■炎のクリエイター日記

美しいもの・史跡・歴史などの紹介。
料理画像はプロ・自作を問わず鮮明に、
どんな素材も関西仕立てにクリエイトします。

さと芋の天ぷら ~さと芋の煮っころがしをリメイク~

2016-02-15 00:03:58 | 創作料理
故郷のおふくろの味のひとつに「さと芋の煮っころがし」を思い出すが、このお料理は世間一般で定番なので、どなたでも想い出がありそうだ。しかし、煮っころがしはネットリ系が最大の武器なのに、ヒンヤリ冷えたお芋に更にひと手間加えて「さと芋の天ぷら」にリメイクすることで、より美味しく仕上げてしまう「技」というべきか?「再生」というのが正解か?



出来上がった「さと芋の天ぷら」は、外側はカラッとサックリな噛み応えで、サクサクと食べ進めて舌にお芋が到達すると、ホクホクで鰹出汁の下味がついているので、充分な旨みがそれに拍車をかける。これが、美味しさの三重唱となり最高のおかずとなった。次回はリメイクさと芋ハンバーグかも・・・これらにはビールが最高でしょ・・・・・。



・・・・・・・・・<切り取り線>・・・・・・・・・




ここを訪問してくださってありがとうです。
どなたさまでも、お気軽にコメント戴けると嬉しいです。
何とか自力で修理した「CANON IXY」と、「iPad-Air2」での撮影です。
日本ブログ村 こだわり料理部門、写真ブログ部門に参戦しております。
下部をポチ(クリック)して頂くと励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ こだわり料理へ
イイネ
『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BEGIN25周年 IN びわ湖ホール... | トップ | 「マカロニグラタン」は「赤... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (keronpa)
2016-02-15 07:15:19
おはようございます(^.^)

私の中で里芋の煮っころがしは祖母の味です。
母の実家に遊びに行くと必ずと言っていいほど里芋の煮っころがしが食卓にありました。
里芋の中までしっかり味の染みた茶色の里芋、出来そうで出来ない祖母の味ですね。

それを天ぷらに…そりゃ美味しいでしょ(*^▽^)/★*☆♪
次なる里芋のハンバーグも楽しみにしています(o^-')b !
いつもありがとうございます(^-^)v
完成されたもの・・・ (炎のクリエイター)
2016-02-15 08:02:50
keronpaさん
おはようです。(*⌒ー⌒*)ゞ

お芋の煮っころがしは、少なからず大好きな方の思い出が詰まって、
おばあちゃんだったら、尚更よいイメージでしょうね?
その調理で完成されたものなんですが、それを更に進化させました。

ワシの場合は、最初に油で表面を炒めて煮崩れを防ぐという、
土井先生テクニックを使いますが、それがあとあと吉と出たようで。
いつも(^_-)-☆ありがとうです! コメント感謝です。
Unknown (tomato)
2016-02-15 11:16:26
こんにちは~~


里芋の煮っころがしを天麩羅にリメイクって、凄い発想ですー
とても美味しそう~~

今度、里芋を、煮たら、是非チャレンジしてみたいなって思います(^^)


信長見てこられたのですねー

ポチポチ


いつもありがとうございます。
大好きな武将No1 (炎のクリエイター)
2016-02-15 13:30:38
tomatoさん
こんちは。(*⌒ー⌒*)ゞ

さと芋は少々大きめのものを、油で炒めた上で、
酒・砂糖・鰹出汁の糖分で浸透圧を利用し沁みこませます。
醤油は最後で味を整える程度で、ワシは小さいのが好きなんで、
自動的に大きな「さと芋」が残るんですよ。
それのリメイクってことで考えたのが始まりなんですよ。

信長さんは、tomatoさんちの地元でもあり、我が家も地元の武将ってことで、
気になる人ですからね。(笑)
いつもありがとうです。(^_-)-☆ポチポチ感謝!
Unknown (しじみちゃん)
2016-02-15 14:23:35
こんにちは

絶対美味しいと思うだす♪

さといもの煮っ転がしは、いつもペロリと

食べてしまうので、これは作ったことないだすが

こんど里芋、おおめに作って、これを

作ってみたいだす

かりかりのトロトロ~たべてみたいだす

ぷっちんだす
里芋のてんぷら (みごり)
2016-02-15 16:08:11
ほくほくして美味しいでしょうね。甘塩で食べると

ビールのおつまみにぴったりです。

外は強風と小雪がちらついていますが

相変わらずジャックはベランダを走り廻っています。

元気がなによりです。!(^^)!。ポチしました。
里芋 (英さん。)
2016-02-15 22:17:49
こんばんは。

里芋と言えば、山形はあれ!
そう、御存じ「芋煮会」なのです。

しかし、これはおいしそうですねー。
おばあちゃんの煮っ転がし。
そして天ぷら。
さすがクリエイター。

やはりビール。
いやいや、吟醸系も味をお互いに引き立て合いそうですね。

大応援団派遣\(^o^)/
基本的に小さいのから・・・・・ (炎のクリエイター)
2016-02-16 08:34:42
しじみちゃん
おはようです。(*⌒ー⌒*)ゞ

きのうは、飲みすぎました・・・・・頭いたぁ~い!
お芋さんは、基本的に小さいのからやっつけますので、
デカイのが残ってどうしよう・・・・・みたいな経緯なんですよ。
しかし、これはヒットで美味しかったです。
いつも(^_-)-☆ありがとうです! 応援感謝です。


みどりさん
おはようです。(*⌒ー⌒*)ゞ

そうそう、ビールにメチャあいますよ・・・ウソ!発泡酒でした。
チョット見栄を張ってしまいました。
しかし、冷えたお芋さんの煮っころがしでも十分に食べられますが、
あっためる段階で閃いたんです。
いつも(^_-)-☆ありがとうです! 応援感謝です。


英さん。
おはようです。(*⌒ー⌒*)ゞ

芋煮でもワシは、リメイクやってしまう男ですよ。(笑)
柔らかいので調理は注意ですけどね・・・・・
芋煮会って、肉とサトイモだけだったですか?
豚版で今度やってみようかなぁ~ひとり芋煮会!
いつも(^_-)-☆ありがとうです! 応援ありがとうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL