■炎のクリエイター日記

美しいもの・史跡・歴史などの紹介。
料理画像はプロ・自作を問わず鮮明に、
どんな素材も関西仕立てにクリエイトします。

松茸の土瓶蒸し ~土瓶蒸し二年ねむって初仕事~

2016-10-30 22:29:48 | 旬のもの
以前から「土瓶蒸し」の器はあれど、季節の松茸が無いまま2シーズン見送った末の初仕事は・・・やはり切望した高級な香りには遭遇できなかった。使用をここまで引っぱったのに、丹波産まで贅沢は言わないが、せめて国内産「松茸の土瓶蒸し」であっても良かったはずなのに・・・・じゃ、もっと稼げっ!





出汁の分量を記すが、これは冷蔵庫で数日くらいは保存でき、どんな椀にも使いまわしが出来るんで、多めに作り置くことをお奨めする。例えば蛤のおすましでも、鰹出汁の素の顆粒よりは、順当に美味しいものが出来るのでお試しあれ。猪口におつゆを注いで、すだちを一回づつチョビ絞りで楽しむこと・・・決して土瓶の中にギュワンと全部絞るのは味落ちに繋がるので自重すること。久々の松茸の土瓶蒸しに焦りが出そうになったワシであった。



■松茸の土瓶蒸しの出汁の分量(多め)
・水:1000cc
・昆布:20g
・削り節:40g

■松茸の土瓶蒸しの材料(3人分)
・まつたけ:小1本
・鶏もも肉(胸肉でも可):約100g
・海老:3尾
・かまぼこスライス:3枚
・生麩:3個
・醤油(鶏肉下味用):大匙1弱
・酒:大匙1
・出し汁:360cc
・薄口醤油 大匙1弱
・塩:ひとつまみ(微量)
・酒:大匙1
・三つ葉:少々
・すだち:1個

・・・・・・・・・<切り取り線>・・・・・・・・・



ここを訪問してくださってありがとうです。
どなたさまでも、お気軽にコメント戴けると嬉しいです。
何とか自力で修理した「CANON IXY」と、「iPad-Air2」での撮影です。
日本ブログ村 こだわり料理部門、写真ブログ部門に参戦しております。
下部をポチ(クリック)して頂くと励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ こだわり料理へ
イイネ
『お取り寄せ・産直品』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょうじ麩の辛子酢味噌和え... | トップ | 牡蠣フライには・・・曙ソース!... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
贅沢ですね。。 (ららおとめら)
2016-10-30 22:53:48
猪口に、スダチを絞って……
土瓶蒸し……食べたい-。。

出し汁、つくっておくと便利ですね。。
Unknown (くにちゃん)
2016-10-31 05:30:02
おはようございます。
炎クリさん♪

わぁ~~秋一番の王様!!
「松茸」のご登場となりましたね。
10月ラストを締めくくるに相応しい。
これこそ、王者の風格!!ですよ!!

料亭に出て来る「土瓶蒸し」そのものですよ。
そしてこのお出しに蒸された、松茸の芳醇な香りに酔いしれ、杯を傾ける炎クリさん♪充分に値します。風格あり!!(笑。。です。

ちょっと話していいですか~~(笑
松茸の土瓶蒸して。結納を交わした後で、がちがちになりながらも。この松茸のいいお出しと香りに、、とても気持ちがほころび、ほっとした思い出があるんです。
他のお料理も数々出てたんでしょうが、この「土瓶蒸し」のみ。。鮮明に覚えてるんですよね。
香り、お出し、そしてすだちが「シュッ」と一張羅の着物に飛び散った時。隣の母「まっ」と小さく呟いた事(笑
そんな思い出が、、たった今蘇りました(笑
何十年も前の。。化石のようなお話

この土瓶も素敵です。そうですよ!!炎クリさん♪
いっぱい稼いで(笑。。毎年この土瓶蒸しを恒例にいたしましょう!!応援いっぱ~い、してますよ(笑

今朝もすみません。とっても脱線してしまいました(笑

素晴らしいお料理に。。感動!!です。炎クリさん♪

今週は季節もまた一歩進むようです。あたたかくしてお過ごし下さいね。
今週もどうぞ宜しくお願い致します。
Unknown (keronpa)
2016-10-31 09:53:05
炎クリさん、おはようございます。

松茸の香りを楽しめる土瓶蒸し、いいですねぇ~♪
実家の父も土瓶蒸しが好きでこうした器をいろいろ持っていました。
自分の足で松茸を採ってくると決まって『松茸大会をするから夕飯を食べにこい』ってよく電話をくれました。
だから土瓶蒸し懐かしいです。

だし汁はこの分量でどのくらい加熱するんでしょうか?
もっぱらだしは『ほんだし』なので自分で作ったことないんですよ

新米300キロですが、長男と次女家族の分と時々大阪の娘家族におくる分も含めています。
きっと私達夫婦が食べる分はわずかではないかと思います。

ほうとう、すいとう等々、地域性というよりも私はそうした粉物が何故か好きでこの時期生協のパンフレットにほうとうがあるとついつい買ってしまいます。

単身赴任生活一年が過ぎました。
帰ってくると小言ばかりいわれるのに毎週根気よく帰ってくる主人。
食生活の乱れでしょうか…風がなかなか治りません
ワオ~ (チーママ)
2016-10-31 12:14:30
マツタケだ~
それも土瓶蒸し!
若~い頃に、1度だけ料理屋で食べたことあるけど・・・
炎クリさんウチで味わってるなんて
秋に1度だけ、安いマツタケでご飯に焚きこむだけでせいいっぱい~
いい味だろうな~
Unknown (しじみ)
2016-10-31 21:38:56
こんばんは

しじみもお出汁多めに作って冷蔵庫に

入れてるだす♪

昆布水を前の晩から仕込んでおいて

朝鰹節を合わせるだす


松茸土瓶蒸しは3度くらいしか食べた事

ないだす 松茸はホイル蒸か、ざくざくと

切ってのまつたけごはんが多かっただす

でも、その体験はほとんどが

しじみが20代くらいまでの事だした(笑) 

素敵なお姿だす♪

いつか又食べることがあるかな~♪

ぷっちんだす

ぷっちんだす
Unknown (plumeria)
2016-10-31 23:37:20
炎クリさん
こんばんは^^

松茸土瓶蒸し、最高ですね~
美味しそう^^
家では、作らないですね
松茸ご飯か、松茸を焼いて食べることが多いですね^^

私も、お出しはたくさん作ったら、ペットボトルに
入れて、冷蔵庫に入れてます^^

ポチ
一本しかない場合は・・・・ (炎クリ)
2016-10-31 23:56:11
こんばんは。(*⌒ー⌒*)ゞ

有り余るくらいの本数があれば、松茸も大胆に使えるのでしょうが、一本の松茸・・・・これってどうするの? そんな感じで始まった松茸調理なんで、スライスして三人分は貧乏臭いですね。(笑) 土瓶蒸しのセットも2脚しかないんで、ひとりは吸い物椀ですよぉ~。


ららおとめさん
なかなか大人の料理って感じで味わえましたよ。お出汁は、けっこう足が早いので、毎日のように使い続けるか、一回分単位で冷凍するのも良いですね。いつも(^_-)-☆ありがとうです。

くにちゃん
いえいえ、貧乏で一本しか買えなくても、土瓶蒸しは味のある料理と一目置かれそうで、良いですからね。くにちゃんの場合、結納で松茸の土瓶蒸しって「渋い」お料理ですね? 失礼ですが田舎式の旧家ってとこでしょうか? 和装でしたら、お腹と胸が締め付けられているんで、お膳のお料理って食べ難いこと、この上ないですから、手が伸びそうでも辛坊すると思いますよ。(笑) 寒くなりましたね・・・お互い風邪ひきさんには気をつけましょうね。いつも(^_-)-☆ありがとうです。

keronapaさん
松茸を毎年自分で調達してくる人って、絶対その場所を第三者に教えないですよね。ワシみたいに教える人は、次の年から採れなくなって・・・・複雑! お出汁は、昆布の種類にも寄りますが、沸騰したお湯の火を消し、落ち着いたら昆布の端から漬けて、サラリンとお湯に一瞬潜らせるのが上等の昆布で、粗悪なものや二番出汁(サラリンとお湯に一瞬潜らせた昆布を再利用)の昆布は煮出しますよ。鰹節は、沸いたお湯にバッサァ~と入れて濾すんですよ。最初から濾さずに済むよう袋に入れ、ドボンもあるし様々です。いつも(^_-)-☆ありがとうです。

チーママさん
松茸ご飯なら2~3本必要ですよね・・・それですって! 土瓶蒸しなら1本からですんで、懐的にも自分に優しいですよ。ご飯なら「松茸の味お吸い物」で炊いてみようか?ってな・・・寂しいです。いつも(^_-)-☆ありがとうです。

しじみちゃん
ワシは普段なら、鰹出汁の顆粒で済ますところを、特別な食材を扱う時や、力の入った調理の時だけ、天然の出汁でやるんですが・・・・最近は中道を行くような、天然インスタントもあって便利な世の中になったと思います。そんななか、しじみちゃんもお出汁を作り置きするって聞き、嬉しい心境になりました。ワシの久々過ぎる土瓶蒸し経験は、言ったら吸い物と同じですが、情緒だけはたっぷりあって良いものですね。応援(^_-)-☆ありがとうです!
流石です・・・ (炎クリ)
2016-11-01 01:39:28
plumeriaさん
こんばんは。(*⌒ー⌒*)ゞ

季節柄のハロウィンとは言え、
神楽舞を茶化したら駄目ですね?
ごめんなさいね。

一本こっきりの松茸だったんで
「これしかない」って心境でしたよ。
流石ですよね?きっちりお出汁は保存されているんですね・・・最高です
応援(^_-)-☆ありがとうです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。