■炎のクリエイター日記

美しいもの・史跡・歴史などの紹介。
料理画像はプロ・自作を問わず鮮明に、
どんな素材も関西仕立てにクリエイトします。

アグー豚テビチのスライス焼肉…… ~那覇ぶらり食べある記(14)~

2017-03-14 22:08:06 | 肉料理
沖縄の豚肉文化は、豚を爪の先まで食べ尽くしてしまうイメージが強い。起源を辿れば沖縄人の礼儀と心意気から生まれたことで、中国からの使節団約600人が、琉球王朝時代に2箇月間に渡って滞在した。使節団にご馳走を振舞うための「豚」を、奄美・九州などから仕入れ、宮廷料理として振る舞い、残った豚の頭・脚・ホルモン・皮・骨際などは、琉球国民の下々が食ったので「豚肉まるごと文化」が始まったようだ。





沖縄・八重山地方では、豚の脚をぶつ切りにした「テビチ」という部位がある。とろっとろに煮込んで食べられているのは以前から知っているが、骨や腱も含めて生をスライスにしたものは初めて見た。豚足(つま先部分)や、テビチ(つま先部分も含む肩の手前までの脚部分)が嫌いな方は、見るだけでも気持ち悪い食材だが、コラーゲンたっぷりの骨際のお肉などは、旨みも充分で塩味だけで立派な肴となる。



ついでに各種「牛ホルモン」も注文して、必要な時に必要な分量のみ焼いて、じっくり旨みをかみ締めるように味わうマイペース焼き。ワシの意見は、遥か古の豚肉文化に拘らず、豚と牛と魚のミックス文化を提唱したい。

■我那覇(がなは)焼肉店
・TEL:050-3467-9325
・所在地:沖縄県那覇市久茂地2-11-16(花ビル2F)


・・・・・・・・・<切り取り線>・・・・・・・・・


ここを訪問してくださってありがとうです。
どなたさまでも、お気軽にコメント戴けると嬉しいです。
何とか自力で修理した「CANON IXY」と、「iPad-Air2」での撮影です。
日本ブログ村 こだわり料理部門、写真ブログ部門に参戦しております。
下部をポチ(クリック)して頂くと励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ こだわり料理へ
イイネ
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オコゼのから揚げ… ~那覇ぶ... | トップ | うなぎの白焼き・・・ ~那覇ぶ... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
丸ごと一頭 (ららおとめ)
2017-03-14 22:36:25
本当に、豚さん一匹、捨てるのは、爪の先だけ。
牧志の市場には、お面のように顔も、並んでますものね。
豚さんの耳も、コリコリとクラゲのようで美味です。
テビチ……コラーゲンたっぷり、お肌には良さそうですが、ダメー⤵です。
Unknown (くにちゃん)
2017-03-15 06:15:07
おはようございます。
炎クリさん♪

わっ!!今朝は豚さんに。。どつかれてしまいました(笑
豚脚の輪切りなんですね。この焼き網にのっかってるの。
メニューに書かれてる、部位のほんと多彩な事。
豚1頭。食べつくす事が出来るんですね。
それぞれの旨みや食感なども違うでしょうし。
加えて炎クリさん「牛」さんにも相乗り~~
牛さんと豚さんのWキャストに。ご満悦となりましたね!!

こんな焼肉食べた事ないので、一度味わってみたいな!!

今朝も
ありがとうございます。炎クリさん♪
寒くなる今日。あたたかくして下さいね^^
Unknown (keronpa)
2017-03-15 16:01:38
こんにちは

正に『命』を頂くとはこういうことなのでしょうね。
ここ数日お昼のテレビ『昼めし旅』で沖縄のお宅のご飯を拝見しています。
今日はハリセンボンを食べているのを見ました。
沖縄の人は食材を無駄なく頂く習慣があり勉強になります。
Unknown (plumeria)
2017-03-15 18:13:10
炎クリさん
沖縄の食文化は、豚肉を爪の先まで食べつくす
「豚肉まるごと文化」なのですね~
沖縄県は、豚肉をよく食べるのは、知って
いましたが、豚肉をはじめ食材を大切に
無駄なく食べられるのですね^^

いつもありがとうございます^^

ポチ
Unknown (satoko)
2017-03-15 21:03:05
最初の画像が何だろう~~って直視しちゃいました笑
豚さんもいろんなところが焼かれてる笑

お店のメニューの板見てても初めて聞く名前もありますね。

こういう焼き肉屋さんで食べたいけど沖縄ならではでしょうか。
食べ歩きも楽しいですね。
Unknown (しじみ)
2017-03-15 21:17:40
こんばんは

豚満喫だすね♪

美味しいものは沖縄にあるんだな~って

思っただす

ぷっちんだす
伝えたかったこと・・・ (炎のクリエイター)
2017-03-16 00:53:00
皆さん♪こんばんは。(*⌒ー⌒*)ゞ

本当に伝えたかったことは、沖縄の方達は自分たちを犠牲にしても、中国からのお客様を歓迎した事実と、その心意気を伝えたかったのです。その結果「豚肉まるごと文化」が出来たってことです。


ららおとめさん
牧志の公設市場には、お面のような「チラガー」が並んでいますよね。(笑) チラガー、ミミガー、テビチ・・・珍味の宝庫なんですよ。って、駄目でしたか「残念!」。

くにちゃん
本当に、捨てるとこなく食べつくす・・・これぞ琉球魂ですよ。ですから今回は、ワシの独断で「アグー豚専門店」を予約しました。ワシ以外は、普通のアグー豚の、ロースステーキ・ウインナー・フランクフルトを食べていましたよ。「子供か!」って、突っ込みを入れておきましたけどね。(笑)

Keronpaさん
そうなんですよぉ~。お伝えしたかったことは、沖縄人の食材を無駄にしない習慣は、お客を歓迎するご馳走から始まったってのをね。Keronpaさんのコメントは的を射てます。

Plumeriaさん
豚肉丸ごと文化の過程として、使節を接待するには相当な財力が必要で・・・やっぱり「サトウキビ」で砂糖を作って財を成していたんでしょうね。その頃、本土では絹織物で外貨を稼いでましたけど。

Satokoさん
そうそう、これだけ見れば「何だ!」って思いますよね? しかし、こういうのが案外美味しいんですよ。骨付きカルビの骨の周囲のお肉が美味しいように・・・こちらでは豚肉専門店は京都東九条にある「水月亭さん」ですね。

しじみちゃん
美味しいお店は関西ですよ~。これは、相当探し回って、やっと辿り着いたお店ですから。よく言うには、沖縄は「サーターアンダギー」と「沖縄そば」だけだねぇ~って。


いつも(^_-)-☆ありがとうです。応援感謝!

コメントを投稿

肉料理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。