 伝統行事
今年も晴天に恵まれたゴールデンウィークに、びわ湖漕艇場を会場とし、ボート競技「朝日レガッタ2017」が開催された。「レガッタ〔イタリア語regata〕とは、原動機のない船を使った、複数の人数によるボート競技と言う定義だが、簡単に言えば手漕ぎボート競技のこと全般を指すようだ。中学生~大学生~一般社会人の幅広い年齢層が21種目で速さを競った。







2006年にコミックを原作として、テレビ朝日系列でドラマ化された「レガッタ」がある。親友の死と同時に夢を失い、戦いから身を引いた大学ボート部員が、幾多の苦労と挫折を乗り越えオリンピックを目指す青春ラブストーリーで、青年の主人公に速水もこみちさん、ヒロインに相武紗季さん。しかし、熱演の甲斐もなくレガッタ競技がメジャーになるまでには至らなかった。



京都大学の応援団が現れた。昔の団長の雰囲気を言うと、5人くらいが押さえに行っても確保出来ないような男が担っていたが、最近の団長はまったくイメージが変わってインテリっぽい。大団旗を持つ親衛隊長は、期待を裏切らない大男であったのは団旗の重量によるものか? しかし、礼儀の正しさは今も昔も一緒で好感が持てる。レガッタ競技も、たとえ女子選手にとって重いボートであても、最後まで自分達で運んだりメンテナンスをするのも素晴らしいルールだと思う。





徳島代表選手の背には、地元の風物詩「阿波踊りのパロディー」。熊本代表選手の背には、震災以後に頻繁に使われだした言葉「がまだせ」は、頑張る・精を出すといった意味だろう。そんな各地選手の背中の言葉だけでも面白いし、同時に販売もされているようだ。目の付けどころがクリエイターで、好き勝手なことを観賞しながら、酎ハイと焼き鳥を楽しみながらレガッタを観戦した。






……………<切り取り線>……………



こんなにたくさんの人達や、相手に乗ってくれるおねえさんや、大型ワンちゃんにストレスを感じたらしく「帰ろうよ!」の視線を時々感じたのと、夜に「くぅくぅ」言って魘されていたのがアカンタレ「モンちゃん」であった。


ここを訪問してくださってありがとうです。
どなたさまでも、お気軽にコメント戴けると嬉しいです。
何とか自力で修理した「CANON IXY」と「CANON Power Shot G7XⅡ」での撮影です。
日本ブログ村 こだわり料理部門、写真ブログ部門に参戦しております。
下部をポチ(クリック)して頂くと励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ こだわり料理へ
イイネ
『B級グルメ』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鍋焼きうどん定食 ~深夜は... | トップ | コンニャクで砂おろし ~言... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (wakame)
2017-05-05 21:42:38
瀬田川で練習していますよね~
大会は見た事がないです。
迫力ありそうですね(*^^*)

お天気もよくて気持ちがよさそうです。

モンちゃん可愛い~♪
Unknown (しじみ)
2017-05-05 21:58:53
こんばんは

明日は久しぶり?の仕事で早く起きなきゃ

なので今夜のうちに応援にきただす

迫力あるだすね~

ほんと昔の応援団ってちょっと怖い感じ

だしたよね💦


モンちゃんストレス感じちゃっただすかね

もう大丈夫だすよね(笑)

ぷっちんだす
Unknown (くにちゃん)
2017-05-06 05:23:26
おはようございます。
炎クリさん♪

晴天の下、このレガッタ大会も盛大に催されたことでしょう。
各県からの代表選手。Tシャツ姿も爽やか、気合も迸り
湖畔で応援する人達の歓声も凄かったんでしょうね。

規律正しく応援する者。それに応えるかのように
一生懸命競技する選手達、時代変われど、やはりいいものです!!
女子も船を持ち上げて、湖畔に入れるんですね。凄い^^
華奢な身体においても。相当の筋力が必要なんでしょうね。
日々のトレーニング、練習の賜物でしょう。

モンちゃん♪アイドル娘。。お疲れさま^^
分かります。もみくちゃ!!手から手と。。抱っこ攻め(笑
モンちゃん。「エガッタね」(偉かったね)。。(笑

炎クリさん♪今朝もありがとうございます。
ここ両日の辛抱ですか??(笑。。どこもかしこも混んでますもんね(笑
一生懸命は美しく…… (炎のクリエイター)
2017-05-06 23:14:04
こんばんは。♪ (*⌒ー⌒*)ゞ

モンちゃんは1日付き合って、凄く疲れたようですね。こんなに家族以外の人間に触られるのは初めてかもしれないですが、一生懸命愛想を振りまいていましたよ。その反動が出たのか、夜にく〜ん、く〜んと魘されていましたよ。


Wakameさん
瀬田川の時は「流す」ってな感じの漕ぎ方ですが、レースの時は早く漕ごうと焦ってむしろチグハグになって進まないとかもある反面、息がピッタリでグングン進む感じ……キャッチGO!ってな掛け声です。

しじみちゃん
応援団は礼儀が正しいですが、昔は「どおくまん」の漫画、花の応援団がありましたから、はき違えた野郎がたくさんいましたよ。お疲れさんと声をかけたら、団長自ら「あぁ〜ス」と返してきましたよ。

くにちゃん
あんまりボートを自分たちで運ぶとこなんざ〜誰も見てないでしょ? それと、思い思いに作ったオリジナルTシャツ……被災した地域は、やはりこう言う「復興しよう!」みたいな雰囲気で、ナイスデザインですよね〜〜これらがクリエイターの目のつけどころですわ。モンちゃん愛想笑いで疲れたようです。


皆さんの応援感謝です。
いつも(^_-)-☆ありがとうです!
Unknown (まさむら)
2017-05-08 06:23:32
おはようございます。

 琵琶湖での「朝日レガッタ」は、京都大学の学生さんは行かざる得ないんでしょうね。
 当然応援団もそうなんでしょうね。
 メジャーでないと言っても、寮歌として歌い継がれてるとか。
 見ている分にはデッドヒートとか楽しいんですが・・・
 やると大変に疲れるとか・・・
 見てるのが一番ですよ。
 で、ちゃんと歩きか公共交通機関で帰ったんでしょうね。
 
競技者は…… (炎のクリエイター)
2017-05-08 17:37:49
まさむらさん
こんちは。(*⌒ー⌒*)ゞ

いえいえ、朝日レガッタと言えば、
まさむらさんのクオリティーで言えば、
甲子園出場なんですよ〜〜
競技自体が大衆受けしてないだけで、
これがレガッタ界のメッカなんですよ。

いつも(^_-)-☆ありがとうです!
こんばんは (brosa)
2017-05-08 20:35:09
レガッタ観戦に行かれたんですね。
天候にも恵まれたようで、良かったですね。

そう、自分の艇は自分で運べないといけないんですよね。
うちの娘が全国中学選手権にシングルスカルで出た時も
大変そうでした。
小柄なのでちゃんと持てるかとか。。

今じゃ。。ぜんぜん違う道に進んじゃいましたけどね。。
Unknown (炎のクリエイター)
2017-05-09 03:22:28
Brosaさん
こんばんは。(*⌒ー⌒*)ゞ

お嬢さんが頑張っておられたんですね? それだったら応援とかも行かれたんでしょう。力はいりますよね〜〜。我が家の娘はペーロンを趣味でやってましたけどね。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。