sugger's blog@三宅島

イルカたちから教わったこと。

30000万年の地層を顕微鏡で見てみたらこんなだった。

2017年02月13日 | 自然ガイド キュルル

 そして、お次は地層を顕微鏡で覗いてみた。

三宅島だけではなく様々な場所の地層に含まれている鉱石を観察。




A先生が持ってきて下さった、様々な地層の土を洗って洗って、洗いまくって・・・







上澄みの水が透明になるまで洗いまくって・・・
それを乾燥させて、いざ顕微鏡で観察





鹿児島湾を作った時の約30000年前のAT(姶良丹沢)火山灰や東京パミス、ハワイ島や小笠原の
砂浜の砂を顕微鏡やファーブルで見た。
授業みたいでめちゃくちゃ楽しかった



こちらは東京パミスと呼ばれる地層の様子。
磁石にくっつく磁鉄鉱。
磁石にほんとにくっついてきて、くるくる回すとこんな模様になってました。



こちらは三宅島で採取した30000年前のAT火山灰の様子。
鹿児島から三宅島まで飛んできた火山灰なので、とても細かいガラスでできていました。
だからこそ、これだけ遠くまで飛んで来れたんですよね




そして、また知識を掘り下げてしまったので、復習や新たな勉強が必要です



6日も引き続きフィールドでのレクチャーです

 

つづく・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジオセミナーで実験!! | トップ | フィルドワークで鉱石と大昔... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然ガイド キュルル」カテゴリの最新記事