写真で綴る気ままな日々・・・・・

家庭菜園をやりながら・・・
祭り・イベント・風物詩・白鳥・野鳥の美しさを四季を通して撮影しています。


金太郎のふるさと 南足柄へ春めき桜と最乗寺へ

2017年03月21日 09時41分53秒 | 散策・日記

我孫子(3月20日 5:40)から常磐線上野東京ラインで、上野で小田原行き小田原駅で下車して
大雄山線に乗り換えて富士フイルム前(8:20)で降りて 歩いて5分で
春めき桜の咲く 狩川沿いの春木径・幸せ道へ

狩川沿いの春めき桜 16日情報では 2~3分咲きでしたが・・・7~8分咲きの見頃に入っていました。
春木径・幸せ道は狩川(大泉河原橋~神崎橋)の両岸に171本の春めき桜(ソメイヨシノよりも早咲きの桜)
右岸が春木径、左岸が幸せ道と呼ばれています。

春めき桜は「南足柄市内の農家などで彼岸の頃に咲いていた 桜の枝から育成し、2000年3月に品種登録された。
比較的新しい桜~寒緋桜と支那実桜(シナミザクラ)の交雑種の一つと され足柄桜と呼ばれたこともある

菜の花と春めき桜

一周してから富士フイルム駅に 大雄山駅に
一の堰ハラネ・ふくざわ公園の春めき桜・大雄山最乗寺(道了尊)と、どちらに
考えました・・・早いバスの大雄山最乗寺(道了尊)へ
 

大雄山駅からバスで 15分大雄山最乗寺(道了尊)の入り口下車して山道から山門などを通って
本堂などを見て
 

大下駄などを
 

大雄山最乗寺(道了尊)から歩いて坂道を下がったり登ったりして歩いて30分で
南足柄郷土資料館の「森のひなまつり」へ 
 

ひなまつりを見てから歩いて (登って下りして) 30分ぐらいで
大雄山最乗寺の仁王門を見学して
 

バスで大雄山駅に戻ってから新松田駅のバスで
足柄高校前で降りて 歩いて15分
一の堰ハラネの春めき桜へ 満開でした。
 

そして橋の上から
 

満開の春めき桜 綺麗です。
 

そして一の堰ハラネから歩いて
畑の桜を見ながら・・・情緒があります。

ふくざわ公園の春めき桜
 

帰りは歩いて30分の
バス停「まました」から大雄山駅 に戻って帰りました。
歩いた歩数は 万歩計 27734歩 でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雄山 最乗寺 奥の院 | トップ | 南足柄 一の堰ハラネの春めき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。