■炎のクリエイター日記

美しいもの・史跡・歴史などの紹介。
料理画像はプロ・自作を問わず鮮明に、
どんな素材も関西仕立てにクリエイトします。

ます寿し…きときとの味 ~富山は、味の笹義~

2017-03-20 22:05:28 | お弁当屋さん
いろんなタイプがある「ます寿し」は、富山を代表する「お土産物」である。今回は、鱒の腹身を贅沢に厚切りして、レアっぽく脂がのったまま昆布締めしたタイプの、味の笹義さんから「とろます寿し」をご紹介する。起源は、遡ること江戸時代の富山藩が、八代将軍 徳川吉宗に献上したところ、将軍が絶賛したという「あゆ寿し」が原型とされている。



富山の方言に「きときと」というのがある。生き生きとした獲れたてなどの新鮮な状態や、今が盛りの最高潮の状態であるという意味だそうだ。鱒の色としては、文字通り薄いサーモンピンクで、極上サーモンの腹身を厚切りにして、昆布締めしたものが乗せてある。



ご飯は富山県産コシヒカリで、弾力・旨み・艶などに拘っている。お米の甘みを活かし、創業より使用の合わせ酢でシャリ部分を形成した上に鱒を乗っけ、笹で包んである。従って、美味しく・持ち運びやすく・日持ちするの三拍子を兼ね備えた保存食なのだ。



作りたてよりも、時間を経て鱒と飯が熟れて完成するお寿しのようだ。数時間置き、コラボする瞬間を戴くのがベストだろう。起源の「あゆ寿し」こそ見掛けなかったが、姉妹商品に「ます寿し」を挟むように「ぶり寿し」や「かに寿し」と共に、「三色寿し」としている豪華な商品もあった。



■味の笹義「ます寿し」
・所在地:富山市小中160
・TEL.076-429-0801


・・・・・・・・・<切り取り線>・・・・・・・・・


ここを訪問してくださってありがとうです。
どなたさまでも、お気軽にコメント戴けると嬉しいです。
何とか自力で修理した「CANON IXY」と、「iPad-Air2」での撮影です。
日本ブログ村 こだわり料理部門、写真ブログ部門に参戦しております。
下部をポチ(クリック)して頂くと励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ こだわり料理へ
イイネ
『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルーツケーキの作り方 ~... | トップ | 近江の新酒 きき酒会に参加 ... »

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きときと (英さん。)
2017-03-20 23:43:26
「ます寿司」
いいですねー。
確かに、いろんなタイプがありますね。
大好き人間なので、コンビニやスーパーで見かけると、買ってしまいます。
しかし、これは本格派。
純米吟醸あたりで、ゆっくりといただきたいですね。

大応援団派遣\(^o^)/
Unknown (くにちゃん)
2017-03-21 05:48:53
おはようございます。
炎クリさん♪

物産展で見かける
「鱒寿司」は樽に笹が敷かれ、艶々したピンク色。豪華な印象があります。
一度頂いたきりですが、酢飯に馴染んだ昆布や鱒の旨み、新鮮なねたの握り寿司にはない美味しさを感じますよね。
お米も美味しいからでしょう。
富山といえば、春の到来を告げる「ほたるいか」の最盛期に入るのでしょうか。鰤も凄く立派ですよね。

「かぶらすし」や「鱒すし」と。。日本海の魚を美味しいお米とともに。熟れさせる。
これも土地に根付いた美味しい産物なんでしょうね。

「美味しく」「持ち運びやすく」「日持ちする」
これて、炎クリさんの「フルーツケーキ」の三拍子!!
じゃありませんか~(笑
鉄則!!ですね(笑

くにちゃん!
今週も「元気」に「美味しく」「がっつり」と。。
頑張ります!!

冷たい雨の一日のようです。炎クリさん♪お風邪引かれませんように。。お気をつけ下さいね。
いつもありがとうございます。今週も宜しくお願いしますね!!
Unknown (しじみ)
2017-03-21 07:29:33
おはようだす

昔、父が出張するとよく買ってきてくれただす

懐かしい味だす 美味しいだすが高いだすよね

年に1度くらい買うだす

わあ、食べたくなってきただす

ぷっちんだす
Unknown (plumeria)
2017-03-21 09:32:08
炎クリさん
おはようございます^^

「ます寿司」、以前北陸に旅行に行った時
食べて、惜しかった記憶がありますが、
こちらではあまり見かけません。
「きときと寿司」と言う名前のお寿司屋さんが
ありましたが、今はないです~
そのお店だと食べられたのでしょうね^^

いつもありがとうございます^^

ポチ
Unknown (wakame)
2017-03-21 09:50:31
久しく食べていない「鱒ずし」美味しそう~
食べたくなりました。
殿様に献上して有名になった美味しいもの多いですね(*^^*)
Unknown (keronpa)
2017-03-21 10:18:54
おはようございます。

駅弁大会が開催されている時には必ず買ってしまう『鱒ずし』
トロますなんてのがあるんですね
お取り寄せしないと食べられないのでしょうが…

いつもありがとうございます
このお店のは良いですね〜〜 (炎のクリエイター)
2017-03-21 17:11:01
皆さん♫こんばんは。(*⌒ー⌒*)ゞ

奈良の柿の葉寿司ってあるんですが、そちらは海からの塩鯖を待って、柿の葉に包んで保存食になったわけですが、期限が鮎寿司なら、山からの贈り物って感じで、まったく逆のパターンですよね。食文化は面白いものです。
応援感謝! いつも(^_-)-☆ありがとうです!


英さん。
確かに! 一人前ずつ包んでいるのも、美味しそうですよね? わしもコンビニで買ったりしますが、レア感がないですから、たまにはこんな感じも昆布締めサーモンを口が欲するのです。

くにちゃん
そうそう、ホタルイカ真っ盛りですからね? この笹の葉で包んだ保存食は、昔の日本人の知恵と、山間部でも丁度良い海からの距離ってことで、研究されているんですよね〜〜これがアメリカ大陸の内陸部だったらアウトですから。(笑)

しじみちゃん
そうそう、大人はそうしてお土産を買って帰るんで、どんなに凄いもの食ってるんだろうって、子供心に考えていましたよ。子供は待つばかり……自分で行くようになればそれなりの苦労はあるわけで。(笑)

Plumeriaさん
きときと寿司……ありますね〜〜富山の地元でも有名だと思いますよ。こちらには、富山の回転寿しがまだありますけど、関西は「大阪あきんど」今のスシローに席巻されていますね。

Wakameさん
昔は、献上の御用達とかが、庶民もってことで持て囃されていたようですね〜。天皇の宮内庁を始め、将軍や、お殿様などと、同じものが食べたいのは人情ですからね。

Keronpaさん
最近ではお取り寄せが当たり間になっていますが、このレアタイプがなかなか無いんですよ。賞味期限が、おのずと早く来ますからね、2日かかる場所は体良くお断りされますよ。
Unknown (ららおとめ)
2017-03-21 19:57:10
私も、柿の葉寿司を思い浮かべました。柿の葉寿司は、もともとは塩鯖でしたが、最近は鮭もありですね。

ます寿司、切り分けるのも、楽しみです。
柿の葉も・・・・・ (炎のクリエイター)
2017-03-21 22:09:15
ららおとめさん
こんばんは。(*⌒ー⌒*)ゞ
笹の葉も、柿の葉も、殺菌作用があるんで、保存食の代表格って言えますよね〜。作りたてを富山で買って、京都くらいで開封すれば、サーモンと酢飯が馴染んで最高かも知れないですね。いつも(^_-)-☆ありがとうです!
Unknown (まさむら)
2017-03-22 05:53:33
おはようございます。

 美味しいですよね。
 東京のときに、会社の富山出身の方がお土産に。
 一切れ頂いたんですが、美味しくてもう一切れ頂いた覚えが。
 お菓子も嬉しいのですが、こういうお寿司も変わってていいなと。
 何より良いのは、光物でないということ。
 嬉しい限りです。^^
名物に・・・・・ (炎のクリエイター)
2017-03-22 17:55:32
まさむらさん
こんちは。(*⌒ー⌒*)ゞ
名物に旨いものなしって言いますが〜
ます寿司は、別物のようですね?
柿の葉寿司も、赤福餅も、六花亭のバターサンドも、
例外もあるわけで・・・・・
いつも(^_-)-☆ありがとうです!
Unknown (まさむら)
2017-03-25 04:31:54
おはようさんです。

 まさしく例外です。
 ですが、名前までは覚えていません。
 「とろます寿司」・・・
 「とろ」というだけでそそられます。
 「とろ」を30年以上前だけに食べたかどうか・・・
 

お寿司に・・・・・ (炎のクリエイター)
2017-03-25 06:36:11
まさむらさん
おはようです。(*⌒ー⌒*)ゞ
トロと言えば、お寿司の盛り合わせに、入っているではありませんか? ます寿司の場合は、腹側の身を使っているんで脂がのっていて「トロます」となったんでしょうけどね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。