ぷらりスナフキン~旨いもの探求徒然~


人生の楽しみの1つは美味しい食にて心と身体が満たされる事☆日々の飲食体験を綴ります☆どこへ行くかは…ケ・セラ・セラ~

2018年 新年のご挨拶

2018-01-02 11:07:28 | 日記
新年あけましておめでとうございます

昨年も色々な方々とお店、温泉や行事にぷらりと出会う事ができ、美味しい料理をたくさん頂く事が出来て幸せな年でした


2018年、戌年
今年はより一層素敵な出会いと発見がありますように…

blogを読んでくださっている皆様におかれましても幸多き一年となりますようにお祈り申し上げます

ぷらり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛岡市、牛タン屋が増える。の巻

2017-12-29 12:58:11 | 日記


ちょっと盛岡市内を散策して歩いてみましたが、
「牛タン屋」さんが増えたなという印象。
近年、美味しい牛タン屋さんは とちさんの一本柱であったところに続々新店が

2000年代初頭に起きた「BSE騒動」

諸外国の牛よりBSE(牛海綿状脳症)という疫病が発見され、それが人に摂取されることにより「クロイツフェルト・ヤコブ病」を引き起こすという人体への影響があるという問題により、一時日本への輸入制限がされました。

その時期、私の記憶だと
盛岡市内には、太助や たんたん を始め牛タン屋さんが複数あったように思えていましたが…

「材料が手に入らない為、休業します」から始まり閉店するお店が多数…。

この時、私は初めて「牛タン屋さんのタンは、国産じゃないんだ」とう事実をしり大変驚いたものでした

(仙台名物「牛タン」も、もちろん「仙台牛」などではないという衝撃)
…私は青いリンゴでした🍏

盛岡の牛タン屋さん、戦国時代突入か
食べ歩きが益々楽しみになりました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SENDAI光のページェント 仙台市

2017-12-08 21:03:57 | 日記




杜の都から光の都へ姿を変える仙台の冬の風物詩、「SENDAI光のページェント」が本日スタート

32回目を迎える今年のテーマは、
「みんなで灯す、心の明かり」。
一人ひとりの夢と希望の光が街の至るところで輝きます…




光のシャワー


キラキラに装飾されたベロタクシー

サンタさんが運転手

小さなお子さんが笑顔いっぱいに満天の光を見上げで目をキラキラさせているように見えました

目玉のひとつが…
光のウインク「スターライトウインク」
18:00、19:00、20:00の1日3回

一旦消えて…




スターライト・ウインク



感動の声が湧き上がるのもドキドキしてしまう楽しみのひとつ




ロマンティックなひとときを是非…


実施期間
2017年12月8日(金)~31日(日)24日間
点灯時間
日曜~木曜 17:30~22:00
金曜・土曜 17:30~23:00
12月24日(日)23:00消灯
12月31日(日)24:00消灯
実施区間
定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)
交通規制
定禅寺通国分町交差点(17:20~20:30)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台七夕まつり 2017

2017-08-06 17:11:22 | 日記
仙台七夕は、古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、 今日では日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして全国に名を馳せております。

七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていました。 仙台七夕まつりでは、その季節感に合わせるため、新暦に1ヵ月を足した暦である中暦を用い、現在の8月6日から8日に開催されています。

期間中は、仙台市内中心部および周辺商店街をはじめ、 街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされ、毎年200万人を超える多くの観光客にお越しいただいております。

開催概要

名称
仙台七夕まつり
開催日
2017年8月6日(日)~8月8日(火)
開催時間
[飾り付け時間]
8月6日(日)・8月7日(月)/10:00頃~22:00頃(予定)
8月8日(火)/10:00頃~21:00頃(予定)

[おまつり広場] ※勾当台公園市民広場
8月6日(日)~8月8日(火)/10:00~21:00(予定)
開催場所
仙台市中心部および周辺商店街
※仙台七夕まつり期間中は、七夕飾り掲出エリア周辺並びにおまつり広場をはじめとしたイベント会場周辺での小型無人飛行機(ドローン等)の使用は禁止とさせていただきます。
※5日(土)の仙台七夕花火祭は仙台西公園付近予定
開催内容
[笹飾り]
仙台駅前から中央通り、一番町通りのアーケード街にかけて豪華絢爛な七夕飾りがご覧いただけます。 また周辺部商店街でも昔ながらの素朴な笹飾りがご覧いただけます。

[おまつり広場] ※勾当台公園市民広場
各種ステージイベントや、七夕の歴史を学べる展示、宮城のおいしい食材を集めた出店などを準備し、来場された皆様をおもてなし致します。
七つ飾り作成体験や、短冊記入コーナーなど、七夕ならではのお楽しみがいっぱいです。

星のステージ、七夕伝承館、織姫・彦星ひろば、踊りましょう通り、七夕食堂 etc

すごく人がたくさん集まり活気のある仙台会場近辺

人混み苦手な私にはきつい環境にて早々に退散致しましたが…

三越付近にいらっしゃった交通整備員さんの誘導
時の言葉に感動しました


人が多い&記念撮影している方も多数ので信号機の変わり目に人の流れがわちゃわちゃしていて通行の流れが滞り気味になりがちでしたが、、、

「想い出は残しても、痛い想い出だけは残さないようにーーー」
おじいちゃん整備員さんの鶴の一声がスピーカーから響く

周りの方もその言葉に笑みをもらして、
「いいこというねー

など高評価


笑点だったら、山田くんに座布団10枚お願いしたいところでした



イベント会場内には多数の飲食ブースがあるほか、七夕絵馬などもあり願い事をしている方がたくさん
ぷらりも便乗し絵馬を購入して、先着200名がGETできる限定ストラップを



野中神社でストラップ引き換えになりますが、こちらにもお話上手なマダムがおりました




東北絆まつり同様、県外からもたくさん観光にいらっしゃっているようでした

活気がでるのは本当になにより

伊達政宗公生誕450年記念、仙台市のイベントは目白押しです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北絆まつり2017 仙台市

2017-06-12 22:00:46 | 日記




東日本大震災の犠牲となった多くの方の魂を弔い、東北の復興の狼煙を上げるため、2011年7月に仙台から始まった東北六魂祭は、昨年の青森開催で6市を一巡しました。 互いに手を取り合って助け合い、ともに歩んだ6年という復興の道のりは、東北をひとつにしました。 しかし、東北の復興は道半ば、私たちは更なる復興とその先の未来に向けて前進するために、ここに新たな祭りを開催します。



六魂祭の後継イベントとして打ち出された東北絆まつり





東北絆まつり 2日間で45万2000人来場





東北絆まつりは11日、東北6県の夏祭りのパレードが行われフィナーレを迎えました。
最終日の11日は、
青森のねぶた祭、秋田の竿燈まつり、岩手の盛岡さんさ、山形の花笠踊り、福島のわらじ祭、宮城のすずめ踊りなど東北6県の夏祭りが仙台の街を練り歩きました。
主催者によりますと来場者数は、2日間で、45万2000人にのぼったということです。

本当に人がすごい人数で、ヘリコプターが飛び交い、観光バスが普段見ない数集まるなど…
仙台市内は軽くカオスな状態



一般観覧の場所からはあまり直視出来ない状態

有料の観覧席があったようでしたが…
観覧する方、通行人、イベント関係者、警察の整備する方々がそれぞれ初回にて対応に若干の混乱があったように思われます





来以降の開催は決まっていませんが、実行委員会では、東北六魂祭と同じように東北6県で順番に実施を目指したいとしています。


との事なので、次回開催時にはもう少し簡潔に運営できるようになっていることを期待します


人混み苦手で若干戦意喪失しましたが、お祭りの賑やかな雰囲気はやっぱりモチベーションが上がりますね

実際に被害にあった地域の整備や再建がまだまだな部分があるので…本当の意味の復興を1日も早く迎えられることを祈るばかりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加