写真で綴る気ままな日々・・・・・

家庭菜園をやりながら・・・
祭り・イベント・風物詩・白鳥・野鳥の美しさを四季を通して撮影しています。


明治神宮 御苑の花菖蒲

2017年06月14日 22時02分33秒 | 季節の花 薔薇

明治神宮 御苑は、江戸時代初期以来加藤家、井伊家の下屋敷の庭園で、明治時代に宮内省の所轄となり、
代々木御苑と称され、明治天皇、昭憲皇太后のゆかりの深い名苑です。
菖蒲田は明治天皇が昭憲皇太后の為に植えられた花菖蒲は、現在も大切に守り育てられて、6月には見事な花を咲かせます。
原宿から明治神宮の大きな鳥居を、くぐって・・・・進むと御苑東門から入り下って

南池が見え、池に沿って歩く・・・ハスが咲いています。

菖蒲田へ、そっと覗くと花の手入れの素晴らしい花菖蒲田
御造営当時は、江戸系の48種でしたが、堀切菖蒲園(葛飾区)など東京近郊から江戸系の花が集められて、
現在では約150種1500株だそうです。

菖蒲田から新緑で輝く雑木林へ進むと、パワースポット「清正井」がある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水元公園 葛飾菖蒲まつり  | トップ | 下町情緒豊かな町 柴又 散策... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。