でんきやオカンの 日記

岡山市の最北西部で、田んぼの中のすぎもとでんきは、24時間電話受付OKです。
おすまいのお悩み解決します。

置かれたところで咲く花に

2017-04-04 | ひとりごと
ちょっとの合間をぬって、

実家の両親の顔を見て、

お墓まいりをしてきました。





実家の玄関には、

母手作りの鯉のぼり。


反対側には、


母手作りの切り絵が飾られていたのです。





お墓まいりは、行きたいと思った時に行っています。


今日は、たまたまオトンと仕事の打ち合わせでお客さん宅に向かっていたので、


「時間あるし、お墓まいりして行こうー!」

って言ったら、返事をしないまま、お墓に向かってました。。。





はぁーーーすっきりする。


お墓の前では、無で手を合わせて、

ありがとうございます。とだけ言うようにしています。


ほんとうの作法は、どうなのかな?って思ったことがないわけじゃーないけど、


お願い事をしたら、ご先祖さまは、困られるだろ〜なーーなんて思っています。


見守ってくれているだけでありがたい。





てなわけで、

実家に3分の滞在でしたことは、

母とインカメしただけ。


行ったらすぐ、

これ!プレゼント!って渡してくれた、

渡辺和子さんの直筆の書と、写真。


何度か、渡辺和子さんについて、

講演会場へ付き人のような事をしたり、


前にも書いたことがあるかなー?

今でも母は、ノートルダムの大学には、講師として仕事に行っています。


学園祭などで、渡辺さんからよく声をかけてもらっていたらしいのです。

私たち姉妹がね。


まったく記憶にないけど。


母からしたら、私たち子どもたちがお世話になったくらいの感謝の気持ちを持っているかもです。



「置かれたところで咲く花に」


はい。


母からのメッセージ、

うけとりました。



わたしは、この地でがんばりますよ♡




お客さまご家族の笑顔が活力になってます。






これからが楽しみになってきました。


今日は、以上です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その言葉がニガテなんです! | トップ | ジャンプするために、足裏で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL