黒姫Time

黒姫にログハウスを建て、黒姫山を望みながらのんびりマイペースで活動する暮らしを綴ります。

虚空蔵山

2016-12-20 21:00:16 | 
先日行った太郎山から稜線沿いにある虚空蔵山へ。


戦国時代、虚空蔵山城は埴科と小県の郡境にあることから、
東信濃の徳川・真田勢力と北信濃の上杉勢力双方にとって
戦略上重要な境の為、壮絶な郡境な争奪戦が繰り返された
場所だったとのこと。

登山口は風情のある北国街道沿い。
新幹線の五里ヶ峰トンネル下あたりにあります。


つづら折りに登って行くと座摩(ざますり)神社
養蚕の守護を祈って保食神(うけもちのかみ)が祀られています。
もともとは兎峰にあったといわれていますが、険しい山道のため
参拝に苦しむ為に現在の場所になったといいます。


座摩神社から先は直登気味。鉄塔を潜り、一部平坦地が
あるものの全体的に急な感じ。



途中から見える兎峰、なかなか格好良い岩山


そして沢の方をみれば迫力の大岩。
風化して崩れた岩がごろごろと沢筋を埋めています。


兎峰は西側にトラバース。落ち葉で隠れる岩や根が滑る。



コルに乗り上げて兎峰に寄り道。


兎峰、好展望だけど高度感もなかなか。


コルまで戻ってひと登りすると太郎山山系の稜線。


岩場を登ると山頂。北アルプス、八ヶ岳、富士山など
3000m級は雲に隠れていました。


それでも太郎山、東太郎山、大峰山方面の展望や
千曲川がキラキラと輝いている上田平の風景も良いもの。


山頂付近は山城跡。堀切なども良くわかります。



祠のすぐ下になんじゃもんじゃの木。
「何の木じゃ?」からついた愛称らしい。何の木かは
地域で違っていたりするようだ。マメ科フジキと書いて
あったけれど、葉も落ちているので確認できず。


しばし山頂付近で楽しんだら下山。
一気に下りるルートは結構狭く、急。


ノゾキと呼ばれるらしいコルに出て、大沢コースへ。



枯葉に隠れた浮き石や枝、根、土など滑り易い要素が満載。


途中沢に沿ってがれ場が両面から。


下って行くと大岩に囲まれる沢。


お寺の上の墓地に合流して民家(お寺?)の玄関脇を通って
北国街道に合流。


侮れない里山虚空蔵山。なかなか良かった!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪は順調袴岳 | トップ | ゲレンデオープンしたけど・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。