■炎のクリエイター日記

美しいもの・史跡・歴史などの紹介。
料理画像はプロ・自作を問わず鮮明に、
どんな素材も関西仕立てにクリエイトします。

うなぎの白焼き・・・ ~那覇ぶらり食べある記(15)~

2017-03-15 21:49:02 | 魚介類のお店
蒲焼きと違い、鰻(ウナギ)をそのまま焼いて食べる調理方法が「鰻の白焼き」で、炭火を使って焼くことによって、強火の遠赤外線で仕上げられ、パリッとふっくらの白焼が出来上がる。蒲焼きとの最大の違いは、タレを使用しないので、蒲焼きのようにタレの出来栄えが味を大きく左右することはない反面、鰻本来の旨みを味わうことになる。下の画像は白焼きに肝を添えているが肥後勝さん・・・盛り付けが逆さま?



鰻の白焼きは、天然と養殖の違いや、本来の持ち味がはっきりと出るのが特徴だ。関東には、白焼きを蒸してから、タレを付け本焼きする蒲焼方法もあり、白焼きは焦げ目が付かないように「乾燥させる」といった方が的を射ている。関西は、焼きながら余分な脂を落としていく技術で、どちらが勝るということでもない。下はワイワイ言いながら自家製の白焼き・・・焦がしては駄目だと解っていても焦げてしまう。



今回は養殖モノだが、外はパリッとして内側はふっくらと仕上がっている。これなら生山葵醤油で食すのも良いが、塩でアッサリと戴くのも一興だ。これには久々に「ます酒」で雰囲気づくり。




・・・・・・・・・<切り取り線>・・・・・・・・・




ここを訪問してくださってありがとうです。
どなたさまでも、お気軽にコメント戴けると嬉しいです。
何とか自力で修理した「CANON IXY」と、「iPad-Air2」での撮影です。
日本ブログ村 こだわり料理部門、写真ブログ部門に参戦しております。
下部をポチ(クリック)して頂くと励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ こだわり料理へ
イイネ
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アグー豚テビチのスライス焼... | トップ | 和蕎麦を喰らう・・・そじ坊でラ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くにちゃん)
2017-03-16 06:29:04
おはようございます。
炎クリさん♪

鰻の白焼きも「肥後勝」さんで頂かれたんですね。

左側に添えられたのが肝なんですね。
桜のお皿に「鰻白焼き」。沖縄にて頂いてる感があまりしないです(笑
鰻の身のふっくら、皮のぱりっとした旨み、本来の味わいは
鰻好きの方やお酒にはたまらないんでしょうね。

わぁ~~丸ごと3匹。「鰻」いっていいんですか~~(笑
ワイワイて???。高揚感最高!鰻のぼり~~
炎クリさん♪枡酒で、じっくりと旨みを楽しまれましたね。

今朝もありがとうございます。炎クリさん♪
週末の彼岸に向けて暖かくなるようです。良かった!!
Unknown (しじみ)
2017-03-16 08:12:56
おはようだす

沖縄では、ほんと毎日

こんな美味しいものを食べてたんだすね

すごーーい

精がつくものばかり♪お肌もツヤツヤに

なったのでは?

ぷっちんだす
Unknown (plumeria)
2017-03-16 16:45:31
炎クリさん
こんにちは^^

鰻の白焼き、美味しそうですね^^
鰻、本来の旨味が出て、最高でしょうね^^
鰻の白焼きは、食べたことがないですが
広島県の宮島口に有名な「穴子の白焼き」の
お店があります^^
並んで待って食べます^^
やはり、最高ですよ^^

いつもありがとうです^^

ポチ
体重が増え・・・・ (炎のクリエイター)
2017-03-17 02:38:37
皆さん♪こんばんは。(*⌒ー⌒*)ゞ

くにちゃん
そう言えば、沖縄でまもなく桜が咲くとか言ってましたね?(笑) 桜前線の始まりの土地なんですが、咲くまでに帰ってきました。お皿に桜の模様が・・・今言われて気がつきました。料理人も精無いわ!

しじみちゃん
この鰻は、鹿児島産でしたね・・・もちろん養殖ですが、焼き方が美味しかったですよ。おにぎりの日もありましたけどね。お肌は、太ったことでツヤツヤしています。徐々に戻しつつありますけどね。

Plumeriaさん
白焼きは、濃いタレの味がないので、持ち味が良く判りますよ。そうそう、穴子も白焼きの場合は味がわかるのと一緒ですね。瀬戸内は穴子の宝庫なんで、明石あたりも穴子丼で有名なんですよ。


いつも(^_-)-☆ありがとうです。
応援感謝!

コメントを投稿

魚介類のお店」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。