sugger's blog@三宅島

イルカたちから教わったこと。

フィルドワークで鉱石と大昔の木の化石が見つかった!

2017年02月13日 | 自然ガイド キュルル

翌日のフィールドワークで行って来たサタドー岬@三宅島




 

黒い柱状節理と赤い火山弾やスパター(溶岩餅)と青い海と空と白い雲

このコントラストがたまらない












泥流に突き刺さっている火山弾。




赤い地層が芸術的です




玄武岩が地中から噴出したときに一緒に出てきた長石とカンラン石





こちらは長石とカンラン石と日長石(サンストーン)

あっ、三宅島は国立公園なので採取したり採捕したりすることはできませんので、
くれぐれもご注意くださいね






そして、こちらが2500~3000年前の地層に入っていた植物の化石。
炭化していますが、緻密でツバキっぽかったです。

数年前に仲間と一緒に炭焼きをした時の緻密なヤブツバキの断面にとても似ていました。


なんともロマンを感じさせられますね

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 30000万年の地層を顕微鏡で見... | トップ | お天道様とお月様のニアミス♡ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然ガイド キュルル」カテゴリの最新記事