ぷらりスナフキン~旨いもの探求徒然~


人生の楽しみの1つは美味しい食にて心と身体が満たされる事☆日々の飲食体験を綴ります☆どこへ行くかは…ケ・セラ・セラ~

銀山温泉共同浴場しろがね湯 山形県尾花沢市

2017-04-25 19:59:58 | 旅行・温泉


銀山温泉の一角、日帰り温泉専用の湯



実はこちらの建物は
建築家・隈研吾氏の設計だそうです

銀山温泉共同浴場「しろがね湯」

谷底に14軒の温泉旅館が並ぶ銀山温泉の端所に位置する三角形の敷地に、市民と観光客が共に利用できる、小さな共同浴場をたてた。
外壁は無双格子と呼ばれる、日本の民家に伝わる伝統的なディテールを持つスクリーンで覆われている。無双格子はガラスがない時代に、通風、採光を可能とするディテールとして生み出されたが、このプロジェクトでは、木と乳白のアクリルを用いた無双格子を使うことで、従来の無双格子を超えた、繊細で微妙な光の効果を生み出すことができた。



♡隈研吾建築都市設計事務所より抜粋





確かに無駄にお洒落な感じが

軒先の高級旅館「藤屋」も隈研吾氏の設計だそうです


浴室は三角で間接照明がモダン






泉質
含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)

温度…かなり熱い
源泉が63度
注ぎ口付近は熱湯コマーシャル並なんだと思います一瞬触れましたが

熱っっっ!!(゚∀゚)!!

下手すると火傷する熱さ


※シャワーのお湯もこの熱々温泉水が出てきました

熱い!上がる。熱い!上がる…を何度か繰り返し
ようやく湯船に浸かれるように



慣れると気持ち良い、湯上り爽やかな
気持ち良い温泉でした





こちらが藤屋



いつか泊まってみたいな…




銀山温泉共同浴場しろがね湯
山形県尾花沢市銀山新畑北415-1
0237-28-3933 (銀山観光案内所)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大郷食堂 宮城県多賀城市 | トップ | 潮の音 2 宮城県名取市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行・温泉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL