写真で綴る気ままな日々・・・・・

家庭菜園をやりながら・・・
祭り・イベント・風物詩・白鳥・野鳥の美しさを四季を通して撮影しています。


北鎌倉 円覚寺 庭園と紫陽花

2017年06月28日 22時21分04秒 | 鎌倉~横浜

北鎌倉 円覚寺は臨済宗大本山
鎌倉時代後半の弘安5年(1282年)、北条時宗が中国・宋より招いた無学祖元禅師により、円覚寺は開山された。
北鎌倉駅前にどんと構え~新緑が綺麗な総門です。

十王堂(桂昌庵)

円覚寺の三門 風格ある山門です。・・・・門の上部には、伏見上皇の筆によって描かれた、
お寺の名前を示す額が収められているそうです。 神奈川県重要文化財です。

山門周りは紫陽花も多く咲いています。

仏殿 本尊は宝冠如来坐像・昭和39年(1964)に再建された。
天井に前田青邨監修、守屋多々志指毫の『白龍の図』がある。
仏殿内には、梵天像、帝釈天像など、鎌倉時代の貴重な仏像が安置されている。唐様禅宗様式の建物

竹林と紫陽花

方丈 (ほうじょう)
門前に綺麗な紫陽花が咲いています。
門から入ると柏槇ビャクシンの古木が植えられ、鎌倉市の天然記念物に指定。

方丈 (ほうじょう) の裏庭

妙香池(みょうこうち) 創建当初よりある放生池で、江戸時代初期の絵図に基づき、平成12年(2000)、
方丈裏庭園と合致した自然の姿に復元された。向こう岸の露出した岩盤を虎の頭に見立てて、「虎頭岩」です。

秋の紅葉が綺麗な所です。

円覚寺境内の一番奥に位置する黄梅院です。

庭の一番奥には小さなお堂があり、聖観世音菩薩像が安置されている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我孫子 手賀沼親水公園・水... | トップ | バイクで、googleマップを使... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。