写真で綴る気ままな日々・・・・・

家庭菜園をやりながら・・・
祭り・イベント・風物詩・白鳥・野鳥の美しさを四季を通して撮影しています。


川村記念美術館 散策路の紫陽花と大賀ハスなど

2017年06月22日 22時19分58秒 | 季節の花 春~初夏

川村記念美術館と大賀蓮を見る為にバイク(原付50cc)で見に行ってみました。
国道16号線から51号線入り、坂戸交差点を八街方面から川村記念美術館へ行きました。
川村記念美術館は1990年5月に千葉県佐倉市の郊外に開館された美術館です。
美術館の正門の散策路はいる為に200円の入場料を払って・・・
目の前に拡がる中央の庭、池を囲む芝生は綺麗に刈り込まれ、傾斜やカーブが何とも言えない趣を醸し出し、
美術館に相応しい眺めです。

池には、コブハクチョウ ガンなど・・・

美術館の入口に・・・金属のガラクタを寄せ集めて積み重ねた様なオブジェ・・・
ジプリの映画の「ハウルの動く城」を思わせる

左手の散策路を行くと、道沿いの傾斜地に点々と紫陽花などが咲いていました。

ちょうど満開です。

種類も多く色鮮やかです。

遊歩道の奥の窪地には二つの池があり、一つは大賀ハスが綺麗なピンクの花を付けていました。
大賀蓮は、昭和26年3月千葉・検見川の東大グラウンドの地下から発見され・・・
その後の大賀一郎博士の研究により、約2000年前の蓮の実であると鑑定された蓮の実は、
その後 千葉公園を通して全国各地・世界中に寄贈されているロマンある花です。

まだ 10輪ほど・・・開花したばかりです。

開花してばかりのハス 花も綺麗です。

紫色のポンテデリア

ハンゲショウ

トンボ

シオカラトンボ

ホタルブクロ

川村記念美術館 千葉県佐倉市坂戸631番地
JR総武快速線エアポート成田で「佐倉駅」下車<約60分>南口のDIC川村記念美術館バス停より無料送迎バス<約20分>
(佐倉駅からタクシー利用の場合は約3000円かかります)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎌倉 長谷寺 満開の紫陽花 | トップ | 松戸 本土寺の紫陽花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (sumika)
2017-06-25 22:40:30
こんばんは
私が、川村記念美術館に行った時にはアジサイの花が
咲いていなかったので、
Sugi様のブログでアジサイの花が見れて良かったです。
いつも、美しいブログUPをありがとうございます。
Re;こんばんは (sumika) (すぎ)
2017-06-26 09:51:48
sumikaさま ~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
川村記念美術館の紫陽花 散策路の木陰にあって綺麗でした。花はちょうど見頃でしたよ。
いつも見て頂きコメント有難う御座います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。